« 消費のすゝめ――日本復興のために、あえて... | トップページ | カントリーの歌が聞こえる »

2011年4月18日 (月)

春のひと日

国立新美術館 ようやく春らしい一日中暖かな陽気になってきた。数日前までは、朝夕はまだチョッと冷えを感じる日もあって、布団を跳ね除けてベッドから起き上がろうとするときには妙に身体全体に力が入り、起きてからも首肩を凝らしたままになって、出掛けるときの重ね着がそれに輪をかけ、何とも窮屈な思いをしていた。が、このごろはそんなこともなく身体がほぐれるようになり、ずいぶんと楽になった。
というわけで、先日、久し振りに都心まで出掛けてきた。行く先は六本木の国立新美術館、目的は「示現会展」鑑賞、ここ数年の自分にとっては、毎春桜の頃の恒例行事だ。この会の重鎮で日展の評議員でもある成田禎介画伯ご夫妻が家内の高校時代のクラスメートということで、氏のご一家とは何十年も前から我が家に遊びに来ていただいたり、こちらからもアトリエをお訪ねしたりという間柄。この横浜の家にも山荘にも、何点か氏の作品が飾ってあり、そんなご縁で永い間、春には示現会、秋には日展の招待状を頂戴し続けている。

2007年に六本木に国立新美術館が建つ以前は、示現会展も日展も上野の東京都美術館で開催されていたが、正直のところ、横浜の自宅からそこまでのアクセスは決して良かったわけではない上に、そのころの自分は仕事その他で何かと忙しくて心のゆとりもなかったため、なかなか、ゆっくり美術鑑賞という気持ちになり切れず、皆勤賞の家内に何回かに1回は同行することはあったものの、折角の機会を十分に生かせずじまいでいた。
それがこのところは逆転。家内がだんだん都心まで足を延ばすのが億劫と訴えるようになったのに対して、自分はいまでは心も時間もゆとり十分、上野だろうが六本木だろうが銀座だろうが都心へも出る気十分...という状態にいつのまにかなってしまい、ここ数年は、個展も含めて成田画伯が出展する美術展へ足を運ぶのは、ほぼ自分の役割ということになっている。

さて、まだ肌寒く感ずる早春の季節感を引きずっていた4月の初旬は、外出するとなって着て行くものに迷った。体感のままに冬仕様の延長にすべきか、思い切って春仕様に衣替えして気分を一新するか、なかなか決められなかったのだ。用心して厚着で出た後に気温が上がり暖かくなり過ぎて汗ビッショリになるのも嫌だし、さりとて、少々寒いのを我慢し薄着で出たら結局一日中そのままで風邪をひく破目になっても困ると、皮下脂肪の蓄えのない痩せっポッチの自分は、出掛ける寸前まで迷っていた。
で、その日はどうしたかと言えば、午前中は晴れていた割には風が強く気温もあまり高くなかったので、春仕様の服装にライニング付きのコートを羽織って出掛けることにした。これなら、寒ければそのまま、暑くなったらコートを脱げばいいと単純に思ったからだ。往きの電車の中ではそういったコンビネーションの人をかなり見かけたので、それで正解だったと思っていたが、美術館内に入ったら勝手が違った。当然コートなどは不要なようにエアコンされているので、脱いで片手で持ち歩かなければならなくなった。想定してはいたことだったが、28室ある展示場をずっとそれで歩いていたら思ったよりも重く嵩張り邪魔になって、せめてライニングを外してくればよかったと後悔。

成田画伯の作品 でもそんなことも忘れるほど、どの出展作品も魅力的だった。妙に奇を衒わず、技巧的になり過ぎず、自然で正統的で分かり易く、絵画というものの原点を感じさせてくれるものばかり。ゆっくりと見て回ったこともあって、芯から癒やされた。風景画が多いのでいつもそう感じていたのだが、今回は人物画からも同様の印象を受けた。モデルのタイプやポーズなどが類型化しておらず、他の美術展と一味違う清新さを味わわせてもらった。
成田画伯の今回の作品は、穏やかな内海に浮かぶ沢山の島々。例によって、氏独特の雄大な構図と精緻な筆遣いが圧倒的だった。その絵を拝見しながら若しや今日あたり見えていないものか...などと考えていたら、思いがけずご本人に出会えたのにはビックリ。何しろ、これまではすれ違いばかりで本人同士は20年以上顔を合わせていなかったので、最初はお互いの変わり様にとまどったが、すぐに昔に戻って、家族の近況や過日の大地震のことなど、あちこち話が弾んだ。大地震は実は、ここにも影響を及ぼしていて、この美術展も、停電・節電のため直前まで開催が危ぶまれていたのだそうだ。

すっかり見終わったのが午後1時少し前、館外へ出るとまだ風はやや強かったが、空は青く晴れ上がり気温も上昇して、ジャケットでいても汗ばむほど。軽くランチでもしようかと美術館の正面からブラブラ歩いて東京ミッドタウンに向かったが、この通りには、かつて広告会社の時代、仕事の打ち上げに部下たちを引き連れてよく夜中まで歌い騒いでいた店があったっけ...などと、忘れていたどうでもいいことを思い出した。
ミッドタウンで独りでするランチの店はいつも同じ。若いころと違ってあまりボリュームは要らなくなったし、マナーがどうのこうのと恰好をつけるのが嫌いな方なので、今回も、カジュアルに食べられるセルフサービスのベーグルカフェへ。今日はどれにしようかと一応考えたが結局いつも同じになってしまって、プレーンベーグルにスモークサーモンとレタスを挿んだヤツと豆のスープというメニュー。この店は味は可もなく不可もないが、気楽さが取り柄だ。ただ、喉が渇いていたのでジンジャーエールを頼んだのだが、生姜味ビリビリのブリティッシュブレンドが出てきて、全部飲み切れなかった。

話は飛んで桜のことになるが、4月中旬も過ぎたいまではもう、花より葉の方が目立つようになってきたけれども、今年は例年より1週間ほど開花が遅れたこともあり、このときはまだ5分咲き。いつもなら、地下鉄乃木坂から美術館横の通路に出ると、青山墓地からの桜吹雪が肩に降りかかるのだが、今回はまだそこまで咲き切っていなかった。往き帰りの電車の車窓から見えた鷺沼からたまプラーザへかけての道沿いの桜並木も、その日はせいぜい3~5分咲きというところ。
上野や井の頭など東京都が管理する公園での花見自粛の呼び掛けが何かと物議をかもしているらしいが、個人的には、日中花の下でお弁当を拡げて団欒するぐらいはまったく問題ないと思う。ただ夜間は、節電のためライトアップを止めるのはこの際致し方あるまい。自分が元来酒飲みではないから言うわけではないけれども、夜桜見物と称し夜更けまで野外でドンチャン騒ぎの酒宴をしなければ気が済まないという輩がブツブツ言っているようだが、そんなに飲んで浮かれたければ、それなりの場所で消費した方が、よほど日本経済の活性化に貢献することになるだろうに...と思うのだがどうだろう。

...と、自分が下戸なものだからツイ飲兵衛には厳しい物言いになってしまったが、春という季節には、そして桜という花には、どこか人の心を浮き立たせずにはおかない妖しい魔力が秘められているのかも知れない。こんなことを言っている自分も、毎年彼岸過ぎともなると、近所の公園や学校や神社の桜の開花を、いつの間にか心待ちにしているのだから...。“たかが桜、されど桜”だ。
この日は、美術館の会場内だけでなくミッドタウンの内外もずいぶん歩き回って、気持ちよく疲れ、良い汗をかいた。帰宅してケータイの歩数計を見たら、目標の7000歩を軽くオーバーして1万歩あまり。被災地の方々が未だ不自由な暮らしを強いられ余震の不安に怯えている中、申し訳ない気持ちがしたが、自分にとっては格好の気分転換になった春の一日だった。

桜前線はいま、みちのくのどの辺りまで達しているだろうか...。

|

« 消費のすゝめ――日本復興のために、あえて... | トップページ | カントリーの歌が聞こえる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のひと日:

« 消費のすゝめ――日本復興のために、あえて... | トップページ | カントリーの歌が聞こえる »