« いまクーポンから目が離せない | トップページ | 平凡な正月の幸せ »

2009年12月25日 (金)

いろいろあった2009年

飲めない夫婦二人とワンコだけのクリスマスイブは、ブッツのローストビーフとサラダで軽めの自宅ディナーをし、食後にグラマシーニューヨークのケーキを一切れいただいたくらいで、静かにささやかに済ませた。さて、今日からいよいよ年末の秒読み。でもこの齢になると、昔は恒例にしていた行事を何かと省略するようにしているので、それほど追い立てられるような気持ちにはならない。
年賀状も、文面を簡略化し、最小限の方々を除いては頂戴する都度という方式で失礼させていただくことにしたので、数日前には出し終えた。今年は春にコンピューターを買い替えたため、いざとなって気がついたら去年までの年賀状ソフトと勝手が変わっていて、住所録の整理やデザインに思いがけず手間取り、忙しい長男の手も少し借りてしまったが。

残っている仕事と言ったら、あとは門扉の松飾りくらいか...とは自分でそう思っているだけで、実際は何かもっと言い付かるかも知れないが、それにしても昨年とくらべればずいぶん落ち着いた気分の年の暮れではある。
昨年は押し迫ったころにやっと新居が建物だけ完成し、ちょうど昨日、クリスマスイブに清里の山荘から戻って来たが、トランクルームに預けておいた家財の搬入、電気・電話・ケーブルテレビとインターネットそしてセキュリティサービスの工事、外構工事の継続、一部未設だった照明・エアコン取り付けなどで連日テンヤワンヤしていたところに区役所から早速課税担当の役人が訪ねてきたりして、ロクに荷物を整理することもできないまま正月を迎えたっけ。

あれから1年、過ぎてみるとアッという間だった気がするが、我が家的には例年にないほどさまざまなことがあった。家内が正月早々、まだ開梱できずにいた段ボールに躓いて転倒、片膝を骨折し全治に5カ月かかり(リハビリはまだ続けている)、自分も3月に定期ガン検診を受けたら胃と大腸にポリープが見つかって、大腸は良性で問題なかったものの胃は8月に内視鏡による摘出手術をした。
自分が退院してきたら、こんどはムッシュの具合がおかしくなっていて、1ヵ月あまりペットクリニックに通院。幸いいまは、全員まずまず元気だが、こんなにお医者さんの世話になってばかりいた年も未だかつてなかったように思う。やっぱり、自宅の建て替えで山荘へ引っ越したり戻ったり、その間自分は遠距離通勤で仕事を続けたりという無理が、後になって家族中に直接・間接に響いたのだろうか?

すでに報告したように、手術の後は体重が落ちるところまで落ち、いまもほとんど元に戻っていないが、このインフルエンザ大流行期に風邪一つひかず、食欲もあって夜もよく眠れ、最近は何かとヤル気も回復してきたのは上出来と言わねばなるまい。
ただ、毎年この季節になると手足の先端が冷えて霜焼け的症状が始まり、この数年は何本かの指の関節が少し節くれて痛むようになって、朝目を覚ますと手首から指にかけて強張りを感ずることも度々。小銭入れからコインを摘まみ出そうとして取落したり、細かい箸使いができにくくなったりということをしばしば自覚するようになってチョッピリ気になってきたので、大ごとに至らないうちにと病院を訪れた。

症状を話してまず診てもらったのが整形外科。頸椎の異常がないかどうかを調べるためにX線写真を撮ったが症状の原因となるような問題個所は見当たらず、3日後にこんどは神経内科へ。脳のCTスキャンと採血・採尿をしてもらったが、CTの結果はすぐにわかった。
自分の脳の写真を見たのは初めてだったので、もしかして神経のことだけでなくもっと深刻なことを言われることがあるかも知れないと固唾をのんでいたら、ドクターがおもむろに託宣するには“脳神経的には何の問題ありませんね”だと。

“ン?”と、狐につままれたような感じだったが、“それでは、ついでと言ってはナンですが、ボケの可能性とかはわかるのでしょうか?”と尋ねると、“イヤー、実にしっかりした脳をしていらっしゃる。これはアルツハイマーとかになる心配はまったくありませんね”と保証されてしまった。“へえー”と、自分でも信じられない思いだった。
で、現在の指先の症状から考えられるのは、あとはリウマチ性の何かかも知れないということで、1週間後、血液と尿の検査結果をもとに専門ドクターの診察を受けることになった。ヤレヤレまだ何だかわからないのかとも思ったが、脳の状態に太鼓判を押されたのには気を良くし、喜び勇んで帰宅して報告したら、“ホントかしら?”と一言。自分の普段の言動に散々悩まされている方としては、そう思うのも無理はないが...。

これまで身近にリウマチを患っていた人がいなかったので、一体どういう病気なのかはよくわからなかったけれども、決して簡単なものではないことは何となく知っていたので、もしそうだったら一難去ってまた一難、今年はまったくツイていないな...などと、次にドクターに会うまでの間あれこれ考えなかったと言えば嘘になる。
が、整形外科と神経内科のドクターもいい人だったが、リウマチ専門のドクターもとても親切で、これまでの検査データをすべてチェックして症状の出ている部位をよく診察し、こちらの訴えにもよく耳を傾け、日常の生活習慣なども聞き質した上で、懇切に診断結果を説明してくれた。

結論は...何とリウマチでもないとのこと!所見では、“身体の使い方”の問題だという。と言っても、“どのように”だけではなく、“どれだけ”使っているかということが原因になっているのだそうだ。前にも一度、自覚し反省もしたが、一日中(といっても延べ約8~9時間)パソコンにへばり付いているのがいけないらしい。要するに一種の職業病のようなもので、現在の症状を改善するには、それをスッパリと止めることだと言われた。
多少時間を減らしたり、ストレッチなどの運動をするくらいでは現状維持がせいぜいで、治そうと思ったらまず何もせずに身体を休めて(寝て)いるのが一番と言われて途方に暮れてしまったが、結局、現在の症状が我慢できるレベルなら、これから少しは、何もしない時間をつくるべしというところにオチがついた。

頸椎にも脳神経にも問題なく、リウマチでもないとわかり、これで1年の最後まで病気騒ぎする必要もなくなり、ひとまず安心はしたものの何となくスッキリと割り切れない気分。 ンーん、難しいがドクターの言葉に従って、来年から何とかもう少し、ボケーッとしている時間を増やすように努力してみるか...。
凝り性という持って生まれた“性分”、勤勉が一番と教えられてきた“育ち”、そして長じてのめり込んでしまった終点のない“興味分野と仕事”...まことに因果なことだが、これらを全否定されたら生きて行く甲斐がなくなる。が、モノには程度というものがあるから程々にしなさいということだろうと理解して、現状維持で手を打つことにしよう。

というわけで、振り返れば、最後までいろいろとあったものの今回は何とかそれらしい年末・年始を送ることができそう。
このブログもスタートして満4年になるけれど、自慢じゃあないが日記は三日坊主だった自分としては、よく続いていると我ながら感心する。今年の後半から多少ペースダウンはしたが、来年も拙文を綴り続けて行きたいと思っているので、どちら様も宜しゅうに。

では、本年はここまでとさせていただき、年明けは多分10日前後にお目にかかるつもり。

みなさん有難うございました。 どうぞ良いお年を!

|

« いまクーポンから目が離せない | トップページ | 平凡な正月の幸せ »

コメント

来年はJASDMへの参加を目論んでますので、ぜひご一緒させていただければと。

投稿: 課長007 | 2009年12月27日 (日) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いろいろあった2009年:

» 大腸がんの記事サイト [大腸がんの記事サイト]
大腸がんについての記事など [続きを読む]

受信: 2009年12月25日 (金) 13時28分

« いまクーポンから目が離せない | トップページ | 平凡な正月の幸せ »