« 元気なれど、また手術 | トップページ | 山荘で大ハプニング »

2011年9月26日 (月)

退院しました!

毎年同じような諺を引用しているような気もするが、古人は上手いことを言ったもので、“暑さ寒さも彼岸まで”とは確かにその通り。ついこの間までアツいアツいと言っていたのに、このところはメッキリ過ごし易くなった。サテ、入院・手術のため前回(9月5日)から3週間空けてしまったが、先日退院してきたので取りあえずご報告。でも、その日は何と、あの台風15号が東京・横浜に猛威を振るった日。しかし午前中に自宅に戻れたので、まったく何の苦労もなかったのは幸いだった。
入院したのは、2年前の夏に胃腺腫で内視鏡手術を受けた昭和大横浜市北部病院。病変部もほぼ同じだが、今回は前回のEMR(内視鏡的粘膜切除術)では無理なため、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)というより大がかりな手術をしなければならないということで、前回は2泊3日の入院、入院当日即手術だったのに対して、最低1週間の入院が必要、入院は手術の前日ということになった。

9月5日にも書いたが、この日も身体はどこも何ともなく、朝食も自宅でいつも通り済ませ、元気一杯(というのも変だが)病院にチェックインした。そして昼からは病院食となったのだが、これが、これから胃の手術をする人間がこんなものをこれだけ食べて良いのだろうかというヴォリューム・メニュー。全部は覚えていないけれども、昼食は揚げ春巻きと揚げシューマイをメインに副菜があと2~3品、デザートまでついて、夕食は肉・野菜ともタップリの酢豚がメインでフルーツつき。ご飯も家で食べている量よりはるかに多く、とても完食し切れなかった。もっとも、後で強制排出(失礼!)させられたが...。
その日は、午後になると家内も帰宅して、血圧や体温・脈拍測定など基礎体調の確認、薬(下剤!)の服用、これからの施術・療養計画の説明などが看護師さんからあったほかは格別に予定もなく、独り病室の中にいても至って無聊、一向に病人気分が盛り上がらず、もちろんベッドに横たわっている気にもならない。前回と同じ設えの特別療養環境室なので大人しくテレビでも見ていれば良かったのかもしれないが、それもつまらないので、同じ7階にある270度ヴューのデイ・ルームの窓からの展望をしばし楽しんだり、9階のレストランを覗き掲示されたメニューを熟読してみたり、1階ロビー・フロアのコンビニで週刊誌を立ち読みしたりして、夜までの時間をつぶした。

翌、手術日は、10時ごろに点滴が始まり、11時前後にはスタンバイ・コールがあると聞いていたので、家内も10時前には来院し、当人もすっかりその積りで待機していたら、11時直前に、どうやら1~2時間遅れて、午後1時ごろ開始ということになりそうだという連絡が入り、さらにその時間になると、こんどはそれが3~4時になるかも知れないという第2報が入った。こちとらは最早や俎板の上の鯉だし、寸刻を争う急病人でもないから、言われるままに待つ以外どうしようもなかったが、自分の前のオペに何か突発的なことでもあったのだろうとは想像・理解しながらも、朝からもう数時間もただただ待たされているのには、家内ともども、ちょっぴりイラついた。
で、コールのかかったのが、結局、幾ら何でもいよいよだろうと病衣に着替えてからもさらに1時間経った夕方の5時。何と、予定よりも半日遅れになってしまった。おまけに、手術とは関係ないが、もうそろそろかと思い始めていたころ、かなりの揺れ(関東地方震度3)があったりして、人騒がせなことだった。毎朝のテレビの運勢占いなどはほとんど気にせず聞き流している方なのに、思えばその日は、自分の山羊座が最悪ランクで、次から次へとハプニングに見舞われると言っていたのが妙に気になっていたが、まさかこれ以上はあるまい、もう勘弁願いたいと念じながら、手術室に向かった。

実際に手術台に横たわったのは多分、午後6時ごろ。やっと、イヨイヨだなという、緊張感が湧いてきた。何人かのスタッフが同時に慌ただしく立ち働き、まず、血圧や脈拍や心電図をモニターし続けるため、指先や手首や脇腹に計測器の端末が接着され、口にはマウスピースを咬まされ、鼻には酸素吸入のチューブが差し込まれた。ほとんど間を措かず、腕には点滴の針が入り、鎮静薬・鎮痛剤の注射も始まった。定かではないが、今回は時間も長くかかりそうということでか、吸入式の麻酔剤も用いてもらったようで、これら一連の作業が終わったなと思ったところで、フッと意識が途切れた。
それからのことはもう、何もわからない。誰か(多分担当のY医師?)の“中澤サーン、終わりましたヨー...”という呼びかけと、家内の“終わって良かったわネ、じゃあ帰りますヨ...”という言葉だけが、かすかに記憶に残っていた。が、あとは朦朧、チャンと目覚めたのは翌朝で、看護師さんが“ご気分いかがですかー”とやってきたときだった。いま何時かと聞いたら午前8時とのことで、それまでは昏々と眠り続けていたらしい。

やがて回診に来たY医師に聞くと、思いもかけなかった難手術だったようだ。医師から聞いたことを素人が表現するのだから正確な言い方になっているかどうかわからないが、様子はこうだったと言う。――通常この手術は、粘膜の下層に病変部を持ち上げる膨隆剤を注入して、持ち上がったところをザックリと切り取るのだが、自分の場合はなかなか頑固な腫瘍でそれが持ち上がらず、20本余りの周囲血管を結索してやっと、それを切除することができたのだとか。幸い、穿孔や血管損傷よる大出血などの偶発症もなく、万が一の場合を想定して同意書を取られていた輸血や血液製剤の使用などもなくて済んだ。
このESDという手術にかかる時間は、病変部の状態によって一定ではなく、通常ならば1~2時間と言われているが、最長では8時間もかかった例もあると言う。自分の場合は...というと、終わったのが午後11時だったそうだから、5時間かかった勘定になる。自分でもそんなに長くなるとは夢にも思っていなかったから、聞いて驚き、午前から深夜まで延々13時間も病室内で待っていた家内にはたいへん心配と苦労をかけたと済まなく思い、同時に、会社を休んで家でムッシュの面倒を見ながらその間留守番をしてくれていた二男にも世話をかけ、寝ないでママを待っていたムッシュにも可哀そうなことをしたと思った。

手術の翌日からは、栄養分の他に、抗生物質・抗潰瘍薬の点滴と投薬が始まった。もちろん手術当日から絶食で、これが3日間続いた。予想外に傷が大きくなったから、大事をとって経口食の摂取を通常より1日遅らせたのだそうだ。退院も、通常より2~3日先になるとも言われた。そんなわけで、点滴だけでなく食事と言えるものが出たのは、手術後4日目から。寝てばかりいたせいか不思議と、その間さほど空腹感もなかったが、さすがに、たとえ重湯でも、久し振りのお米の味は何とも言えず舌と心に沁みた。
次の日にはそれが3分から5分の粥になり、さらに翌日には5分から7分の粥になって、その夜には遂に全粥になった。お菜は、白身の魚も出たが、全体を通じてほとんど脂っ気のない野菜煮物系。ヨーグルトや果汁風味の流動食的栄養飲料が毎食必ずついて、傷ついた胃を保護するための食事メニューとしての参考になった。経口食が始まってからは、できるだけ動いた方が体力の回復を早めるということも教えられたので、病室のある7階のフロアだけだったけれども、三角形になっている病棟回廊を、点滴スタンドを押しながら何回も何回も歩き回り、室内でも、極力ベッドから離れて過ごすようにしていた。

すると、たしかに自分でも体調は悪くないなということが確信でき、体内にだんだん力が蘇って来るのも感じられて、もしかしたら退院は、もうそんなに先にしてもらわなくても良いのではないかという勝手な自信も湧いてきた。...テナことを思いながら美味しく全粥の夕食を頂いていたところへ、その思いが通じたかのような朗報が舞い込んできた。それまで何度かの血液検査や毎日の問診・触診の繰り返しの結果、予想以上に回復が順調で状態が良いとわかったので、明日退院可ということになったのだ。
手術直後には、けっこう十分な日数をかけた療養を要する状態と診断され、入院期間は10日前後にはなると覚悟していたが、結果的には標準とほとんど変わらない7泊8日で出所...じゃなかった退院できたのは望外の喜びであった。しかも、2年前のときは今回の半分以下の期間だったにもかかわらず、退院直後はしばしば横にならなければいられないほど体力が低下していたが、今回は自分でも驚くほど体調が良く、いま、食事以外は入院前とほとんど変わらない日常を送ることができている。

今回の手術の成果は、切り取った病変部の組織を顕微鏡で詳細に分析・検討する病理検査の結果を待たないと最終的には何とも言えないのだが、自分としては、根拠はないけれども、いまから3週間後の再診の日に、きっといい返事を聞けるものと信じている。

(世相・身辺雑感)

|

« 元気なれど、また手術 | トップページ | 山荘で大ハプニング »

コメント

おっとこれは、前回のエントリーを見逃しておりましたが、ご無事の退院何よりです。
当方も先々週に網膜剥離の診断&緊急手術となりましたが、入院なしの日帰りで術後の痛みも大したことなく過ごしております。
※なんか病気自慢みたいになってしまいましたww

投稿: 山本隆 | 2011年9月27日 (火) 02時11分

無事なご退院・・・「おめでとうございました!」

徐々に日常に復帰なさいませ。

もう・・おやまは暖炉の頃、ハロウインの飾りや、ポールラッシュ祭に向けての準備の頃と。

私も、諸事情叶わず・・・山に遠のき・・・恋し恋しト・・・日を送っております。

養生に勤められ・・・・ご本復を・・・・!

そして・・・・山に遊びましょう!!

投稿: まみ | 2011年9月27日 (火) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 退院しました!:

« 元気なれど、また手術 | トップページ | 山荘で大ハプニング »