« 宅配と訪問販売の間 | トップページ | スマホ雑考 »

2012年5月28日 (月)

“終活”セミナー

町内の回覧でフと目にした呼びかけがキッカケで、いま、高齢者向けのあるセミナーに通っている。と言っても、俳句や詩吟などの趣味の講座ではない。老後をより良く生き、逝くための勉強会とでもいうか、さるNPO法人から講師を招いて近くの特別養護老人ホームが企画・主催した、いわゆる“終活”セミナーだ。“就活”ならぬ“終活”とは、自分も最近になって知ったのだが、人生の最終章を自分にとってより良く理想的なものにするためそれに向かって行う準備のことで、たとえば葬儀のスタイルやお墓のこと、遺産相続のことなどを生前にとり決めて置くことを意味するらしい。
週1日で全10回、約2ヵ月にわたるそのセミナーで取り上げられるテーマは、“エンディングノートを書くと自分の生き方が見えてくる”、“元気なうちに考える自分らしいお葬式とお墓のこと”、“もしも認知症になってしまったら...”、“医者や薬との賢い付き合い方”、“自分らしい人生の旅立ち~ターミナルについて考える”、“残された大切な人に宛てる置手紙~自分らしい遺言について”、“老後の住処~どこで暮らすことを望みますか”...などなど、どれも齢をとったら無関心ではいられないことばかりで、毎回、それらの講義・Q&Aの後に軽い体操レクリエーションがついている。

これまでこのようなことは、自分でまったく考えたことがないわけでもなかった。そういったことについての記事も読んだし、テレビ番組も視て、自分たちもそろそろ備えておかねばということが頭の中にあったのは事実。またこのところ、同世代の親族やご近所の方々を見送ることがたて続けにあり、自分も、手遅れだったらいまごろこんなにしてはいられなかった病気で入院手術したことなどもあって、自分にもしものことがあった場合、後に残る家族の負担を最小限にするような準備を自分が元気なうちにしておかなくてはと再々考えるようになり、あまり楽しい話題ではないとは思いつつ家内と話すこともあった。
そして自分自身としては、いわゆる「エンディングノート」――万が一に備えて自分の人生の終盤から死後までの諸々のことについての希望をメッセージとして残すためのノート――をまとめることに、そろそろ着手しなければと思っていたところだった。と言っても、正直、どんなことをカバーすべきなのか、どういう順序・形式で書けば良いのかなど、系統立てて考えたこともなかったし、見当もついていなかったので、自分にとって今回は願ってもない機会だった。しかしそれにしても、他の参加者の方々が、いわゆる“終活本”などで、すでにかなりの勉強をされているらしかったのには驚いた。

セミナーは今月の半ばから始まって、まだ、“エンディングノート”と“お葬式・お墓”の2回を終えたばかり。参加者は40人ほどで8割方は女性、中にはご夫婦での参加者もおられた。お見受けしたところ、だいたい自分と同年輩か少し上かも知れない方々。こういう集いに積極的に出て来られるわけだから、もちろん皆さん、心身ともにお健やかの様子。初回の自己紹介では朗々と歌まで披露された方もいて、さすが歌好きの吾輩も顔負けしたが、講義が始まると皆真剣に講師の話に集中し、質疑・応答も活発に飛び交った。自分も、遠慮なくそれに加わらせていただいたが...。
話を聞いてみると、すでに配偶者を亡くされたり、ご自身が生死の間を彷徨う大病を経験されたりという切実な事情をお持ちの方も少なからずおられたし、身近な方の葬儀・お墓のことで、わからないままに葬儀社やお寺の言うなりにしていたらとんでもない費用がかかったという体験を披露された方もいた。そして第2週目の葬儀の話の回では、講師の問いに対して、“自分のお葬式は簡素に”、“戒名は不必要”という回答の方が圧倒的多数を占めて、昨今の同世代の考え方が改めて確認された感があったし、途中の儀礼・イベントを一切省く“直葬”を望むという方が意外に何人もおられたのには、少々驚いた。

自分の場合、エンディングノートを書き始めようとしてもまだまだ考えがまとまらず、あれこれ迷っているばかりだが、その原因の一つとして、そういうものに自分だけの立場から希望や理想を連ねることが却って残された者に苦労をかけることになりはしないかという、根本的な疑問がある。故人が生前から切望していたことがわかったとしても、経済的やその他の理由からそれを実現するのが難しいということは大いにあり得るし、趣旨が事後に遺族が困らないようにというのであれば、むしろ“遺族にとっていちばん都合の良いやり方で”というメッセージを残しておくのが正解ではないかと思ったりもする。
とすると、自分の頭の中だけで考えを独走させるようなことをせず、オープンに家族と話し合って、自分の希望を述べると同時に家族の意見を取り入れて計画をまとめ了承をとりつけておくのが妥当のような気もするが、そういうプロセスを経てなおかつ自分の希望を実現するのも、現実にはなかなか難しいことと思う。たとえ家族とはいえ人それぞれに考え方が異なり、何もかも望むような方向へと結論をリードすることは困難なのが普通だし、第一、こういうテーマで感情を交えず冷静に理性的に家族間で話し合いをするなどということが、そもそも無理かも知れない。

でも、それにもかかわらず、万が一ということがあったときの遺族の手間を最小限にするためにあらかじめ本人が準備しておけることは間違いなくいくつかはあるので、いまは先ず、そこから手を付けることにしようと思っている。手始めは訃報の送り先名簿。これは、毎年アップデートしている年賀状の宛先ファイルがパソコンに入っているから、これを編集すればそのまま(?)使い物になる。メールだけで挨拶し合っている方もあるので、そのデータも加えておかねばならないが...。そのときになったらすぐにわかるように、デスクトップ上にアイコンで保存しておこう。
遺影用の写真も、たまたま適当なものがある。一つは、かなり大判のパネル仕上げになっているプリント。何年か前に業界誌の表紙になったときのもので、プロが撮影し、記念にと作ってくれたもの。白黒だが、自然な笑顔になっているので自分では気に入っている。カラーのものは、データとして何枚か、やはりパソコンに入っている。ウエブやパンフレットに掲載するためにプロが撮ってくれたものと素人が撮ったスナップがあるが、大きく伸ばしたことがないのでどれが良いかわからない。マアこういうものは、遺族に好きなものを選んでもらったら良いのだろう。

エンディングノートには、お葬式やお別れ会で流して欲しい音楽の曲名などを書き込む欄もあるようだが、遺族にわがままを聞いてもらえるようであれば、これはぜひお願いしたいところ。きっと、旅立った本人と残った人々の間を目に見えない糸でつなぐような何かを、その場のそれぞれの方々の胸の中に去来させてくれるはずだからだ。と言っても、一曲だけしか選べないとなると、いささか迷いが出る。クラシックの大曲を1曲だけということにするか、それともいっそポピュラー・ナンバーをメドレーにして次々と流してもらうか...。自分にとっては後者の方が、らしくていいかも知れない。
...などと、基本的なことの準備をし始めているはずなのに妙にディーテールばかりに気をとられているのは、自分の中にまだまだこのことに対する切迫感が足りない証拠だが、現実、有難いことにいまはすこぶる元気なので、どうもいまひとつ真剣に“終活”に向き合う気分になれないというのが正直なところ。そんなことを言っていては、このセミナーに参加している意味がなくなってしまうのだろうが...。過去2回のセミナーの内容を家内に報告しようとしても、家内もあまり聞きたがらない。病気から回復したばかりなのにもうそんなことを話し合うなんて...という気持ちなのだろうが、それもわかる。

...と、このことについては勉強中、試行錯誤中だが、10回のコースが完了するころにはもうちょっと考えの整理がついて、どうすべきか、何をすべきか、何から始めるべきかが見えるようになっていると思う。
ともあれ、普段の生活の中では誰に尋ねたらいいのかなかなかわからなかった問題について、一通りの話を聞くことができそうだし、相談したいときの受付窓口があるということもわかっただけでも、まずは今回のセミナーに参加した収穫があった。

人前で講義をするのには慣れているが、じっと拝聴だけしているのは苦手な方なので、果たして最終回まで保ちますかどうか...真面目に通い抜くつもりではおりますが...。

|

« 宅配と訪問販売の間 | トップページ | スマホ雑考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “終活”セミナー:

« 宅配と訪問販売の間 | トップページ | スマホ雑考 »