« 春だ!元気が湧いてきた! | トップページ | 宅配と訪問販売の間 »

2012年4月30日 (月)

2012年山荘開き

今年になって初めて、清里の山荘へ行ってきた。現地の例年の気候状況からするともう少し後にしたかったのだが、毎年この時期は、どうしても4月中に済ましておかなければならない用事があって、いつも連休前ということになってしまう。今回の滞在期間はわずか2泊3日、冬の間の5ヵ月間閉めていた山荘をオープンするための諸作業をし、あちこちで用事を済ませたら、チョッと一息入れただけで横浜にUターンだ。慌しいようだが、年の初回はそんなものでいいということにしている。4月とはいえ、清里の森はまだまだ早春の肌寒さで、どっちみち長居には適さないと思っていたし...。
というわけで、4月最終週の後半になって出発。天気予報では、初日は曇り後雨、2日目は雨後曇り、3日目になってやっと晴れ間が出るということで、往きの道中は雨の中を覚悟していたが、ラッキーにも中央道に乗るころから雨が止み出し、談合坂SAでのトイレ休憩のための乗り降りも傘要らず、山荘に到着してからの荷物下ろしと開荘作業のための地下室往復も傘なしでできて大助かりだった。ムッシュを連れての山荘行は、雨に降られると本人(犬)はもちろん、連れているこちらとしても何かと煩わしいが、そんな思いをせずに済んだのも有難かった。

昨年の初回もほぼ同時期だったが、あのときは到着したら雪がチラついていたほどの低温。けれども、今回は寒いながらもそれほどのことはなく、慌てず作業できて楽だった。2日目の朝も思ったほど寒くなく、曇ってはいたけれども雨も降っておらず、ムッシュとの散歩もリラックスしてできた。昼過ぎに、諸々の用事を足しがてら萌木の村に立ち寄ったときには薄日さえ射してきて、思いがけず春めいた陽気に。我が山荘よりも標高が200メートルほど低いだけだが、ずいぶん体感が違うものだと思った。昨年の4月末に訪れたときには寒さのせいか人影もまばらだったが、今回はけっこう人が出ていた。
萌木の村から戻ってからは、ムッシュを昼寝させその間に庭に出て、冬の間に折れたり倒れたりした大小の木の枝の片付け。ここ清里の森は雪こそそんなに積もらないのだが、北西から吹き付ける八ヶ岳颪が厳しく、毎年かなりの量の折れ枝が出る。大方は柴と言ってもいいくらいのさして嵩張らないものだが、中にはやっと移動できるほどの長大なものも何本か混じっていて、それらを邪魔にならない数箇所にまとめるのはいい運動になる。のみならず、程よい枯れ具合の焚きつけと薪を暖炉用に集めている結果にもなって、まことに無駄がない...とは自画自賛。

周りの木々を見回したが、モミやトウヒなどの常緑針葉樹以外は、まだ花蕾はもちろん葉芽も固く縮こまって灰褐色のままで、寒々とした眺め。でも、よく目を凝らしたら、そんな中にも小さな春の兆しが見つかった。開ききっていないフキノトウ、先端からわずかに芽を覗かせたタラの木、傍に近づいてやっとわかるツツジの新芽...などだ。新芽といえば天麩羅にすると美味この上ないタラの木は、山荘を建てた当初は沢山生えていたものがなぜかいつの間にか姿を消し、落胆していたが、それがどういう自然の摂理かわからぬけれども昨年あたりからまた姿を見せるようになり、喜んでいる。
前夜、空がよく晴れていて素晴らしい星空だったので翌朝の快晴が予想されたが、3日目、横浜へ帰る日は、ベッドサイドの窓のカーテンを通した早朝の陽射しで目が覚めた。前日に増して、この時期の清里とは思えない暖かさになり、帰り支度も早々に終わったので、午後の出発までにはだいぶ間があると、久し振りに清泉寮へソフトクリームを食べに。めずらしく雲がなかったので、八ヶ岳も南アルプスも全容をクッキリと望むことができたが、やはり春の訪れが遅かったせいか、連山にはまだだいぶ雪が残ったまま。富士山も、姿の見えていた部分は真っ白だった。

4月の末ともなると関東の平地では桜はほとんど終り、咲き残っているとしてももう八重桜くらいしかいないが、今回の清里往復でははからずも、今年2度目の花見を楽しむことができた。中央道は標高500メートル前後の地帯が多いので、沿線の山々はいま山桜の真っ盛り、全山がパステルカラーの薄ピンクで靄っており、甲府盆地の辺りではそれに濃ピンクの桃の花も加わって咲き競っていた。国道141号線沿いにはソメイヨシノも、未だ満開の状態で見受けられ、南清里道の駅の中空に泳ぐ数百匹(と言われている)の鯉のぼりの脊に、花吹雪が降りかかっていた。
それにしても、あんなに寒さを気にしていたのは何だったのかと思えたほど暖かかったこの3日間。特に横浜へ帰る日などは、暖かいというよりも暑いと言った方がいいかも知れないくらいの夏日だった。我が山荘の辺りも朝からグングン気温が上がって、昼近くには20度を越し、帰り途の中央道では28度にも達する始末で、今年初めて車内冷房のエアコンを点けた。マア、自分などは、どちらかといえば寒いよりはまだ暑い方が好きなので、その意味でもこの陽気は悪くなかった。お蔭で、ホンの短期間だったにもかかわらず、2人と1匹で、散歩とお出かけを楽しみ、しかもゆっくり骨休めもできた気がする。

正直いうと出かける前は、清里はまだ寒い上に予定していた期間はお天気が芳しくない(予報では)...という先入観があって、腰を上げるのが億劫だったが、帰って来ていまは、行って良かったと思っている。特別にいいことがあったわけでも何でもなく、普通に過ごしてきただけだが、何だかとても楽しかった。
ムッシュもいま、楽しかった今回の清里のことでも思い出しているのか、ソファーのクッションに顎を載せ、笑っているような表情でまどろんでいる。

5月の連休後は、仕事や集まりの予定がビッシリと入っていて、下旬まで出掛ける余裕がないが、梅雨に入る前の月末にでも、また行って来ようかと思う。そのころは多分、タラの芽も食べごろになっていることだろうし...。

|

« 春だ!元気が湧いてきた! | トップページ | 宅配と訪問販売の間 »

コメント

ブログチェックを怠っておりました~!
失礼申しあげました。
丁度28から5月6日まで、山に暮らしており・・・又ニアミス!!
ひまわりあたりでお目にかかってもいいのにな~!
私も梅雨前・・・もう一回とも思うのですが・・・・これが計画ナカナカに!
お元気そうが・・・何よりに!!

投稿: まみ | 2012年5月12日 (土) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年山荘開き:

« 春だ!元気が湧いてきた! | トップページ | 宅配と訪問販売の間 »