« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月18日 (月)

“痩せマッチョ”を目指す

昨年の夏に胃の手術(内視鏡でポリープを摘出しただけだから大したことではなかったが)をして以来、すっかり小食になってしまった。直後数ヵ月、ドクターの指示に従って食事の内容・量・摂取し方などを意識してコントロールしているうちに自然にそうなり、体重も、成人以来最軽レベルまで落ちた。
そのことの原因なのか結果なのかわからないが、外でも内でも和食にする機会が多くなった。けれども決して、洋食(言い方が古いネ!)や肉類が嫌いになったわけではない。とは言え、ボリュームだけでなく脂肪分が多く含まれる食事はやはりダメで、たまに目と気持ちだけは欲しくなって何度もトライしたが、以前のようなわけには行かず、食事半ばでたちまちギブアップし食後も消化に苦労した。

昔は、特に脂っこいものが好きと言うほどではなかったにしても、ステーキや焼肉が嫌いではなく、昼夜となく六本木や赤坂に出没、銀座・新橋・日本橋方面に出かけたときには鰻や天麩羅にすることもしょっちゅうだったし、家でも、すき焼きやトンカツのときなどは大喜びして、美味しければ美味しいほど腹一杯に食べていたのに...。
そんな自分もさすがに最近は、己の許容量と範囲というものを自覚したので、家内には“ご飯もおかずも、少なめに、少なめに...”とお願いしている。が、どうやらかつての食べっぷりがトラウマとなっているようで、“それにしてもあまり少なくては...”との懸念からか、まだ適量まで減らしきってもらっておらず、こちらも、育ち盛りにひもじかった戦中派の性で、残さずそれを平らげてしまっては、後で独り参っている。

そんな自分勝手は言っているものの、この1~2年は在宅していることが多くなったので、家内には食事のことでだいぶ世話をかけている。だから、ときどき外食に誘うのだが、その際も最近は、小食になったために行き先が限られてしまう。ディナーはもちろんのこと、ランチでも、フレンチや中華のフルコースはとても無理で、あれこれ考えた末、結局いつも、イタリアンのパスタかピッツァにでもするかということになる。
わがままはそれだけではなく、パスタならオイル系やクリーム系よりは野菜系、さらにどちらかと言えばパスタ類よりはピッツァの方が好ましく、具沢山にしたものよりも、バジルとトマトだけのシンプルなマルゲリータのようなものがよくなり、クリスピーでもホールは食べきれずに、八つ切りの1~2切れを残してしまう。サイドは、スープやデザートまで頼んだらもてあますので、せいぜいサラダにドリンク止まり。

仕事で外へ出たときのランチも、独りなら軽めのサンドイッチか饂飩・蕎麦くらいがちょうどいい。そんなだから、誰かと会食するときには店の選択に気を遣わせてしまって、いつも申し訳なく思う。昔は、昼食をザル1枚で済ませているご老体を横目で見て、あんな少量で食べた気がするのかと信じられなかったが、いまは自分がそうなってしまった。
でも、日本国内ならば、外でそういう食べ方をしていてもそんなに奇異な目で見られないからまだいいが、外国のレストランなどでは、少ししか食べないことを説明しなければならないような気がして、余計な神経を遣ってしまう。若いころは世界中どこへ行っても、かなりの長期間、量・質ともに現地スタイルの食事が続いて平気だったが、還暦を越したあたりから、チョッとの滞在でもすぐに日本食が恋しくなる体質になってしまった。

軽め、あっさり系で、カジュアルな食事が好ましくなり、独り旅や内輪のときなどは、ほとんどホテルのレストランなどへは入らず、たとえばニューヨークだったら、朝は屋台からベーグル1個とコーヒー1杯をテークアウト、昼は街の小さなカフェでカップスープにサンドイッチ、そして夜はできれば和食ダイナーで鮨か麺類に日本茶ということに。
仕事その他の関係で、どうしてもチャンとした店でフォーマルな食事をしなければならないときは、好みのオードブルを2品選んで“ダブル・オードブル”とオーダーする。敬愛する老ニューヨーカーにして未だ現役コピーライターの大先輩、トム・コリンズに教わった“シニア向き”メニューの選び方で、これでお店側も同席者も納得する。

さて、ここまでさんざん、食が細くなったの、痩せたのと、ショボくれた話ばかりしてきたが、小食は決して悪いことではなく、食べる量を減らした方が寿命は延びるという説もあるようだ。食事から摂取するカロリーを制限することで、身体全体の細胞にダメージを与える「フリーラジカル」と呼ばれる化学物質の生成量が削減され、「スーパーオキシドジムスターゼ」や「グルタチオン」という抗酸化物質の合成量が劇的に高まって、それが身体全体の生物学的年齢を若くする、すなわち老化プロセスを遅らせるというのだ。
その裏付けとして、食事量を30~40%減らした低カロリー食の実験動物は、通常よりも1.3倍から1.5倍長生きし、実年齢は同じでも生物学的年齢では半分ほどしか齢をとらない、とジーン・カーパー(米国を代表する医学ジャーナリストで健康と栄養の権威)も書いているし、長寿県沖縄に住む高齢者は、本土日本人とくらべて摂取カロリーは17~40%低く、慢性病に罹る率は30~40%低いというデータもある。

さらに重要なことは、この“身体全体の老化防止”という意味の中には“精神機能”も含まれるという事実で、それは極言すれば“軽度の飢餓はアルツハイマーなどの神経性疾患から脳を守る”ということになる。ケンタッキー大学サンダース・ブラウン老化センターの神経生物学者で脳研究の権威、マーク・マットソン博士も、“カロリーを少なくすることが脳を救うためにできる最も効率の良い方法の一つだ”と言っている。
食べ過ぎは、脳細胞のダメージへの抵抗力を落とし、逆にカロリー制限は神経細胞を元気にしてダメージへの抵抗力を高める――摂取カロリーを減らした“軽度の飢餓”によってストレスを与えられた神経細胞では、特定の遺伝子にスイッチが入り、脳内での成長因子の生成量が高まって、脳細胞を破壊する原因になるフリーラジカルへの抵抗力が増大する――というのが彼の推論だ。

ウエブ・ザッピングをしていてそんな要旨の記事が目にとまり、興味が湧いてフムフムと読んでいたら、折しもビッグ・ニュースが飛び込んできた。北海道大学名誉教授の鈴木章氏と米パデュー大学特別教授の根岸英一氏のノーベル化学賞受賞の知らせだ。このことを知って、日本国民の一人として心より嬉しく目出度く思う気持ちになったのはもちろんだが、自分個人としても、人知れず“ビビッ”と来るものがあった。
鈴木先生が80歳、根岸先生でも75歳で、自分よりも2~7歳年上なのに、お二方とも極めて若々しくお話しも明快、また研究・教育意欲も旺盛なのを拝見して、仕事はマイペースで...などと、いささか年寄りじみたことを言っていた我が身を大反省。と同時に、そのとき読んでいた上記のコンテンツが頭の中でひらめいて、両先生のあの若さの秘訣はヒョッとしたら食生活にもあるのではないか...と想像した。客観的根拠はないのだが、自分たちと同世代の両賢夫人の何気ない言葉から、そう思えたのだ。

時を同じくしてテレビや新聞には、“65歳以上の高齢者の体力・運動能力は12年連続でアップしている”というニュースが報道されていた。背景には高齢者が積極的に何らかのエクササイズをする時間が増えてきたことがある、と指摘されていたが、実際に路上でのジョギング、ジムでのトレーニング中にテレビのインタービューを受けていた溌剌とした80代・90代の男性たちを見て、これにもまた、いたく刺激を受けた。
もと体育会なので、単純と笑われるかも知れないが、まだ古稀にもならないうちにスポーツから離れてしまっていたのはやはり早計過ぎたと、早速考えを改めた。ムッシュの散歩ぐらいがちょうどいいなどと、ご隠居さん的ライフスタイルに満足してないで、来月の手術が終わったら、この十年あまり会費を払い込んでいるだけでトンとご無沙汰していたゴルフコースにもまた出かけ、ジム通いも再開しようかと思う。イヤ、マジで...。

“健全な精神は健全な肉体に宿る”とも言うし、心身共に健康になってもう一仕事も二仕事もするため、小食で痩せるだけでなく筋トレなどもして、“痩せマッチョ”を目指す!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

清里の地デジ化

富士山 このところ、晴れたかと思うとまた降ったり...なかなか空模様が安定しない。でも、“暑さ寒さも彼岸まで”とはまことによく言ったもので、あれ以来たしかに、季節が切り替わったように感じられる。記録的な酷暑とか熱中症とか騒いでいたのもついこの間だったような気がするが、いまではずっと遠い以前のことだったようにさえ思える。
そんな季節の変わり目で、もう暑気を逃れる必要はほとんどなかったのだが、チョイと約束していた用事があって、先月の下旬、連休という世間様の賑わいが一段落した後に清里の山荘に赴き、めっきり肌寒くなり人気も少なくなった森の中に数日間滞在して、富士山が初冠雪したという日に帰ってきた。

オニアザミ ちょうどその一か月前になる前回は、猛暑からの脱出としてタイミングがドンぴしゃり、先取りの初秋の気配に身も心も癒やされたが、そのときとくらべると今回は、日中はともかく朝夕はグッと気温が下がって、もはや完全な秋。 ...にもかかわらず、目に映る周囲の景色にはさほど変化が現れておらず、何だか奇妙な感じがした。
気温は昼間でも13~14度までしか上がらない日があり、夜間は10度を切ることもあったのに、森はまだ見渡す限り青々として、ほとんど紅葉していないのだ。例年ならあちこちにニョキニョキと顔を出しているはずのお馴染みのキノコたちの姿もさっぱり見えず、秋の草花も、オニアザミくらいしか見かけることができなかった。

ところで今回の用事というのは、表題の通り、山荘のテレビの地デジ対応型への変更。とりあえずリビング・ダイニング用の1台だけにして、家内も自分も私室用はなお検討中だが、アナログ放送からの完全移行まであと1年もないのにそんな状況でグズグズしているについては、いろいろこの地域特有の理由があった。
そもそも、一口に清里と言っても我が山荘のあたりは、標高1400メートル、北西間近に八ヶ岳の山々が迫り、カラマツやモミなど針葉樹林の中高木に囲まれた、もともとの難視聴エリア。これまでにアナログ放送も、山荘を建てて10年も経たないうちに樹木が伸び過ぎたとかで受信状態が悪くなり、アンテナを取替えて、それを屋根の最も高い位置に付け替えなければならなかった。

そうしてその後の十何年間は、まずまず無難に、テレビ東京(アナログ12、デジタル7チャンネル)を除く東京のキー局を、地元山梨県あるいは隣接の長野・静岡県の系列局を経由するかたちで視聴できていたのだが、こういう難しいエリアがかなりの部分を占めている北杜市(清里つまり高根町を含む大泉・長坂・小淵沢・須玉・明野・武川・白州などの旧町村)ではかねてから、ケーブルテレビのネットワーク化が推進されていた。
したがって地デジ化にあたっても当然のように、中継局の位置とカバー・エリアの問題で、アンテナを替えても必ずしも電波が届くかどうかわからないと、この「清里の森」ではケーブル経由が最優先で推奨されており、将来新しい中継局ができてこの辺りもカバーされるようになりそうなのか、いつごろになったらその可否がわかるのかという疑問については、これまでのところ一向に埒が明かなかった。

横浜の家も以前からケーブルテレビだったから、ケーブルを引き込めばいいのはわかり切っていたが、そうすると、地元民でない者は加入金から工事費からすべてが自己負担になって、最初に何万円もの固定費用がかかり、年に7~8回くらいしか来ず各数日間しか滞在しないのに、毎月定額の使用料を支払わなければならなくなる。
で、それはあまりにも...如何なものか...と二の足を踏んでいたわけだが、そのうち、山へ来たときぐらい、そうまでしてテレビを見なくとも...と思わないでもなくなったりして、堂々巡りをしていた。が、やっぱり、娯楽はともかくニュースがリアルタイムに入らないのも困ると思って、再度、地デジ化を検討する気持ちに。

さんざん思案の末、地デジ対応型のテレビをこの辺の住民に納品している家電店なら、電波のリーチ実態、アンテナの可能性と限界などを熟知しているはずと見当をつけて、一昨年の半年ステイ以来、洗濯機を買い替えたりパソコンの部品・用品を買ったりと何かにつけて立ち寄っていた、韮崎市の量販店N電機に聞いてみることにした。
すると、UHFのアンテナが立っていれば、我が山荘の辺りでも、NHK2局と地元山梨の2局の合計4つのチャネルは視聴できるので、現在のアンテナがUHF放送も受信できるものだったら、テレビだけ地デジ対応のものに替えればいいし、そうでないアンテナだったらアンテナも替えればそれでOK、という具体的なことがわかり、それじゃあテレビを買うから、配送がてらアンテナもチェックしに来てもらおうか...という話になった。

今回山荘に来たのは、実は、その配送とチェックの約束の日に合わせたわけで、その日を決めるにあたっては、横浜・韮崎間で何度も電話でお互いの都合を摺り合わせた。こちらも、通院その他の所用があって、いつでもいいというわけには行かなかったが、N電機の方も、各社モデルが売れまくって、在庫調達と配送がすぐには間に合わないほどだったようで、聞いてみれば景気が悪くない業界もあるものだということがわかった。
当日、まずは現在のアンテナをチェックしてもらったところ、何と幸いなことに、UHFが受信できるものだった!前回取り替えたときの記憶は明確ではないが、そのときの電気屋さんが、今日を見越して気を利かしてくれていたのだろうか。ともあれ、前記の4つの地デジ・チャネルはきれいに受信、長野と静岡のチャネルは基本的にはムリなのだが、何かの拍子に静岡も映ることがあるようになった。チャネル数が減って多少調子は狂うが、マア、山の中に短期滞在するには上等としなければならないだろう。

これで理屈がわかったから、次は家内の寝室用のテレビの地デジ化と思っている。いまのところは、地デジ化した新しいチャネルには入らないアナログ・チャネルの番組などが見られるから、その意味でしばらくの間は役に立っているけれども、早晩、チューナーに接続するか、地デジ対応型に買い替えなければならないのは必然だ。家内はギリギリまで待って、チューナーの購入価格と、新機種にした場合の現機種の下取り額やエコポイントなどを比較した上で、どちらにするかを決めると言っているが...。
同じ理由で家内は、横浜の家の寝室用のテレビもまだ、地デジ対応型に替えていない。清里のものと同じく液晶薄型のコンパクトなタイプで画面もきれいだし、買い替えるのももったいないと言うのだが、リビングもダイニングも、それに自分の書斎兼寝室も全部地デジ対応型にしているし、家内のところだけそうではないのは、どうも気が退ける。点数を稼ごうというわけではないが、チューナーや接続ケーブルなどが増えると何かと邪魔になるから新機種をプレゼントさせてくれと、いまお願いしているところだ。

さて、今回の山荘行では懸案だった問題を解決してきたので、まずは一安心だが、できれば、完全に寒くなり切らないうちにもう一度行って、さらにその後で本年度のクローズとしたいところ。だが、今年はこれから、11月下旬の手術のため事前諸検査があったり、体調管理に気をつけて過ごさなければならなかったりするので、実際は恐らく、あと1回、10月末から11月初めにかけてというのが最後になるかも知れない。
そのころはきっと、森もすっかり美しく色づいているだろうが、いまも、あれから1週間以上経っているから、もう紅葉・黄葉が始まっているかもしれないし、夜間・早朝は冷え込みがいっそう厳しくなっているに違いない。

ハナミズキ ここ横浜の家も、庭のハナミズキが一雨ごとに紅さを増し、すっかり秋らしくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »