« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月22日 (月)

また、森へ

一雨二雨来て、グッと気温が下がったが、これでいよいよ秋と考えるのはまだ早計なのだろう。さて、報告がまた1週間遅れになってしまったが、先々週もずっと、涼しい森にいた。その期間、テレビのニュースで東京・横浜は猛暑だったことを知ったが、たまたま脱出した結果になってラッキーだった。でも、その涼しさからたった1週間で舞い戻って来て、いまはまた横浜。前回書いたように、先週・今週は病院通いがあるので仕方がない。
あちらでは、幸いなことに天候には恵まれて、ズッと晴天続きだったが、なんの因果か往き帰りの道で今回も、ゲリラ雷雨とやらに見舞われた。特に、ちょうど2週間前の夕方、往路(下り)甲府盆地へ入ったとたんに襲って来たソレは凄かった。笹子トンネルに入るころから、どうも山の向うの雲行きが怪しいとは思っていたが、抜けたとたんに、フロントグラスを叩きつけるような大粒の雨と稲妻で、ワイパーを最速にしても前方がほとんど見えないほど。這這の体で境川PAに逃げ込んだら、同じような避難車が沢山いた。

頭上は真っ黒な雲に覆われ、ひっきりなしにピカピカ、ゴロゴロ、ドッカーンと、直ぐ近くに落ちたような雷鳴が轟くのだが、彼方の八ヶ岳方面を見遥かすと明るい夕焼け空。この分なら間もなく上がるかもと、30分で痺れを切らして見切り発車したら、何度かの束の間の小止みはあったものの、韮崎辺りまではしつっこく、驟雨が後を追いかけてきた。が、流石に、141号線に下りたころは嘘のように空は晴れあがり、路面も濡れていなかった。一体さっきは何だったのかと思ってしまったが、これがゲリラ雷雨たる所以なのだろう。
山荘に着いたら、お湿り程度はあったらしいが大雨の痕跡はなし。前回までと違って寒いというほどのことはなく、まだ薄暮だったこともあり、荷物下ろしも気分よくはかどり、やっと夏休みにやって来たという心境になった。そろそろお盆休みということか、近所のお宅も見えていて、どこからか幼児の声やワンちゃんの啼き声も聞こえていた。そうそう、森のゲートを入ってすぐ、道路の真ん中に立ってこちらを見ている大鹿に遭遇したが、クラクションなどを鳴らしてビックリさせては可哀そうだから車を止めて様子を見ていたら、しばらくして悠々と茂みの中に立ち去って行った。

今回は、着いた翌日には長女母子、さらにその翌日には長男もやってきて、山荘は一気に賑やかになった。どうせなら子供全員一緒にと、次男にも声を掛けていたのだが、仕事の関係でどうしても都合がつかなかったようだ。それにしても、これだけ人数がまとまったのは久し振りのことで、何かといつもとは勝手が違い、受け入れ準備一つにも、役立たずの自分はただマゴマゴするだけ。その点家内は万端抜かりなく、というよりも、そんなに気を遣っていたら神経が休まらないだろうと思うほどにクルクル立ち回っていた。
娘たちは新宿駅―清里間の直行バスに乗って来たのだが、渋滞で1時間ほど遅延しているという連絡が入ったら、家内は心配して何度もメールで状況を確かめ、2人分の荷物も重いだろうからと、とうとう下車地点の清里高原ホテルまで車で迎えに行った。我が山荘までは歩いても10分ほどのところなのだが...。1時間遅れた分を計算に入れて迎えに出たのだけれども、それからさらに30分も遅延したようで、留守番のこちらも、どうしたことかと気を揉んでしまった。バスは、なぜかまず小淵沢まで行き、それからアチコチのホテルに立ち寄りながら来て、ここがほぼ最後になってしまったらしい。

普段の山荘暮らしと異なって、5歳の孫娘が来ると、家の中は賑やかにかつ忙しくなる。娘たちも久し振りだし、途中車内のエピソードなどもあるので、話題はそれに輪がかかり、ヤレ喉が渇いたろう、お腹が空いたろうと言いながら世話をしているうちに、いつの間にか夕方。小さな子もいることだし、それぞれの好みに合わせたメニューで夕飯を用意するのもたいへんと思い、どこかで外食しようかと提案したら、珍しく全員スンナリと意見が一致して、あとはどこでしようかとうことに。
こういうときは子供の意見を尊重するに限ると、何を食べたいか孫娘に聞くと、意外なことに日本蕎麦がいいという。3歳で来たときに、一度藤乃家へ連れて行ったら、あの店の何の変哲もないザル蕎麦がいたくお気に召したらしい。それなら手っ取り早いと全員で車を走らせたが、ムッシュは、出掛ける前にご飯を済ませているので、ちょっとの間、駐車場に停めた車の中でお留守番をしてもらった。

前回来たときには、彼女はまだ一人前などはとても平らげられなかったが、今回は自ら大盛りを注文してぺロリ、蕎麦湯まで楽しんだ。言い草が振るっていて、“ここはツユの味がいいネエ”だと。好みが渋い!このくらいの年輩の子は、ケーキだハンバーグだカレーだスパゲティーだと、好きな食べ物の相場はきまっているのだが、この子は、白いご飯と、海苔に豆腐に納豆、モズクにワカメに昆布、ナメコにシイタケにモロヘイヤ、そして味噌汁が大好物...と来ている。いわゆるお子チャマ・メニューではないので、面食らうやら、手がかからなくて助かるやら...。
これは偏食というものでもないだろうが、でも、小学校へ通うようになって、給食のときなどに他の子が食べているものが食べられないと困るから、何とかいまのうちにもっと好みの幅を広げられないものかと母親や祖母たちは心配している。けれども、なあに、子供なんて、本当にお腹が空いたり、自分の好きなものが周りと違うことに気がつくようになったりすれば、そんなものは自然に変わるさと、自分は楽観している。

その孫が、馬さんや牛さんを見たーい、メリーゴーラウンドに乗りたーい、ソフトクリームも食べたーい...というので、家内は翌日つまり3日目は、もっぱら清里観光案内係で、午前中はポニー牧場や萌木の村へ行ったかと思えば午後は清泉寮へ。その間に今度は長男が、やはりバスで到着。高原ホテルからは歩いてくると本人が言っていたのだから放っておけばいいのだが、家内はやはり自分が迎えに行くと言って車を出そうとする...ので、ならば自分が...と申し出たが、さまざまな理由により却下。
その晩は、近来にない大人数での夕食で、娘も手伝うと言って台所に立った。が、見ていてどうも、かえって家内には勝手がちがってやりにくそう。それかあらぬか、みんなが順番にバスを使ううちに、疲れてリビングのソファーの上に倒れて眠り込んでしまった。ふだんは2人に1匹で、夜の8時を過ぎると翌朝の8時まではすっかり静かになっているこの山荘も、その晩は兄妹間で遅くまで話が弾み、翌朝は未明から元気な孫の声で目が覚め、ムッシュを含めて自分たちはいささか睡眠不足気味。

4日目は娘の亭主が車で妻子を迎えに来た。次男と同業のいそがしい仕事に何とか都合をつけて時間をつくったらしいが、ご苦労なことだ。娘も免許証は持っているのだから、自分で運転して来るようにすればいいのにと亭主も親も言っているのだが、なぜか言うことを聞かない。マ、そのうち必要に迫られて、誰に言われなくとも運転し出すと思っているけれども...。迎えの車が到着したその日の午後は賑やかさも最高潮に。渋滞のハイタイムに捲き込まれないように娘夫婦が頃合いを見て帰りの車を出そうとすると、孫が、もっと泊って行くとベソをかいて、テンヤワンヤ。ムッシュも、お昼寝どころではなかった。
で、長男だけが残ったが、最近は写真撮影に凝っているとかいうことなので、近所の好スポットを案内してやろうと思い、軽い気持ちでサンダルを突っ掛けて屋外に出た。森の中の木漏れ日などもきれいだが、やはりこの辺に来たらオブジェクトは八ヶ岳や富士山や南アルプスや秩父連峰などの山々だろうと、美し森交差点付近まで出てみた。が、生憎と夏雲が湧き立って、東方の金峰・瑞牆連山くらいしか見えない。で、もうチョッと高いところに登ればもっとよく見えるのでは...と、美し森頂上を目指した。

美し森とファームショップ自分のところの標高が1400メートルだから1540メートルの美し森ぐらいは訳もなかろうと思っていたら、これがどうしてどうして。昔と違って登山道が全面的に枕木で整備されていたから良かったようなものの、けっこう足腰に来て、爪先が痛くなり、サンダル履きで来たことを後悔させられた。途中まではともかく、展望台のある頂上まで登ったのは初めてだったが、雲がなかったらさぞかしという中々の絶景で、長男と2人、ソフトクリームで喉の渇きを癒しながら、しばしその眺めを楽しんだ。
よりスケールの大きな天空からの一望を求めようと思うならば、冬季に、もう少し上の、キッツメドウス・スキー場(標高1600~1900メートル)まで足を延ばすと良い。背後に迫る八ヶ岳連峰を含めて、それこそ360度のパノラマが楽しめる。いまの時季もそこは、お花畑として開放されているが、もちろんその日はとてもそこまで足を延ばす元気などなく、美し森頂上のベンチに腰を下ろしたまま、身体が言うことを聞くうちに、もう一度滑りに行きたいものだなあ...などと語り合って、家族中で遊んだ往時を偲んだ。

長男も帰る日、世話になりっ放しではナンだからと言うので、彼の奢りで外でのランチ。高原ホテルにしようか、ロックかハットウォルデンまで行こうかとも思ったが、近場で気楽なところがいいと、清泉寮のファームショップのカフェへ。ここは、ソフトクリームの行列も本館ほどではなく、カフェはいつ行ってもすぐに座れるので、夏の清里ではチョッとした食事の穴場。自家栽培の野菜と自家製のソーセージ・乳製品などをふんだんに使ったカレーやパスタ、天然酵母のパンでつくるサンドイッチやホットドッグなどの軽食、そしてジャージー牛乳や有機栽培コーヒーなどのドリンクバーが、気軽でしかも美味しい。
そうこうしてその日も暮れ、最後のゲスト長男を送り出すと、やっと、2人と1匹だけの日常の静寂が戻ったが、翌日はもう横浜に帰る日。この数日間は、自分も何もしないでいたわけではなく、テレビアンテナの調査に来てくれた「デジサポ山梨」のスタッフに対応したり、刈払い機を振るって横庭のかなりの部分の笹を刈ったりしたし、夫婦ともあまり休む暇もなく過ごしたが、しかしそれはそれで心休まる思いでもあったような楽しい日々だった。でもさすがに、自分はまだしも家内は疲労困憊で、“孫は(だけではなく子供も)来てよし帰ってよし”を実感した。こういうことは、しょっちゅうではなく、いろいろな意味で“たまーに”が宜しいようで...。

次に行くのは月末あたりになりそうだが、そのころ森では、もう、初秋の風が立ち始めているかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

この夏、ストレスフリーに暮らす

本日、暦の上では立秋だそうで、これ以降の暑気見舞いは“残暑お見舞い”としなければならない慣わしになっているらしいが、実際の季節感はまったくそれとはかけ離れており、これからもまだまだ、暑さは続くのではないかという気がする。で、第一線の皆さんがそんな中でも頑張っておられるところ、まことに申し訳なかったが、先々週、数日だけ空き時間ができたので、清里の山荘へ行ってきた。
暑さを逃れたつもりだったが、何と、その週は東京・横浜も、あまり気温が上がらなかったらしく、それより10度低い清里の森は、真夏だというのにセーターを羽織っていなければ寒いほどだった。しかし、いくら何でももうそんなことはないだろうと、今週も行く予定だが、また1週間で戻って来る。今年の8月はところどころに、定期検診とその結果判定という病院通いが早くから予定に組み込まれていて、森には行きっ放しというわけにも行かず、1週間ごとに行ったり帰ったりしなければならない。

山荘には、単なる避暑やレジャーで行くわけではなく、疲れを抜きたくて行くのだが、昔と違い最近は、行き帰りそのものが疲れるようになってきた。だから前回も、どこかへ遊びに出掛けようなどという気にはならず、ほとんど、家の中で本を読んだり、音楽を聞いたりしながらゴロゴロしていた。資料の読み込みや書きものなど、少しはデスクワークもするつもりで用意はして行ったのだが、どうにも根気(体力?)が続かず、かねてから家内に頼まれていた雑草刈りなどの庭仕事も、最小限で勘弁してもらった。
一体に、肉体的にも精神的にも、なんらかの原因である程度以上の負荷がかかると、己の心身に警告反応が生じて、自動的にそういう気分になってしまうらしい。このことは、休めば回復するという類いのシンプルなものではなく、慢性症状のようなものになって後を引くので、“ストレス症候群”などという言葉で説明されているようだ。若いころはそんなことは感じず、気にしたこともなく、大概のことは勢いと体力で乗り切ってきたものだったが、どうも近ごろは、そういうわけには行かなくなってきた。

そう言えば確かに、数年前くらいから、ストレスを感じそうなことは自分でも事前に避けようとする意識が働くようになってきたかも知れない。大きなもの、重いもの、厚いもの、硬いものや、ものだけでなく、濃い味、高い音、強い匂い、キツい色や表現、暑さまたは寒さといった、目・口・鼻・耳・肌が感じ取る極端な状況あるいは雰囲気が、あまり心地よくなく、もっと言えばやや苦痛と受け止めてしまうようになってきた。そして反対に、小さなもの、軽いもの、薄いもの、ソフトなもの、マイルドな味、低い歌声、微かな香り、枯れた絵や文、暑からず寒からずの気候が、より好ましくなってきた。
言ってしまえば、単に齢の所為ということになるのかも知れないが、土用が来ても別に鰻を食べたいという気にはならない(けれども嫌いになったわけではなく、ミニサイズの鰻重などというものがあったら食指が動くかも知れない)し、お台場あたりで毎朝やっている若い人向けの音楽イベントのハイテンションなメッセージソングには、元気をもらうというよりはついて行けなくなってきた。だから食事はアッサリめがよく、聞いているのはライトクラシックかせいぜい8ビートまでのイージーリスニングばかり。絵も、大家の油絵はもちろん結構なのだが、正直言うと、名もない素人の淡彩画に癒しを感じさせられる。
身に付けるものに関しては、直接皮膚感覚に響いてくるだけに、考えてみればより以前から、このことにこだわるようになっていた。いつごろからか、コートやジャケット、パンツやソックスなどは、なまじしっかりしたつくりのものが嫌いになって、ソフトで楽な着心地のものを好むようになった。特にこだわってしまうのが腕時計と靴。これがバルキーで重量感があって、それ自体の存在感を主張し過ぎるようなものだと、肩が凝り、頭痛がして、全身が疲れてくる。いまメンズ・ファッションの一方の主流になっているらしいデカい腕時計や重そうなブーツなどは、身に付けている人の気が知れない。

なので、普段着の腕時計は、たまたまニューヨーク―東京間の機内で買った CK(カルバンクライン)のボーイズ(ユニセックス?)・サイズを長年愛用してきた。径32㎜、厚さ4㎜、革ベルト――のストレスフリー・デザインなので、何の変哲もないクラシックな文字盤と共にとても気に入っていた。15年以上経つから、そろそろ寿命らしく、同じモデルの新品に買い替えたいと思っているのだが、それ以上のメンズ・サイズとそれ以下のレディース・サイズはあっても、このサイズだけが見つからない。
同サイズのオメガ・コンソレーションがあるので、とりあえず実用的には不自由はしていないが、如何せん金属ベルトなので重くて敵わず、何とかこのモデルが手に入らないものかとリアルショップとネットショップで探している。が、いまのところ、ネットオークションに出品されている中古品ぐらいしか見つからない。ボーイズ・サイズならば、いっそ他モデルでもいいかと割り切ってもいるのだが、それでもなかなか、好みに合うものは見つからず、こうなったら分解掃除にでも出すほかないかとも思っている。

夏は履物も気になる。チャンとした場所に出るときは別として、春・秋・冬のカジュアルシューズは、履き心地・歩き心地の良さで専らロックポートを愛用してきたが、夏だけはそのフィット感が逆に鬱陶しくなり、これまでいつもシーズンになると、浅くて超軽量のハッシュパピーのスリッポンに履き替えてきた。石田純一ではないが、素足に履いても何の違和感もないのが気持ちよくて幾夏も愛用し続けたため、残念なことに最近はチョッピリくたびれた感じになってしまい、そろそろ次を考えなければならなくなってきた。
そこで今年の夏は、何とかそれと同じか似たようなものを探そうと、近所のデパートやショッピングモールをさんざん探し回ったが、イメージに合うものがなかった。元町まで行けば直営店があるので見つかるかも知れないのだが、暑いさ中そこまで足を延ばすのも億劫(ほんとのお洒落心がなくなった証拠!)と、発想を変えて、たまプラーザに最近オープンしたABCマートを覗いてみることにした。

一応あらゆるタイプの靴を取り揃えていることになっているのだが、中心はやはり若い人向けの、赤や黄や紫などの派手な色をアクセントカラーにしたスニーカーやランニングシューズで、紐で結ぶタイプが主流。...だとは思っていたので、せめて、より浅くて軽くて通気性が良さそうで、しかも色的には地味なものをと品定めしていたら、結局、黒一色のメッシュ・タイプのものを選んでいた。セール品だったし、ブランドなどは気にもかけていなかったのだが、帰宅してショッピングバッグから取り出してみたら、ナイキだった。
ナイキといえば、あのときは自分でもよくやったョという思い出がある。1990年代の中ごろに、ナイキの「エアマックス」というトレーニングシューズに異常な人気が集中したことがあったが、日本ではなかなか手に入らないので、米国へ行ったついでに買ってきて...と倅たちに頼まれた。ちょうどそのころ、ニューオーリンズに出掛ける用事があったので、仕事の合間を縫って同地のスポーツ用品店を何軒も探して回り、彼らの分だけではなくて、サイズのそれぞれ異なる5人家族全員の分を買いそろえ、傍目もかまわず、大きなビニ袋を担いで日本まで帰って来た。

当時あの騒ぎは何だったのかと思うが、いまそれらのエアマックスは、子供たちの分は疾うに履き潰されて跡形もないけれども、自分と家内の分は、多少ほこりをかぶってはいるものの、まだまだ使用可能な状態でシューズクローゼットの中に眠っている。何しろ、2人とも数えるほどの回数しか履いていないので、何となく処分し難くてそのままにしているが、ランニングシューズは他にも幾つも持っているし、自分たちの齢や体力から言っても、それを使わなければならないような機会もおそらくもうないと思うから、何れ、思い出と共に捨て去らなければならない日が来るのだろう。
新しく買ったメッシュのランニングシューズはなかなか履き心地が良くて、さっそく重宝しているが、ややお疲れ気味のハッシュパピーもまだまだ捨てたものではなく、この夏もサンダル代わりとして、ストレスの少ない暮らしのために役に立ってくれている。

ところで昨日、例の腕時計の分解掃除の見積りをしてもらったら、最低でも購入したときと同じくらいの額、場合によってはその倍額ほどかかるというので、急遽、考え直した。
そしてその売場で何気なくファッションウォッチを眺めていたら、角型ではあるが他は望む条件にピッタリの「ピエール・ラニエ」というモデルを発見。価格も極めてリーゾナブルだったので、思わず衝動買いしてしまった。...ということで、こちらも一件落着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »