« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

足早に過ぎ行く秋

まだまだだと思っていたら、いつの間にか秋が深まっていた。ここ横浜でも、染まる葉、散る葉が日に日に増えて行く。前回山荘を訪れたときにはサッパリだったが、聞えて来るところによると清里は、いまが紅黄葉の真っ盛りらしい。
いますぐにでも飛んで行きたいが、いろいろあってそうも行かず、ブログを愛読させていただいている方の清里便りとスナップで偲んでいる。

9月は、長月というその呼称の通りずいぶん長く感じられたが、10月はここまでアッという間で、気がついてみたらもう月末になっていた。前半山荘に行っていたこともあったが、考えてみたら、終始、ピロリ菌に振り回されていた感じ。
前々回、胃ガンの再発防止とその他の消化器系疾患の発生予防のためにピロリ菌の有無を調べ(血液検査し)て、陽性(保菌)だった場合には除菌治療をしなければならなくなるという話をしたが、結局自分の場合、陽性だったことが判明した。

1年以上摂り続けていたヨーグルトLG21の効果が現れなくて残念だったが、ドクターの言によれば、何の役にも立たなかったことはないだろうが、それで消滅するほど簡単なものではないとのこと。言われてみれば、それはそうだろうと納得した。
で、山荘から戻ってから、除菌治療とやらを開始したわけだが、これは病院に通院するとかではなくて、自宅での除菌薬の服用。ただし、主治医の指示通りに正しく、意思強く服み続けなければならない。

未経験の方は、薬を服むだけなら案外簡単じゃあないかとお思いになるかも知れないが、これがかなりの難行苦行。抗生剤2種類を含む3種類のカプセルとタブレット(それもそれぞれがかなり大粒の)を、1回に計6錠、毎日朝晩、7日間続けるのだ。
それぞれの粒が大きい上に数が多いし、ただでも年齢的に嚥下力が弱まってきているから、コップ一杯ぐらいの水で一度や二度ではとても飲み込めず、飲み込んだ後も胸につかえて、気持ちが悪いことおびただしい。

副作用がまた厄介だ。軽重の差はあっても、何も起こらないということはほとんどあり得ないのがこの治療。最も多いのが下痢・軟便で、次に多いのが味覚障害・口内炎、その次が皮疹だそうで、ひどい場合には腹痛・発熱・血便を見ることもあるという。
あまりひどい副作用が出てしまった場合には、内服を中止して直ちに病院に連絡ないし来院するようにいわれていたが、幸い自分の場合にはそれほどのことがなかったので助かった。が、薬を服んでいる間ずっと、口の中が苦くてたまらなかった。

何とかその一週間を乗り切って、味覚も正常に戻り、いまは一先ずホッとしているところだが、除菌できたかどうかの判定は約2ヵ月後の検査によるという。成功率は70%というからうまく行かない場合も当然あるようで、そうなるとまた薬を服まねばならないらしい。
まあ、ジタバタしてもどうにもならないから、じっと2ヵ月経つのを待っているほかないが、根気の要ることだ。

そうこうしている一方で、家内が夕食の用意のため台所で仕事中に転倒し、頭部と腰を強打するという事故があった。知らぬ間に足元に来ていたムッシュを踏み付けまいとして足がもつれ、バランスを失ってしまったらしい。
土曜日ということもあって近くに住んでいる二男も駈けつけて救急病院に連れて行き、腰のX線と頭部のCT撮影をして、折り良く居合わせた脳神経科と整形外科の先生に診てもらったら、幸い骨折も内出血もなく打撲だけで済みそうなことがわかった。

意識はしっかりしていたし、吐き気や目眩もなかったけれども、打ちどころが打ちどころなだけに、家族一同、一時はどうなることかと驚き心配したが、そういう診断だったので、不幸中の幸いと一安心。本人も“私って案外打たれ強いのネ”と自分に感心している。
でも、まだ無理は禁物と言われているので(痛みがあるので無理しようにもできないが)、頭部は冷やし腰には湿布を貼って、休み休みしながらソロソロと動いており、娘が台所仕事や掃除、買い物の手助けに来てくれているので助かっている。

こういう事故が起こってしまったので反省しているのだが、いままでムッシュを家の中であまりにも自由にさせ過ぎていたかもしれない。昼寝や夜間就眠させるときケージに入れている以外は、可哀そうな気がしてまったく束縛していなかった。
でも、本人(犬)に悪気はないのにまた同じようなことを繰り返すことがあってはお互いに辛いので、以来、台所への通路にはバリケードを設け、ときには室内でもリードで何かに繋ぎ止めるようにしている。

そんなわけで10月は、先月に引き続き、またも何だかんだと病院通いが多かった。と言っても、根本的にどこか身体の具合が悪いということでは決してないし、自分としては元気に過ごせていると思っているのだが...。
それがカラ元気でないことを結果的に証明するかたちとなったが、先週末、仕事で久し振りに西新宿にある会社に行って来たとき、若い人たちと集中してディスカッションしても、雑踏の中を往き来しても、不思議と一向に疲れを感じなかった。

駅前のバスプール付近や地下広場を通ったときには、4年前の家の建て替え中、半年山荘で暮らしていて、ほぼ毎週のようにここ新宿発着の中央道高速バスで仕事に通ったことを、よくやったものだったと高揚した気分で思い出した。
あの辺は相変らず圧倒的に人が多いが活気もあり、その流れの中に身を置くことは自分にとってはむしろ快い精神的刺激にも感じられ、疲れよりは元気をもらってきた気がする。たまにはこういう街を闊歩するのもいいものだと再認識した。

間もなく11月に入るが、この月も結構忙しい。上旬に早稲田のクラス会があり、中旬には内科の定期検診、そして下旬には前立腺の手術後2年目の検診が決まっているけれども、その間を縫ってどこかで大腸の内視鏡検査も受けなければならない。
成田画伯から今年も日展の招待券を送っていただいているから、できればあまり寒くならないうちに観に出かけたいし、あまり寒くならないうちにと言えば清里山荘のクロージングも、早めに済ませておきたい。

秋は、ツイこの間やって来たと思っていたら、足早に過ぎて行こうとしており、ウエブや街の店を覗くと、気の早いファッションビジネスはもう、冬のムードを煽り立てている。

こうやって、今年も1年、わけなく終わってしまうのだろうか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

清里の紅葉はまだだった

5週間ぶりに清里の山荘に行って来た。前回、9月の初めに出かけたときにはまだ残暑の尻尾が残っていたが、今回、10月も半ばにさしかかるとさすがに横浜でも秋ムード、午後に出発するときも、長袖シャツにベストを羽織ってちょうど良いくらいだった。
が、標高1400メートルの山荘に着いてみると、陽が落ちたばかりというのにもう10度を切りそうなところまで気温が下がっていた。平地の11月下旬の寒さ...天気予報である程度の覚悟はしていたものの、やっぱり震え上がった。

これはたまらぬと早速アウターをもう1枚重ね着し、例によって床暖房だけでなく暖炉も焚いて、1時間後にやっと人心地がついた。これくらい寒いだろうとは予想がつかないわけではなかったが、横浜を出るときがそうでもないので、いつも同じことを繰り返す。
ムッシュは長時間のドライブに愚図りもせず、寒さもさして苦にならない様子で元気にしていたが、夜半から早朝にかけては気温が一桁台に下がって冷え込むということだったので、寒気を防ぐためにケージのまわりを毛布で囲ってやった。

翌朝は快晴、だが寒い。けれどもムッシュの朝の散歩はいつも通り、胸一杯に吸い込んだフィトンチッドが美味しく感ずる。彼も自分も既に十分に齢を重ねている身だが、お互い変わらずにこうして元気でいられるのが有難い。
3連休の後の週なので、森の中は人影も疎らだったが、それでもご近所には秋を過ごしに見えているお宅もチラホラ。自分たちだけしか来ていないらしいときは、静かではあっても何となくモノ寂しいが、そんな他の人の気配が窺えるとホッとする。

森の家々も25年近くも経つと、オーナーが高齢化して管理・維持が難しくなるケースが増えるらしく、我が家の周辺だけでも、お向かいの2軒と一つ措いた隣の1軒のオーナーが変わったが、どうやらその中の1軒の方が、自分たちの直前に見えていたようだった。
玄関ドアの把手に、挨拶の書面と品の入った袋が下げられていたが、このような場所では珍しくご丁寧なこととお人柄が偲ばれて、こういう方が増えると山荘ライフもより潤いのあるものになるのにネと、家内と話し合った。

ところで、森はすっかり秋めいた雰囲気なのに、家の周りの木々はほとんどまだ黄にも紅にも染まっていない。横浜の自宅の方でさえもハナミズキなどがいい色になっているというのに、こちらはどうしたことなのだろう。例年ならこの近辺はもうそろそろで、来週・再来週あたりが見ごろになるはずなのだが...。
なので、足を延ばしもうチョッと標高の高いところまで上ってみれば、もしかして紅葉にお目にかかれるかも知れないと、モノ好きだがその翌日に、八ヶ岳中腹の「サンメドウズ」(清里スキー場)へ行ってみた。

スキー場と赤岳登りの道すがら、両側の雑木林のところどころに紅く染まったウルシやドウダンツツジの木が見えたので、これは期待できるかと思っていたが、1600~1900メートルのゲレンデはもちろん、その背後2300メートルの牛首山も、はるか仰ぎ見る2900メートルの主峰赤岳も、わずかに黄褐色に色づいてはいるものの、紅葉にはほど遠かった。
“どうやら今年は少し遅れているようですね”と、乗客もなく手持無沙汰にしていたリフトのお兄チャンがそう言っており、自分たち同様に足を運んできていた他の観光客も、口々に“そのようだね”と言いながら戻って行った。

スキー場のムッシュスキー場に、それも雪のないシーズンオフに来たのは実に久し振り。いつの間にか滑らなくなってから、かれこれ10年(もっと?)以上経つが、よく行っていたころとほとんど変わらないセンターハウスの佇まいや、そこからの360度の大パノラマが懐かしかった。
連れて行ったムッシュは、日ごろ見慣れない広大な芝生の原っぱに大喜び、元気一ぱい走り回っていたし、係員の人たちとアレコレ今昔話もできたので、紅葉は見られなかったが、何やら楽しい気分になって帰荘した。

紅葉の遅れとは関係ないだろうが、今年は夏に二男が笹刈りをしてくれたこともあって、久方ぶりに庭にはキノコが群生していた。...けれども、素人の自分たちでも食用とわかっているお馴染みの3種(チャナメツムタケ・ハナイグチ・シモフリシメジ)は見つからず、どれも、何となく見知ってはいるような気はするが確信の持てないものばかり。
だったら放っておけばいいのかも知れないが、ともあれ勉強のためと、サンプルを採取して図鑑で調べてみることにした。しかしこれは根気の要る作業で、いつも途中で目と頭が痛くなり、いい加減のところで“ワカラン!”と匙を投げ出す結果になる。

山盛キノコ今回もまたその通りで、山盛りに採ってきた各種のキノコを2時間ほど矯めつ眇めつし、図鑑の写真と首っ引きしたが、結局、一つもわからないままギブアップしてしまった。
我が家は家内も自分も、食材としてのキノコも大好きで、シイタケ・シメジ・ナメコ・エノキ・エリンギなどは常食(マツタケも何とか年に一度くらいは)しており、ここでの山荘暮らしを始めた理由の一つにも、自分の家の庭で美味しいキノコ(前述のような)がどっさり採れるからということがあった。

数年前までは、そんなわけで秋に山荘を訪れてキノコ採りをするのが無上の楽しみだったが、どうやら樹々が大きくなり過ぎて地面の日当たりが悪くなったせいか植生が変わってしまい、以前は毎年生えていたお馴染みのキノコが顔を出さなくなってしまった。
それもあって5年前には、高木を30本ほど伐採してもらったのだが、一たん変わってしまった植生は、オイソレとは回復しないようだ。でも今年の秋は、正体はよくわからないがずいぶん沢山の種類と量のキノコが新たに生えてきたので、この先に希望が持てそうだ。

今回の来荘はわずか3泊4日、幸いお天気はまずまずだったが、上のスキー場以外はどこにも出かけず、庭や近所の散策と読書三昧で過ごした。でも今回の主たる目的は、家内が夏の初めに避暑させるために運んで来ていたセントポーリアの鉢たち(30鉢ほど)を、本格的に冷え込む前に持ち帰ることだったから、とりあえずこれでいいノダ。
何だかワケがわからないのに連れて来られてすぐにまた帰るという忙しい思いをしているのはムッシュだけ。なのに、何の文句も言わずそれに適応してくれているからホントに可愛いと思う。

サテ、こんど来るのはおそらく11月の中~下旬、今年最後ということになるだろうが、この1年も時間の過ぎるのが早かった。
数えてみると今年は、山荘に来たのが次回を含めても6回にしかならない。だんだんこうやって回数が減って行くのだろうか...。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

検診で安心

めっきり秋めいて来た。つい半月前まであんなに暑かった日が続いていたのが嘘のよう...彼岸を境に一気に気温が下がって、あとしばらく夏仕様のままでいるか、それとも全面的に秋仕様に切り替えるか、服装や夜具にとまどったが、どうやらもう間違いなく、このまま秋になるらしく、長袖シャツが当たり前に感じられるようになった。
身体の方が、この急激な気候の変化について行けるかどうか少し心配していたが、何とかそれも乗り切ることができそうで、風邪もひかず、体調はいまのところ問題なし。

でもこのところ、もっと差し迫ったことで、一点気懸りがあった。実は、先月9月下旬が、昨年の胃ガン手術からちょうど1年目にあたっていたので、内視鏡による定期検診を受けていたのだ。
手術は昭和大学横浜市北部病院だったのだが、その担当ドクターの指示により、爾後の経過観察・定期検診はもともとそこを紹介してくれた病院でということで、自宅の近所の横浜総合病院で受けることになった。

この1年、何か特に胃に異常を感じていたわけではないし、むしろ手術したことを忘れていたくらいの体調だったから、検診の結果については楽観していたが、まったく何も気にしていなかったと言えば嘘になる。
3年前に胃腺腫と言われて内視鏡手術をし病変部を切除したはずだったのに、一年後には同じ場所に再び腫瘍が発生していることがわかり、さらに1年経過観察した揚句、昨年ガンということで再手術した経緯が、記憶に新しかったからである。

だから、昨年の手術で“病変部は完全に切除できました”と言われていても、あるいはまた...という一抹の懸念を禁じ得ず、今度の検査でも結果を知らされるまでは、正直のところ、100%楽天的な心境でいられたわけではなかった。
横浜総合病院で診察の順番を待つ間、今回はまさか大丈夫だろうと思いつつも、最悪の場合また手術のために昭和大学横浜市北部病院に逆戻りなどということもあるかも..そうなったら面倒だな...などという想いも頭の片隅をよぎった。

が、自分の場合は“早期”のステージでのESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)だったから再発率はきわめて低い(約3%、データによっては0.4~1%)とも聞き知っていたので、ことさらネガティブにあれこれ思い煩うのは止めて、ドクターの託宣を待つことにした。
果たして、結果は希望的に期待していた通りに。3年ぶりに再会したWドクターから、まず“おめでとうございます”と一言、続いて検査の写真・データを示しながら、“手術跡や周辺部そして摘出した組織にも何ら問題的兆候はありません”との説明があった。

多分そういうことになるだろうとは思っていたものの、やっぱりそれが検査で証明され、ドクターからも口を添えてもらうと嬉しいもの...これで永遠に問題が解決したわけではないが、とりあえずひと安心というところ。あとはまた、来年のいまごろに内視鏡検査を受けてくださいということで一段落となった。
ただ、再発防止には念を入れた方がいいと、ピロリ菌の検査を勧められ、帰りがけに血液検査も受けた。

すでにご存知のかたも多いと思うが、ピロリ菌とは、慢性胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの原因になり、胃ガン・大腸ガンの発生にも深く関わっている悪玉菌で、日本人の約半数がこれに感染しているという調査結果もあり、特に50代以降になると保菌者が70~80%以上になるとも言われている。
だから、自分がガンに罹患したことにもこの菌が関係あったかも知れず、再発を防止する意味でもドクターは、この菌の有無検査と発見された場合の除菌治療を勧めるのだそうだ。

自分はこれまで迂闊なことに、ピロリ菌という名称は聞いたことがあっても、それと自分の病気がそれほど密接な関係があるとは知らなかったが、一方では無意識に(というよりは家内のサポートのおかげで)、その害を食い止める食生活をしていたようだ。
昨年の手術後から、家内が勧めてくれるまま、何やら体に良いらしいということ以外にはあまり詳しいことも知らずにLG21というヨーグルト を毎日摂取していたが、調べてみるとこれが、ピロリ菌の減少に大いに効果を発揮するのだという。家内に感謝々々だ。

さて、これでしばらくは検診とはお別れとなればいいのだが、そうも行かず、もう一つ二つ、受けておかなければならない検診がある。一つは大腸の内視鏡検査だが、別に具合が悪いからということではなくて、前から続けていた定期的な消化器検診の一環としてだ。
これは、4年前の検査でポリープが発見されたことに始まるが、その翌年の検査では奇妙なことにそれが消滅したと言われ、次の検査は2年後でよいとされて、それが今年にあたるというわけだ。

胃の検査とくらべて、あらかじめ腸の中も空っぽにしておかなければならない分、事前の準備が面倒で、いささか受けるのが億劫だが、これも健康のためには欠かせない検診だから、逃げ隠れするわけにも行かないだろう。
あと数日もすればピロリ菌の検査結果がわかるが、そのときの診察の際に予約をとることになっているので、多分、検査そのものは、今月10月末か来月11月初めということになるのだろうと思う。

そしてそれが終わると11月の下旬に、3ヵ月ごとに続けてきた前立腺ガンの手術後24ヵ月目の定期検診があって、2月の同15ヵ月目定期検診に始まった今年の検診スケジュールはやっと幕を閉じる。
こちらの方は、前回8月の検診で、それまで順調に下がり続けていたPSA(前立腺特異抗原)値がわずかながら上がったので、その程度のアップダウンはこの時期にはあり得ることで心配するには及ばないとは聞かされていても、今回どうなるかがやはり気になる。

その他にも、前回も書いたように1ヵ月おきに甲状腺機能の検査を受けているので、ならせばほぼ毎月、何らかの検診を受けていることになる。
こうしてみると、近年の自分の1年は、正に検診で明け暮れているようなもので、煩わしいと言えば煩わしいが、健康維持とそれによる安心のためには、これも仕方がない。そのお蔭で普段は元気に暮らせているのだから...。

検診で安心...なーんて、下手な語呂合わせになってしまうが、いまはしみじみ、これを長年続けてきたのが大事なことだったと実感している。
シリアスな病気を未然に防ぎ、あるいは最軽微に抑えて、自分だけでなく周囲をも安心させ、齢をとっても健康で気持ちのいい生活を送るためには、不惑を過ぎたら面倒がらずに、各種の定期検診を受けておくべきと思う。

自分の子供たちにも、経験から口やかましくそう言っては煙たがられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »