« 新春雑記 | トップページ | スタバ、GAP、そしてソーシャルメディア »

2011年1月24日 (月)

就職“超”氷河期というけれど...

このところズッと晴れた日が続いているのは、低血圧の自分としてはたいへん有難い。が、一方で寒さが半端ではないのも、皮下脂肪の蓄えのない自分にはかなり応える。...などと、いつもの個人的お天気談義はどうでもいいことで、日本列島は関東・東海地域を除いて全国的に大雪に見舞われるなど、センター試験の学生たちもだいぶ難儀したようだ。
また、この寒さのせいでもあるまいが、今春卒業予定の大学生たちの就職戦線も、史上稀に見る“超・氷河期”状態とか。彼らの就職内定率は、先週初めに文部科学省と厚生労働省が発表したところによると、2010年12月1日時点で未だ68.8%と、この時期としては過去最低の数字だという。そう言えば、娘がこの就職氷河期の第一世代だった。本人も最大限に努力したが、親もあれこれできることはすべてしたあの頃のことを思い出すと、いまでもこの話題には無関心でいられなくなる。

いまはインターネットを通じて手軽に応募できるため、一人で数多くの企業の求人サイトに登録する学生が年々増え続け、2011年春に卒業予定の大学生のプレエントリー(事前登録)数は平均97社にも達しているという。しかしその分、企業側は事務手数が増大するので、予め採用対象大学を絞る傾向にあり、一部の学生に内定が集中する一方で何十社応募しても決まらない学生が続出するという現象が起きているらしい。
だがこの状況の背景には、どうもそういう理由だけではなくて、中堅・中小企業の採用意欲は旺盛なのに学生の方は大企業志向が強いという、構造的なズレというかミスマッチがあるようだ。今春卒業予定の大学生の求人倍率は、計算すると確かに従業員数5000人以上のいわゆる大企業に関しては0.47倍というシビアな数字になるが、1000人未満の中堅企業の場合にはそれが2.16倍に緩み、300人未満の中小企業だと4.41倍というかなり余裕の数字になるそうだ。

この不景気の状況下、どこでもいいから経営が安定し内情のある程度わかる国内大企業に入りたいという心情はわからなくもないが、学生時代に訣別するこれからがいよいよ自分の夢実現の本番と思うならば、それだけが最良の選択肢と思い込まず、もっと大きく目を見開いて、特色のある中堅・中小企業やベンチャー・外資企業などをも応募の対象に入れるという、柔軟な価値観を持ってもいいのではないかと、自分などは考える。
そして、大企業ならばどんな業種の会社でもいいと、やたら数多くの企業に応募しまくるのではなくて、自分は何を目指したいのか、いま何に興味があり何が得意なのかなどをよく考えて、企業規模の大小はあまり気にせず志望分野を絞り、そこに集中した方が、かえって効率の良い就職活動ができるのではないかとも思う。つまり、誰かも書いていたが、“企業に選ばれる”よりも自分で“企業を選ぶ”という発想をする必要があると思うのだ。

大企業に入社し、与えられる仕事に不平不満は言わず、組織の一員としてそこそこ安定したサラリーマン人生を全うすることができたら、それはそれで結構なことであり、そういう生き方をとやかく言うつもりはない。けれども、中小企業に就職し、苦労はあっても、また必ずしも安定ばかりは得られなくとも、興味が持てて自分の力を発揮できる仕事に巡り合い、ずっとその道で生きることができたら、これまた幸せな人生と言ってもいいのではないだろうか?
これは、どちらが良いかという比較の問題ではなく、人それぞれの考え方次第ということで、どちらも有りだと思う。ところが、そこのところがよくわからず、大手企業に入社しさえすれば自然に幸せな道が開けるのだろうという程度に考えて就職し、直ぐに“こんなはずでは...”という壁に突き当たる新入社員も多いと聞く。事実、この超氷河期の中で、2010年度の新入社員の多くが入社半年の間に仕事に対するモチベーションを下げ、50%以上が退社を意識しながら働いているという調査結果も報告されている(こういうのを「青い鳥症候群」と言うらしい)。

余計なお世話で見当違いかも知れないとは思いながらも、ツイこんなことを書き出したのは、いまの大学新卒者は“誰もが大企業志向”で“業種は何でも”よく、折角就職してもすぐ“青い鳥症候群”に罹ってしまう、といった報道に触れて、自分たちが同じ年ごろだった時代とはずいぶん就職観が変わったものだという感懐を抱き、何を甘いことを...と感じたからだった。教育のせいかそれとも社会環境の反映だろうか、いまどきの若い人たちは、個性を発揮して生き方に多様な道を模索するという選択をしなく(できなく?)なったが、それは何だかチョッと淋しいし、考えようによってはいささか気の毒な気もする。
そこへ行くと自分などはあの頃、就職先を志望するときには企業の知名度くらいは気にしたものの、規模とか安定度とかはほとんどと言っていいほど意識せず、ただ単に、やりたいこと、またはそれに近いことができそうな会社を、限られた情報(大学就職課の壁に張り出される求人ビラ)の中から見つけ出しては順次応募していただけだった。その頃でも、いわゆる大企業からの求人は当然かなりあったはずだが、常識的な就職観からやや外れていたらしい自分は、そういった情報にはまったく目が行かなかった。

そんな就活の結果、自分が入社したのは米資系の雑誌出版社。当時、世界最大の発行部数とか言っていたので知名度は高かったが、日本法人としての実態は従業員数300人程度の中小企業にすぎなかった。卒業後に消息を知らせ合った友人たちの大半は、銀行・保険・通信・飲料・燃料・商社・鉄鋼・自動車・事務機・電機・流通などの大手企業に入社していたが、自分にはそれが一向に羨ましいとも思えず、むしろ、個性や自己主張を重んじ最初から志望に近い仕事に取り組ませてくれる会社に入れたことに満足していた。
志望だった物書きの近道になるかと思って出版社に入り編集に採用されたはずだったが、入社2~3年して気がついたらいつの間にかマーケティングの仕事に首を突っ込み、商品企画や販売計画に携わり広告コピーも書くようになっていた。その中で、外部のメーカーや広告会社などとのビジネス・ネットワークも生まれ、親会社・姉妹会社間の国際人脈も広がり、重要な事業部門を任され収益に責任を持つ立場になって、仕事が面白くなり欲も出て夢中で頑張っているうちに、マーケティングの専門能力と英語力も身についた。

もし自分が国内資本の大企業に入社していたら、とてもそんなわけには行かなかっただろう。多分、出る釘として打たれ、生意気だと干されて、何も身につかぬままそこを飛び出してしまい、顧みて自分でも満足しているいまのようなゴールには辿り着けていなかったと思う。その意味で、最初の就職に際しての自分の選択は、一般的な観念に照らしてどうあれ、結果的に的外れではなかったということになる。
もちろん人それぞれだし、企業も生き物だから、自分のような就職観が常に誰にでも当てはまるとは思わないが、そのような考え方をすることは少なくとも、機会の門戸を拡げ、志望の可能性を高め、納得できる生き方を見つける近道になるのではないかとは思う。自分の場合も、最初の会社が足掛かりとなって、45年間に働き場所こそ数回変えたが、ついに仕事分野は変えることなくキャリアを全うし、いまもその道で、ささやかながら他人様に必要とされているらしいことを感じつつ、張り合いのある日々を送ることができている。

現在まだ就活中の学生諸君とは、生きてきた時代も違えば、年齢も祖父と孫ほど隔たるわけだから、自分などの経験や信念を語っても何の参考にもならないかも知れないが、この国のこれからを担ってもらわなければならないそういう人たちのまだかなりの部分が相応しいスタート地点に立てないでいるという話を聞くと、実際には何もできなくとも、せめて応援の気持ちだけでも伝えたいと思う。
当の学生諸君がこれを読んでいるかどうかわからないけれども、とりあえずここでエール代わりに、時空を超えて人生の真実を衝く中国古典由来の処世訓を贈っておこう。それは『鶏口となるも牛後となるなかれ』――就職哲学として噛み砕けば、“大手企業に入って個を抑え組織の歯車になるよりも、小規模企業に入り個を発揮して経営に直接参画するような生き方を選べ”ということだ。JALやGM やリーマンブラザーズや山一證券は不滅ではなかったし、ソニーもパナソニックもアップルもグーグルも、みんな初めはベンチャーだった。どんな会社が良い会社なのかは最初から決まっていたわけではない。

就職超氷河期とはいうけれど、固定観念に囚われず、受動的ではなく能動的に考えれば必ず道は開けると思う。いい就職となるかどうかは諸君次第。 健闘を祈る!

|

« 新春雑記 | トップページ | スタバ、GAP、そしてソーシャルメディア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 就職“超”氷河期というけれど...:

« 新春雑記 | トップページ | スタバ、GAP、そしてソーシャルメディア »