« 私とイギリス | トップページ | ゴールデンウィークも過ぎて »

2013年4月29日 (月)

寒がり爺さんの遅い啓蟄

冬服を一たんは仕舞ったもののまた出してみたり、一進一退する気候に翻弄されながらも暦は着実に進んで、今年もまたゴールデンウィークに突入。ここまで来ればいくら何でも、もう寒さとはお別れできるだろう。
それにしてもこの一月半くらい、嫌になるほど不順な天候が続いていた。“春に三日の晴れなし”とかいう俚諺もあるようだが、今年ほどそれを実感したことはない。その所為だけにするわけではないけれども、先月は最少限の外出しかする気になれなかった。

が、この4月からはさすがに、寒がり爺さんの自分もようやく本格的に始動することに...。上旬の示現会展、中旬の広告電通賞選考会、そして下旬のムッシュの狂犬病予防接種など、毎年決まったタイミングで、恒例の外出スケジュールが入ってくるので、それが刺激になっていやでも動き出さざるを得なくなるのだ。
地中で冬籠りしていた虫たちが春の気配に目を覚ますのは昔から3月と決まっているようだが、自分にとっての啓蟄はだいぶ遅れて、そんな4月ということになる。

例年この季節は、万物の勢いが蘇るという自然の摂理なのだろうか、自分も、アッチが痛いのコッチが痒いのとは言いながらも、総じて体調は上向き。疲労感とか倦怠感とかはなくて、積極的に外出できている。
その皮切りが国立新美術館での示現会展だったが、ウィークデーにもかかわらずたいへんな人出。今年は出展数も多く、鑑賞し終えるのにいつもより時間がかかって少々疲れはしたが、相変らず奇を衒わない正攻法の作品ばかりで、爽やかな満足感を味わえた。

例年なら、館外に出ると満開の桜の花びらが肩に散りかかるところなのだが、今年はその時季は過ぎて葉桜になりかけ。多少風もあり、他には目を楽しませるものとて特になかったけれども、久し振りの六本木だったので、東京ミッドタウンまでブラブラと。
時間も昼過ぎになっていたこととて、ランチに軽い(けれども美味しい)サンドイッチとソフトドリンクでも...と思い、良さそうな店を物色したが、残念ながら気に入ったところが見つからず、そんなに空腹ではなかったこともあって、そのまま帰宅した。

後日、広告電通賞選考会で汐留に行ったときにも、同じ結果になってしまった。昨年までは、六本木ではベーグルカフェに、汐留ではサンドイッチバーに、迷わず入っていたのだが、今年はどうもそれすらがヘビーに思えて、食指が動かなかった。
朝食からあまり時間が経っていなかったということもあるのだが、胃の手術後、節食を心がけているうちに基本的に小食になってしまったようだ。真面目な話、どこかに、お子様ランチならぬ“ジイ様ランチ”でも出してくれるところがあると良いのだが...。

食べ物の話はさておき、その汐留の電通ビルで行われた広告電通賞選考会は、今年から、自分がどちらも担当していた「セールスプロモーション」と「ダイレクト」が、「プロモ&ダイレクト」という部門に一本化されることになった。
せっかく5年前から別々の部門として扱われてきたが、企業のマーケティングの目的とそのための手法の多様化で、実際問題として両者の境界が定かではなくなってきたこともあり、この二つが発展的統合を遂げるのは時間の問題だったのかも知れない。

ただ、自分も再々ここで問題提起しているように、歴史的に新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・ポスターそしてインターネットと“メディア別”を基準にしてきたところに、その後プロモ・公共などという“目的別”が加わった形になっていて、整合性の点で違和感のある現在の部門設定の在り方についても、この辺で一考していいのではないかとも思う。
選考基準も、従来は発想の斬新性や表現の独創性が第一とされてきたが、それもさりながら、明確な成果と費用対効果が当然のこととしてもっと重視されて然るべき...とも。

とまれ、この東京地区選考会が終わって、次は来月下旬の最終選考会。それまで、約一月の間、公務はお休みになるので、陽気もよくなる(だろう)ことだし、ムッシュと3人連れで、清里の山荘をオープンしに行って来ることにする。
今年の春で12歳半になるムッシュも、お蔭さまでまずまず元気。人間で言えばもう60代半ばに相当するところまで行っているわけだが、チットもそうは見えない愛くるしさと人懐っこさで、家族とご近所の人々を癒している。

でも、先日、市主催の本年度の狂犬病予防注射を受けた後は心配させられた。注射後の昼寝から起きたら、その前とまったく様子が変わっていて、元気がなくなりやっと歩いているような状態。一体どうしたことかと思ったが、注射の副作用ではないかとピンと来た。
ネットで調べてみたら、やはりそれらしいとわかり、嘔吐や下痢などそれ以上具合が悪くなるようだったら直ちにペットクリニックに連れて行くつもりでいたが、食欲はあり吐きもせず便も正常、いつも通りに就眠したので、その晩は経過を観察することにした。

翌日も、前日同様、可哀そうなくらい動きはノロノロ。いつもならプリプリとお尻を振りながら小走りに歩み、多少の段差はものともせず駈け上り駈け下りてかなりの距離を喜んで散歩するのだが、その日は大儀そうにして、家から出てもすぐに戻りたがる有様。
普段の朝は7時ごろになると大声で吠えて目が覚めたことを知らせ、ケージを開けてやると元気一杯に跳び出してくるのだが、注射後のまる二日というものは8時になってもワンとも言わず、心配してしまった。

ムッシュの背中 いつものムッシュにほぼ戻ったのは三日経ってから。その間、ケージの中でも外でもひたすら眠って、専ら身体を休めているようだった。こんなことは昨年まではまったくなかったが、やはり彼も、老境にさしかっかってきたということなのだろうか?
だんだん老境はお互いさまになってきて、4年後には自分の年齢と彼の換算年齢が一致するが、そのころもいまとさして変わらぬ日常を過ごせていたら幸せだろうと、散歩中に彼の小さな脊中に目を遣りながら、フと思ったりした。

シリアスに痛いとか苦しいとかいう自覚症状は何もないのに、相変らずあの検査この検診と病院通いが減らない自分だが、この4月には久し振りにグッドニュースもあった。頑固だったピロリ菌の除滅(正確には基準値以下へのダウン)に成功したのだ。
昨年秋から治療(抗生物質の服用)を開始したが1回目では失敗、年が明けてから再挑戦した結果で、1年後にまた確認の検査をすることにはなっているけれども、とりあえず、あの大粒の抗生剤の大量集中服用をしなくてもよくなったことにホッとしている。

余談だが、自分たち夫婦は今年の四月で、世帯を持ってから満50年になった。添い遂げるのが当たり前という保守的な結婚観の持ち主で寿命もそこそこ伸びている我々の世代としては、さして珍しいことでもないと思うが、ともあれ、振り返ってある種の感慨はある。
いわゆる“金婚”ということになるわけだろうから、祝いの席でも設ければ良いのかも知れないが、周りに対して当の本人が言い立てるのも催促がましくてナンだし、どこかでひっそりと、けれどもチョッと張り込んで、ランチでもしようかと、家内と話し合っている。

サテ清里だが、いまの時季、高地にある我が山荘の辺りはまだ少し寒いので、今回はとりあえずオープンだけにしてあまり長居をせず、ゆっくりして来るのは辺りがすっかり新緑に彩られる6月初めごろにしようと思う。

けれども今回の、近づくに従って季節が逆戻りして行くような山への道中と、着いてからの現地の様子は、次回に久々の“山荘四季だより”としてお伝えするつもり。

どちら様も、“ハブ・ア・ナイス・ゴールデンウィーク!”

|

« 私とイギリス | トップページ | ゴールデンウィークも過ぎて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒がり爺さんの遅い啓蟄:

« 私とイギリス | トップページ | ゴールデンウィークも過ぎて »