« 地下鉄銀座線 | トップページ | 何年ぶりか...風邪っ引きの正月 »

2011年12月26日 (月)

かくて、今年も暮れ行く

いつもの2週間に1回のペースだと、次回が正月三が日と重なってしまい、新年早々気忙しくなるような気がするので、年末ご挨拶を兼ねてもう1回書かせていただく。

12ヵ月経つのが、年毎に早くなって行く。今月も、師ではないけれども走り回って、もはやあと数日。今年は、社会的にも個人的にも、実に忙しく、何かと波乱含みの1年だった...。特に12月はいろいろあって...。
というのも、実は、すでに報告している胃の手術のアフターケア以外に、甲状腺機能低下症と歯周炎の治療のため、内科と歯科・口腔外科などへも通院していたので...。これは、最近始まったわけではなく、考えてみたら甲状腺などはもう1年半以上前からのことになるが、その合間を縫って(?)毎年、外科手術も受けているのだから、忙しいわけだ。これで風邪でも引いたら目も当てられないが、幸いいまのところ、その兆候はない。

病気話は辛気臭いし、聞かされる方も鬱陶しいだろうから、もうするつもりはなかったのだが、3年続けての入院・手術の上に、こうアチコチの具合が悪くなってくると、凡人はツイ口に出してストレスを発散したくなる。運悪く今回を読まれた方は平にご容赦を。
それにしても数年前までは、人間ドックに入ってもほとんどどこも異常なく、花粉症の時季以外は常用薬など処方されたことがないのを自慢にしていたが、いまでは毎日、朝4種類、晩2種類の薬の服用を命じられている身。いろいろな診療科目の医者から決まって言われることだが、やはり加齢(!)のせいなのだろうか?

家内は長年、循環器科と整形外科のお世話になっていて、そのお蔭で、常時健康管理がなされているかたちになっており、自分ほど極端なアップダウンなく、まずまず年齢相応の元気さを維持できているが、最近、もう一人(1匹?)の家族、ムッシュが、動物病院に入院、手術を受ける羽目になった。
半年前に、左耳の下部に血疣のようなものができているのに気がついて病理検査をしてもらったところ、良性の黒色腫という診断で、積極的な治療も薦められないまま、自分の病気のこともありそのままにしていたが、気になって、別の病院でセカンド・オピニオンを聞いたら、やはり手術して除去するに越したことはないと言われた。

ついでに、他部位・臓器の診察・検査もしてもらったら、四肢や内臓には特に悪いところはないが、だいぶ歯石が付着しているのでかなり抜歯しなければならないかも知れないと言われ、大ショック。自分でも気をつけて、ガーゼなどで歯磨きしてやってきたつもりだったが、効き目がなかったようで、ムッシュに申し訳ない気持ちになった。
黒色腫のこともそうだが、適切なアドバイスをしてくれなかった前の先生を恨めしくも思ったけれど、いまさら後ろ向きなことを言ってみても始まらず、手術・抜歯は可哀そうでも、それによって今後の健康が確保されるならと、新しい先生の励ましを聞いて前向きに考えることにした。

さて、そんな諸々はあったが、ムッシュは無事、手術部位の抜糸も済み、付けていたエリザベスカラー(ペットの怪我や手術の後など患部を舐めたり触ったりしないように首に巻きつけるパラボラアンテナ状のプラスティックの襟巻)も取れて、歯はだいぶ少なくなったものの、すっかりいつもの元気さに戻った。職人さんに入ってもらい庭木と生垣の剪定も終わったし、年賀状も出し終えて、あとは除夜の鐘を待つばかり。
本年は、自分もあまり大掃除とか張り切って無理をせず、家内のお節料理の支度も、適当に手を抜いてもらうよう懇請した。何と言っても、体調第一だし、少なくとも年内一杯は寒気が厳しいようだから...。家内は無理をしないでと言っているが、大晦日から元日にかけての、ご近所御嶽神社への恒例初詣は行くつもりだ。そのために、完全防寒用のロング・ダウンコートも買って、用意は万全だ。

今年は、病気がちだったとは言え、年頭に抱負として掲げていたことがほとんどできなかったので、来年については、それを持ち越して実現できれば良しとし、それ以上の大きなことは言わないでおく。
ただ、望むらくは、身体が動き体力がいま程度あるうちに、もう一度でいいから、ゲレンデ、リンク、グリーンに出て、スキー、スケート、ゴルフをしておきたい。...と言ったら、何を無理して...と笑われるだろうか?それには先ず、手術後の順調な回復が前提なのはわかっているし、こうやって普通に暮らせているだけでも有難いと思わなければならず、贅沢は言えないのかも知れないが...。

年が明けたら、もう1つの恒例初詣、川崎大師にも行くつもりでいる。無理をしようというのではない。あそこまで出掛けるのはMy Pleasureだし、長年続けていてまだまだイケると思っているものを、用心深くなり過ぎて中止するのもスッキリしないから...。
いつもだいたい1時間、徐行でしか進まない行列に並んでお参りの順番が来るのを待つが、文庫本1冊とiPodを携帯して行けば、それくらいは一向に苦にならない。そのためも含めてお正月の暇つぶし用に、新刊書を3冊購入し、図書館からも4冊借りてある。

毎年末に振り返っているが、この、気ままに書き飛ばしてきた備忘ログも、お蔭さまで満6年経った。7年目も、自分が70代の中間点に達する直前の1月9日から始めて、基本的にこれまで同様のペースとタイミング(2週間に1回、原則月曜日)で続けて行きたいと思っているので、相変わりませず宜しくお付き合いのほどを...。

本年はまことに有難うございました。どうぞ、良いお年を!

|

« 地下鉄銀座線 | トップページ | 何年ぶりか...風邪っ引きの正月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かくて、今年も暮れ行く:

« 地下鉄銀座線 | トップページ | 何年ぶりか...風邪っ引きの正月 »