« 社内公用語=英語に戸惑っているお父さんへ | トップページ | 八月は夢花火... »

2010年7月26日 (月)

マーケターは長生きするのか?

ついこの間まで、“鬱陶しい...”とか“カッたるい...”とか梅雨に文句をつけていたが、明けたらこんどは、“寝苦しい...”とか“脳みそが茹だりそう...”とか猛暑を嘆いている。実のところは、仕事に集中できないのをそれにかこつけて、誰に言うともなく無意識のうちに言い訳をしているのだが...。
そんな腑甲斐ない自分に引き比べ、米国の大先輩たちが卆寿に達してなお元気な様子を最近の業界誌(デジタル版)で知って、感嘆するとともに、自分ももっとシャキッとせねばと改めて思った。

「DMNews」や「Marketwire」によれば、偉大な広告マンにして“ダイレクトマーケティングの父”とも言われているレスター・ワンダーマンは、先月6月21日に、90歳の誕生日を迎えたという。彼とはこれまで、特に一緒に仕事をする機会があったわけではなく、25年前に東京のホテル・オークラで会って食事をしながら意見交換をしたことがあっただけの間柄だが、そのとき既に“好々爺”という感じだったのに、未だ(と言っては失礼だが)赫灼として日々の仕事に携わっているというから驚いてしまう。
言うまでもなくWPPグループ系のダイレクトマーケティング・エージェンシー「ワンダーマン」の創立者だが、世界55ヵ国にオフィスを持つまでになった現在、その実際の経営責任はCEOのダニエル・モレルが引き受けており、組織上の彼の立場は名誉会長ということになっている。にもかかわらず、彼は今もって、クライアントと会談しスタッフにアドバイスを与えるため毎日ニューヨークのオフィスに詰めているそうで、上記の業界誌のインタビューでも、今後の展望を聞かれて “ワンダーマンというブランドをこれからも世界の隅々まで広めて行きたい”と、尽きない事業意欲を燃やしている。

もう一人、元気な大先輩がいる。名著「Maxi Marketing」の著者として知られ、“ダイレクトマーケティングのアイコン”とも呼ばれているスタン・ラップで、その近況とインタビュー記事が、たまたま上記と同時期の「DMNews」や「SUCCESS」に掲載されていた。現在彼は、独立系のデジタルマーケティング・エージェンシー「エンゲージ」の会長職にあるが、もとはと言えば、ワンダーマンと並ぶグローバル・ダイレクトマーケティング・エージェンシー「ラップ・コリンズ」の創立者。
自分もかつて、同社の世界進出期に日本オフィスを預かり、彼とは同志の一員として苦楽を共にし、マーケターとしてもさまざまなことを学ばせてもらったので、彼のパートナーのトム・コリンズと共にどの先輩よりも親しく思い、つい近年まで、ニューヨークに行ったときには努めて顔を見せ、グリーティングのやりとりも欠かさないようにしてきた。けれどもここ数年、いつの間にか、どちらからともなくそれが自然省略のかたちになってしまっていたので、元気でいるか、仕事は続けているのかと気にしていた。

ところが「SUCCESS」誌上の近影を見ると、確かに白いものが目立つようにはなったものの風貌や姿勢は昔とあまり変わっていない。ワンダーマンよりは少し年下のはずだが、こちらも四捨五入すればアラ卆寿。なのに、意欲的・精力的に執筆・講演をこなし、相変らずの鋭い観察眼で業界のトレンドをリード、いまは特にソーシャル・メディアに注目して、“これからのダイレクトマーケティングは「ワン・トゥ・ワン・トゥ・エブリワン」”など、ウケそうなフレーズを連発している。
ところでこの2人はいまダイレクトマーケティングについて、表現は違っても同じ意味の重要なことを言っている。“自分がダイレクトマーケティングと名づけた業態は最早その言葉では表し切れなくなっている”(ワンダーマン)、“すべてのマーケティングはダイレクトマーケティング化しダイレクトマーケティングも再ブランディングすべき時期に来ている”(スタン・ラップ)というのがそれだが、自分も、5年前に上梓した「体系ダイレクトマーケティング」の序文でそれに共通する見解を述べているので、改めて意を強くした。

ともあれ、彼らのますますの健在ぶりは驚嘆に値するが、人は彼らのように常に意欲を持ち続け先を見続けて生きると、老いることを忘れてしまうのだろうか?自分などはセミ・リタイアのようなつもりになって、“マイペースで好きなことだけ”などと嘯き、顧問業と名誉職そしてときたまの頼まれ講演のようなことぐらいしかこなしていないが、“無理をしない”という美名にかくれたそういうライフスタイルは、かえって老いを早めることに繋がってしまうかも知れないと反省した。
マ、平均寿命まで行けば、それ以上の欲は出さないつもりでいるけれども、その間に自分の仕事人生の総仕上げとして完成を見ておきたいことはいくつかある。もちろん、いまさら得手でもない事業意欲などは起こさないが、あと何冊か本を残しておきたいと思っているのだ。出版社から特に依頼を受けているわけでもなく、既著の読者や業界関係者などから望まれ、自分もその必要を感じているというのが理由で、だいぶ前からテーマは決めてあり、どれから手を着けようかと繰り返し計画だけは練っている。が、誰とも締め切りの約束をしていないせいか、尻には一向に火がつかないまま。

しかし今回は、ワンダーマンとスタン・ラップの近況を知っていささか刺激を受け、自分も妙にご隠居気分でいないで、ここらでまた少し発奮してみようかという気になった。この暑い夏が終ったらいよいよ計画を行動に移すとするか。でも、そんな先の予定にしていると、またその予定がもっと先にズレ込んでしまうことになる恐れもあるから速やかに着手すべきではないのか...だけど暑い...と、思いは堂々巡り。
かくなる上は、手をつけ易いところから少しずつ...ということで、2004年から2006年にかけて業界誌に連載した「ダイレクトマーケティング・グラフィティ」の大幅増補・改訂から始めようかと思う。ワンダーマンの「改訂版・Being Direct」に啓発されて既に3年半前(当ブログ07年1月22日)にも執筆宣言していることもあって、いくら何でもこのあたりで取りかからねば面目が立たぬ。連載は2年間24回だったが、今回は12回分増やして全36章仕立てにしようと思う。特に意識しているのは、単なる読み物ではなくて役に立つマーケティング知識・事例も含まれている実用書にしたいということ。

ところで、本当はこれより先に出す必要のあった本がある。ソフトカバーでコンパクトな学生・新人マーケター向けのダイレクトマーケティング基本書で、これも06年1月17日のブログで花火を打ち上げたままになっていた。にもかかわらずこちらを後回しにした理由は、これの底本にするつもりだった「体系ダイレクトマーケティング」の一部が、この5年間で市場実態に十分対応しているとは言い難くなり、そちらを先にアップデートする必要に迫られているからだ。
言うまでもなくその一部とは、インターネットというメディア、デジタルあるいはオンラインというかたちでのマーケティングに関わる部分のことだ。正直言ってこの部分については現役中に実務に携われなかったこともあり、その後情報では武装し、傍らで多少のプロジェクトに関わらせてもらったことはあったが、まだ、読者を納得させられる新しいコンテンツが書けそうな段階には至っていない。特に、ソーシャル・メディア、モバイル・アプリケーションは、もう少し勉強が必要だ。でもこの基本書と体系ダイレクトマーケティングの新訂版は、必ず実現しようと思うし、しなければならないと思っている。

余談だが、ここで“マーケティング随論”というカテゴリーで書いてきたものが、もう50篇近く貯まった。どれも、それなりに精一杯文献・データを当たり、客観性と文責を意識して書いてきたので、このまま埋もれさせてしまうには忍びない気持ちがある。またその他にも、頼まれて書いてきた広告・CRM・コールセンターサービスなどに関するコラムが36篇ほどあり、「DRM要語録」という連載をもとにまとめた“ダイレクトマーケティング用語集”のような原稿も、手もとに眠らせている。
あれもこれもと欲を出せばキリがないが、せっかく力を入れて書いたものだし、関係する仕事に就いている人にはきっと役に立つはずと思えるだけに、いつか何らかのかたちで陽の目を見させることができればと思う。いまここで思いついたのだが、“マーケティング随論”などは時系列で書いているだけに、「改新版・ダイレクトマーケティング・グラフィティ」の付録的コンテンツにしてもいいかも知れない。

...と、話題はワンダーマンとスタン・ラップの近況から自分のこれからの抱負に繋げ、ここでまた強引にオチに持って行くが、どうやら人は、ただ病気にならないように気をつけているだけでなく、“仕事に情熱を燃やし続け頭を使い続けていると長生きする”そうだ。今回のテーマからこじつけているわけではない。いろいろ資料を調べてみると、チャンとその根拠が示されている。

サテそれでは、暑いけれども、いまからボチボチ始めようか...。

|

« 社内公用語=英語に戸惑っているお父さんへ | トップページ | 八月は夢花火... »

コメント

先生、今、Googleで「随論」と打ったら先生のブログが一番に表示されましたよご本になる準備万端ですね♪

http://www.google.co.jp/search?source=ig&hl=ja&rlz=&q=%E9%9A%8F%E8%AB%96&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

投稿: Betty | 2010年8月 5日 (木) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーケターは長生きするのか?:

« 社内公用語=英語に戸惑っているお父さんへ | トップページ | 八月は夢花火... »