« 八月は夢花火... | トップページ | 潮の香り »

2010年8月23日 (月)

つかの間の別天地

先週、雨が降って出足をくじかれ、予定より2日遅れで清里の山荘に向かったが、お盆休み最後の土曜日だったのに中央道下りは途中渋滞もなく、滞在期間も期せずして平地の猛暑日とピッタリ重なって、結果的に絶好のタイミングとなった。
特に到着した日は、夜間20度まで気温が下がり、半袖では肌寒く感じるほどで、今回はいくら何でももう必要ないだろうと仕舞い込んであったカーディガンを、また引っ張り出して羽織る始末。風呂は、夏になってから横浜の家ではシャワーだけで済ませていたが、清里の山荘では久し振りに湯を張ってゆっくりと浸った。ベッドも、翌日からは毛布だけで足りたが、この初日は布団を掛けても暑過ぎるということがなかった。

寒いほどの冷気のお蔭でその夜は、全員久し振りに寝苦しさを忘れて熟睡、翌朝は木漏れ日と小鳥の声でやっと目が覚めた。窓を開けると流れ込んできた森の空気が何とも清冽で、昨日までの横浜の暑い朝が嘘のようだった。早速、朝食前にムッシュと散歩に出たが、カラマツやモミやトウヒなどの針葉樹から発散される芳香が鼻に心地よく、人犬共に思わず歩がはかどった。
自分もパソコンはおいてきたし、家内もチェックするスーパーのチラシもなし、二人とも午前中はひたすら休息する他なく、珍しく食卓に座ったままテレビ漬け。見るともなく画面に目をやっていると、何と東京は朝からグングン気温が上がり、今年最高の暑さになりそうと言っていた。が、ここは、窓辺の温度計で21度、申し訳ないような涼しさだった。

「清里の森」ではこの夏中、「涼風祭」と銘打った管理公社と有志が主催する各種イベントの昨年に続く第2回が進行中だが、この日は午後から音楽堂で、N響メンバーによるクインテットでの室内楽コンサートがあるというので出かけてみた。バイオリンが金田幸男と船木陽子、ヴィオラが井野辺大輔、チェロが藤村俊介、ピアノが梅村祐子という例年お馴染みの編成で、アンコールも含め7曲を演奏。
定員300人でステージも狭く、シートもベンチ式という簡素で小さなホールだが、立ち見も出る盛況。周囲は林と草原なので、両サイドの開放された窓から窓へ、とき折りそよ風が通り抜ける。ボストン郊外のタングルウッド・コンサートとまでは行かなかったけれども野外演奏会の気分は満点で、聴衆も普段着のままならば、奏者も上着なしの私服でリラックス。モーツアルト、シューマン、ドヴォルザークなどの小品で、癒やしの2時間を過ごさせてもらった。

その翌日も東京・横浜では、前日を超える猛暑とのニュース。早朝でもなければ、人間はともかくワンコの散歩はとても無理なところだが、有難いことにこちらは屋外でも一日中快適なコンディション。毎日、朝に昼に夕に、何度でも出歩きたい気分になり、ムッシュも喜んで従いてきたが、そうしているうちにチョッとしたことに気がついた。
例年ならお盆を過ぎると、森の中は潮が引いたように人影が少なくなるのだが、今年は一向にそのきざしがなく、引き続き滞在している人も多い上に、週が改まってから出てくる人さえ少なからず見られた。昨年と違って高速道料金の夏休み期間特別割引が廃止され人出が分散したことにもよるかも知れないが、どうも、勢いの衰える気配の見えないこの暑さのために平地から避難してくる人々が後を絶たないというのが本当のところではないかという気がする。

森の中の植物相 森の中の植物相も、何かいつもの夏とは違うような気がした。木々の緑はまだまだ夏色に深く、半面、地上の花の色がバカに少ないのだ。例年のいまごろだと、森はもう夏のピークを過ぎて、そこかしこにオオマツヨイグサの黄色い花が風に揺れ、薄紅色の花をいっぱいにつけたハギが咲き乱れているはずなのに、目につくのは青紫色のギボシとソバナくらい。それもチョボチョボだ。雨が少なく水分が足りなかったのかも知れない。
けれども、晴天続きで湿度が少なくなっていたためか、大気はサラサラと肌に気持ちよく、庭の草むしりや木の枝の剪定など相当な労働をしてビッショリ汗をかいても、すぐにそれが引っ込んで乾いてしまうのには助かった。でも、通りがかったご近所のおバアちゃんから、“ご精が出ますね、お若いですね”などとお世辞を言われて、ツイ頑張ってしまい、その後は反動で前後不覚に昼寝した。

今回は特に行きたいところがあったわけでなし、森から出ずに、もっぱら山荘で休養と思っていたが、数日過ぎると持参してきた読み物やオヤツも底をついてきて、コンビニくらいは行こうかということになり、141号線沿いのセブンイレブンまで足を運んだ。ついでに道の向かい側に渡って「萌木の村」を一廻り、ムッシュを遊ばせてきた。森の中ではたまにしか会えなかったワン友に、ここでは沢山会うことができて、彼もご機嫌のようだった。
チャンとした店まで遠出するのは時間もかかるし何かと手間だが、たまには外食もしないと家内に負担がかかり過ぎるだろうと、管理公社経営のテニスコート・クラブハウス・カフェの「木の里」に十何年ぶりかでランチに行ってみたら、いつもは事務所の方にいるお馴染みのAさんがキッチンに入っていて、オヤオヤということに。メニューはいつも同じで限られたものしかないが味は悪くなく、これからも、しょっちゅうでは飽きてしまうにしてもたまには利用するかという気になった。

真夏とは思えないほど涼しい山の別天地での一週間はアッという間に過ぎ、平地に戻らなければならない日がやって来た。自分の家なのだからいつでも好きなときに来て、好きなだけ滞在していればいいようなものだが、これでもまだ浮世のしがらみが何かとあって、自然にいろいろな予定でカレンダーが埋まって行き、飽きるほど長くこちらに来ているというわけにはなかなか行かない。
そうしてみると、横浜の家の建て替えで夏から年末までをズッと山荘で暮らしていた一昨年の半年間は、つくづく意義深い日々であったと改めて思う。横浜の本宅と清里の山荘間を往復すること自体がそろそろキツくなり、この2ヵ所の建物と庭の維持・管理も心身の大きな負担と感ずるようになってきた近ごろは、この清里の夏の至福感をいつまで味わい続けられるのかと、フと考えることもある。

とり立ててどこへ行ったというわけでもなく、何を食べたというわけでもなし、普段できなかった何かがやっとできたというほどでもなかったが、ともあれ、東京や横浜でいちばん暑さの厳しかったこの時期を、つかの間だけでも涼しい清里の森の中で過ごせたのは何よりの幸せだった。
...と、いまは暑い横浜でその余韻に浸っている他ないが、残暑のうちにもう一度くらいは山に戻りたい。でも、すでに何かと予定が入り始めているので、果たしてどうなることか...。

|

« 八月は夢花火... | トップページ | 潮の香り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つかの間の別天地:

« 八月は夢花火... | トップページ | 潮の香り »