« バスと図書館 | トップページ | 社内公用語=英語に戸惑っているお父さんへ »

2010年6月28日 (月)

つかの間の山荘、そして梅雨入りとワールドカップ

暑いの寒いの、痛いの痒いの、忙しいのヒマだのと言っているうちに、今年も半分が過ぎてしまった。事実、4月からずっと、仕事もプライベートも忙しかったので、清里の山荘へは前回以来予定していたタイミングで行くことができず、今月の中旬になってやっと何とか、2泊3日の時間を捻り出した。
幸いギリギリ梅雨入り前ということで、3日間まずまずの好天、夜間も例年ほどの冷え込みもなく、久し振りに気持ちのいい山の空気に浸ってきた。今回は往きはウイークデーで、高速道は1000円乗り放題の特典がなかったので通勤割引を利用し、須玉インターで下り141号線を登ったが、途中から入った牧場通りは入り口から小海線の清里駅傍の踏切まで、道の両側が文字通り色とりどりの花々で彩られていて、まことに美しい眺めだった。

Flowers あとで聞いたら、行政と地域の方々のコラボ(「朝日ヶ丘景観委員会」という名称だそうな)で実現したものとか、パンジー、ペチュニア、イングリッシュラベンダー、サルビア、マロウ、チェリーセイジ、ルピナス、ベゴニア、キャットミントなど、四季折々の花々が植え込まれていたようで、車を止めて撮影する時間はなかったが、花好きの方ならこれらの花の名から、容易にそのカラフルさをイメージされるにちがいない。
森はいま木々の緑がすっかり厚く深くなり、ピンク・朱・オレンジ色の各種ツツジがそれにアクセントをつけている。春にはすでに遅く夏にはまだ早いので、チョッと高みにあるわが山荘の庭には限られた花しか見られなかったが、それでもヤマツツジがあちこちに開花し、珍しいことに、3年半前の伏流水路改善工事で埋め立てた沢跡から、当時そこにあった九輪草が3株ばかり地表に顔を覗かせ、可憐な赤い花をつけていた。

カラマツやミズナラやカツラなどの樹々が育ち過ぎ葉が繁り過ぎるにつれてほとんど姿を消してしまっていたタラの木が、2年半前の思い切った立木伐採のお蔭で再び日当りの良くなった場所にニョキニョキと生えてきたのも、今回の嬉しい発見だった。本当は5月末~6月初めが新芽の食べごろなのでそのころに来たかったのだが、今回のタイミングでも、2番芽が1食分には十分なほど摘めたので、天ぷらにして舌鼓を打った。
日が高くなるまでやかましいほどの音量で降り注いでいる蝉しぐれの中にとき折り聞える長閑なカッコウの声。ちょうどレジャー・シーズンの端境期なので、ムッシュと散歩に出かけても誰にも出逢わず、気兼ねなく声を張ってお歌のお稽古...が、いつも鼻歌ばかりで声を抑えているうちに、思ったように発声できなくなってしまっているのに気がついた。そう言えば、仲間との例会にもすっかりご無沙汰している。

マ、そんなことはどうでもいいが、こういう場所へ来たときは汗をかくのも良い気分転換になるので、前回管理センターに頼んで伐採・裁断し現場に積み上げてもらっていた倒木材を、さらに細分して薪にするため雨の当たらないベランダの下まで運ぶ。長さ1メートル前後、径15センチ~25センチのもの10本ほどだったが、一本々々が予想外に重く、精々15メートルの距離を動かすのに悪戦苦闘した。
何年か前にも同じような作業したが、そのときはあらかじめ管理センターから“猫車”(手押し式一輪台車)を借りていたので、もっと太いものもあり本数も沢山あったけれども何とかこなせたけれども、今回は重量予測を誤った上に自分の力がまだまだ衰えてないと過信して苦労をした。“まかせておきなさい”と家内に言った手前弱音は吐けず、何度も休み休みしつつ何とかこなし切ったが、その後数日間、アチコチの筋肉が悲鳴をあげていた。残念ながら、もはや若くはないことを改めて自覚しなければならないようだ。

折角来たのだからどこかへランチにでも出かけようかと思っていたのだが、家内との呼吸がビミョーに噛み合わず今回は見送り。ムッシュ連れでも入れる、いつでも何をさておいても行きたいと思えるほどの店がすぐ近くにないこともその一つの理由ではあるが、基本的には、自分たちが齢をとって自然に、何ごとにつけてもアクティブさよりスローさを求めるようになってしまっているのかも知れない。
気が向いたら帰り途にどこかで...とも思っていたが、その日は日曜で事故とかもあったりして、中央道は近来にない大渋滞。とてもそれどころではなく、談合坂SAでほんの一息入れただけだった。それでも何とか明るいうちに横浜の家に着いたが、ムッシュの夕食の時間に遅れて、泣かれてしまった。慌ただしい往復ではあったが、持って行くもの(家内のセントポーリアの鉢多数)は持って行き、持って帰るもの(向うで休眠していた籐椅子などの小家具)は持ち帰るという用事は果たしたし、つかの間、山を楽しんで来もした。

庭のアジサイ 戻ったとたんに梅雨入りで、庭のアジサイはシットリといい色に花をつけていたが、自分は何とも憂鬱モード。元来低血圧なのでこの季節は四六時中、片頭痛と倦怠感に悩まされるし、昔傷めて治療が中途半端だった腰痛が湿気の多さのためにジワーッとぶり返して、人知れず辛い。今年は花粉症もきわめて軽く済んだから体調良好でこの時季を乗り越えることができるかと思っていたが、そういうわけにも行かなかった。
...で、ちょうど始まったワールドカップ第1戦を、こめかみに指を当て眉間にシワを寄せながら観ていたら、何とジャパンがカメルーンを抑え切って勝ってくれたではないか!気がついたらお蔭で、頭痛はどこかに吹っ飛んでいたが、2時間肩に力が入りっ放しで首回りがガチガチに凝ってしまい、ベッドに横になってもしばらく寝つけなかった。

父の日のプレゼント その週末に久し振りで長女と孫娘がやってきた。気がつかなかったが、翌日が「父の日」とか。このところ子供たちからの“誕プレ”や“母プレ・父プレ”は、母へはお花、父へは和菓子とだいたい相場が決まっていたが、今回は“いつも羊羹や最中ばかりでは...”と頭を捻ってくれたらしく、“名入りボールペン”だった。父が文房具好きでもあることを知っていたのだろうか。 贈呈式は孫から、可愛らしい絵と言葉が添えられて...。
そんなにベタベタしているつもりはないのだが、孫はなぜか自分に懐き、来ればいつも一番に、“オジイチャンのお部屋で遊ぶ...”と言う。我が家には、3人の子供たちが幼いころ愛用した「ダルマ落し」や「鉄棒人形」など古典的な玩具がまだ残っているが、孫もそれが気に入ったと見え書斎の床に座り込んでひとしきり遊び、終わるとこんどは庭に出て、ホースで水撒きすると言い出す。と言っても独りでは手許が狂い本人がビショ濡れになりかねないので、しばし、腰を屈めて後ろから手を添えた“二人羽織”状態。正直、いささか疲れた。“孫は来てよし帰ってよし”とはよく言ったもの。

その夜は第2戦、オランダと。惜敗だったが、強豪に食い下がってほぼ互角に渡り合っていた印象。第1戦の勝利は期待以上の結果と思っていたが、この第2戦で、それがフロックではなかったことがわかった。1勝も上げられなかった大会前の強化試合を通じてはほとんど感じられなかった個々の選手とチームとしての力が確実に高まっているのが伝わって来て、観戦疲れはやはりしたけれども、気分は高揚した。
対デンマーク、予選リーグ最終戦は、未明の試合開始まで眠らないでいるわけにも行かないので早めにベッドに入ったが、深夜2時ごろに一度目が覚め、ウトウトしているうちにまた眠りこんでしまい、5時過ぎに“勝ったヮヨー”というドアの外からの家内の声で我に帰って、結局ハイライト・シーンだけしか見られなかった。でも、ともかく立派な結果。ジャパンは、“こうなって欲しい”と思っていたような強いチームになった。

この南アフリカでの快進撃と関係があるわけでもないだろうが、梅雨も途切れ途切れになり、意外に晴れて気持ちのいい日も何日かあって、片頭痛や倦怠感も意識しないで済むようになって来た。サッカーでパワーをもらったし、自分もここらでそろそろシャンとしなければ...。来週はまた公用で沢山の人の前に出なければならないし、いつまでもグタグタ言ってばかりはいられない。
今年は梅雨の最中にも、真夏のような高温の日が何度もあった。明けたらさぞかし暑くなることだろうが、元気を出してサッカー同様“攻めの姿勢”で乗り切りたい。年の後半は、公私共にやることが沢山ある。気分一新、早速取りかからねば...。

まずは、明29日の決勝トーナメント第1戦での勝ちを祈ろう。理屈はないが、何だかイケそうな気がする。

|

« バスと図書館 | トップページ | 社内公用語=英語に戸惑っているお父さんへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つかの間の山荘、そして梅雨入りとワールドカップ:

« バスと図書館 | トップページ | 社内公用語=英語に戸惑っているお父さんへ »