« 足早に過ぎ行く秋 | トップページ | 山荘の水抜き »

2012年11月12日 (月)

何だか11月は忙しい

...と言っても、自分がそう感じるだけで、傍から見ればそうでもないかも知れない。11月に入って早や最初の10日が過ぎたが、この間、大腸内視鏡検査の打ち合わせで病院に行ったり、「日展」を鑑賞したり、早稲田のクラス会に出席したりしてきた。
この後も、その大腸の内視鏡検査があるし、内科で甲状腺機能検査(血液検査)とインフルエンザ予防接種があって、前立腺手術後2年の定期検診も控えている...それぞれ別々の病院で。その間隙を縫って、清里山荘のクロージングにも行かねばならない。

例年のことだが、11月は押し並べて好天で低温の日が続く。ときに秋雨がシトついたり、小春日和になったりすることもあるが...。日展に出かけた日は、朝のうち曇っていて寒かったけれども、日中は汗ばむほどに気温が上がった。
近年はすっかり寒がりになってしまったので、家を出るときコートを羽織って行ったら、美術館内ではもちろん不要で、外に出るころは文字通り無用の長物になってしまい、ただ邪魔なばかりで、予測の甘さを痛感した。

国立新美術館は、四月の「示現会展」以来、半年余ぶりだったが、このごろモノ覚えが悪くなったのか、表参道で千代田線に乗り換えたとき、進行方向最後部の車両に乗るべきところ最前部に乗り、乃木坂でホームの端から端まで歩く破目になってしまった。
ウォーキングになって健康のために結構と思うことにしたが、それはやっぱり痩せ我慢、広い美術館内で何会場もハシゴをし、東京ミッドタウンにも行ってアチコチ歩き回ったので、運動になった気はしたけれども、正直言うとチョッピリくたびれた。

日展そのものはいつも通りの盛会だったが、今年は作品数が多かったのか、洋画・日本画とも1階の第1会場だけでは足りず、それぞれ第2会場が2階に設けられ、見て周るのに時間がかかった。
昨年までのここ2~3年は、訪れたのがいつも病み上がりのときだったこともあって、洋画だけ拝見して日本画や彫刻はパスしていたが、今年は体調も悪くないので、洋画と日本画の両方をジックリと鑑賞、さすがに見応えがあった。

見終ったところで食事を...と思っていたが、ちょうどランチタイムのさなかだったため、館内のレストランはどこも満席で行列ができていた。ので、急ぐことでもないと外へ出て、ブラブラ歩きながらミッドタウン方向へ足を延ばした。
いつも同じところでばかり食べているから、タマには違うところにしようかといろいろな店を物色したが、結局はまたお馴染みのベーグル屋へ。好みの量・味とカジュアルな雰囲気を求めると、どうしてもそうなってしまう。

ところで自分は、ケータイに歩数計がついているので、一応、年齢や歩幅から一日の目標を設定し、気にするともなしに毎日の歩数をチェックしているのだが、この日はかなり歩いたので、いつもよりもだいぶカウントが上がっている予感があった。
設定目標は8000歩ということになっているが、この日の実績は何と約12000歩。ふだんのムッシュとの散歩が中心のときは3000~4000歩、近所の街に出かけたときでも6000~7000歩ぐらいだから、やはり応えたわけだ。

それから1日置いてクラス会。この日も好天・温暖で、絶好の外出日和だった。会場はここのところズーっと早稲田大学構内大隈会館の完之荘だったが、今年はめずらしく丸の内に河岸替え。また表参道で千代田線に乗り換え、二重橋前で下車した。
駅を外に出て直ぐのところにある丸の内MY PLAZA内の旧明治生命館地下「センチュリーコート」というところだったが、現地に着いてみて、この明治生命館を複合して建っている明治安田生命ビルには、数年前に仕事で来たことがあったのを思い出した。

13時に開宴、12時半から受付開始ということだったので、12時15分に到着した自分としてはかなり早いつもりでいたのだが、会場にはもうすでに、幹事を含めて7~8人ほどが顔を見せていた。几帳面というか、年寄りは気が急くのだろうか。
その後も続々と顔ぶれが揃い、何と、定刻より20分も早く開宴の運びとなった。若かったころはむしろ遅れる者が出て時間が後にズレるのが往々だったが、変われば変わるもの。偶然か必然の成り行きか、今年も昨年とまったく同じメンバーで13人。

1年ぶりで顔を合わす面々がほとんどだったので、まずはお互いのいまの無事・息災を確かめ合って、ホッとするが、中にはこの1年の間に入院治療を余儀なくされていた者もいたりして、しばし病気談義で盛り上がる。
この齢になると、身体のどこも何ともないという者は皆無で、皆、何かしらの入院や手術を経験し、あるいは慢性疾患を抱えて通院しているが、まだボケもせずこうやって出て来られるのは幸せと思わなければ...ということで全員の認識が一致。

丸の内の大地主Mグループ企業出身のMの紹介によるセンチュリーコートは、クラブレストランということで本来は会員制らしいが、大・小のダイニングルームやパーティ会場を備え、ランチやディナーを初め会食・結婚披露宴など一般にも開放されているとか。
この日は幹事とMが個室を予約してくれていたおかげで、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと談笑することができ、ローストビーフをメインにしたメニュー(フレンチ)も自分たちの年配には口に合って、全員に大好評だった。

会がお開きになってから、誰が言い出したわけでもないが、全員が東京駅方面に向かう。かつてとは違って、みんなこの辺にはなかなか出て来る機会がなくなってしまったので、本日出て来たついでに、新装成った東京駅丸の内駅舎を見物して行こうというのだ。
あえて表通りを通らず、旧三菱1号館のレプリカとして建造された赤煉瓦造りの美術館の裏手になる「丸の内ブリックスクエア」を通り抜けてみたが、緑陰のカフェテラスのような洒落たスペースで寛いでいる若い人たちを見て、何だか今昔を感じてしまった。

丸の内から日比谷に抜ける中通りに出ると、前後左右どこを見ても高層ビルが林立、歩道は広くなり、道の両側にはインターナショナルな高級ブランドショップが軒を連ねて、かつてとはまるで感じが変わってしまっていた。
駅前広場に出る手前角の中央郵便局も、昔のイメージを忘れるほどすっかり面目を一新して、きれいなビルになっていたが、某元総務相の口出しによって残すことになった旧館の一部が組み込まれた部分は、どう見てもチグハグな印象だった。

チグハグと言えば、予想もしなかった違和感を抱かせられたのは、駅前広場(駐車場?)の最南端、中央郵便局の道を挟んで真ん前に出現した、地下道出口屋根(?)風ないしは排気孔(?)風の無粋な黒色の建造物。
よく見かける新・東京駅の紹介写真には不思議と写っていないのだが、一体あれは何なのだろう?駅周辺の構造物として止むを得ず必要なものであったとしても、もう少し、いや大いに、デザイン上の工夫があって然るべきだったのではないかと思った。

友人たちとは改札口の前で別れたが、自分は全面リニューアルしたというステーションホテルに興味があったので、チョッと立ち寄ってパブリックスペースだけでもと覗いてみて、ついでにトイレットも拝借してきた。
客層はリニューアル前とさほど変わったようにも思えなかったが、改装の仕上がりは予想以上で、これなら国内はもちろん、海外の高級ホテルにもさほど見劣りしない(規模や付帯設備は別として)のではないかという気がした。

...と、好きなことをしに好きなところへ出歩いてどこが忙しいのかと言われそうだが、それでも11月は忙しい。間を置かず、孫娘の七五三もあるし...。

でも、ヒマよりも忙しい方がずっと良い。元気に暮らせている実感があるから...。

|

« 足早に過ぎ行く秋 | トップページ | 山荘の水抜き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何だか11月は忙しい:

« 足早に過ぎ行く秋 | トップページ | 山荘の水抜き »