« ビジネスも“チエンジ”が肝要 | トップページ | 単純な気分転換 »

2009年9月21日 (月)

今年の夏は...

8月半ばに内視鏡手術、摘出した胃腺腫の病理検査結果が判明した。手術前検査と手術の際の所見通り、そのまま放置しておくとガン化するが現在はガンではない、いわゆる“前ガン”状態だったということで、この部位については完治ということになるらしい。
自分でもそのはずだと信じていたから、特に改めての感懐はないが、家族を安心させることができたので、一先ず良かったと思っている。

とは言え、これで今後は何も気にせず、このことは忘れ去っても良いというわけには行かないようで、1年後の(そしておそらくこれからは毎年の)検査が義務づけられている。
当然だろうし、これまでも毎年ガン検診は受けて来たのだから、どうということはない。ともあれ、半年間続いていた病院通いに一たんピリオドを打てて、結構々々。

思えばこの腺腫は、すでに2年前にガン検診を受けた際に精密検査で指摘されていたが、その時点では放置しておいて何ら差支えないという医師の診断だったのでそのままにしていたもの。
でも、本来なら昨年も検診を受けるべきだったところ、家の建て替えで病院から遠く離れたと土地に引っ越してしまったため、とうとうその機会を逸し、年末にこちらに戻り今年に入って直ぐに申し込んで、やっと今回の結果に漕ぎつけた。

一昨年来、本年5月までずっと検診を受けていたのは、住まいの最寄りにある「横浜総合病院」だったが、手術を受けたのは、隣の区の「昭和大学横浜市北部病院」。自分でセカンド・オピニオンを求めたわけではなく、横浜総合病院の薦めと紹介によってそうした。
3月、横浜総合病院での上部消化器=胃X腺検査から始まって、4月には内視鏡検査(下部消化器=大腸も含めて)、5月には上部・下部消化器のCT検査と進み、6月からは昭和大学横浜市北部病院に移って、7月に内視鏡再検査、そして8月に手術・入院という運びになり、その間には検査前・後の診察や診断も入って、ここまで来るのにほぼ6ヵ月かかった。

手術後1ヵ月間は、処方された薬を服用し食事内容にも気をつけていたが、いまはもう、何でも食べていいことになっている。とは言うものの、それまでも別に好物を我慢してきた意識はないし、解禁になったからといって、待ちかねていて食べたものもない。
この数年、脂っこいものは口に合わなくなくなっていたし、“腹八分目でゆっくりと良く噛んで”も板について、いつの間にか食事のときは自然にオチョボ口(?)になり、少しずつ嚥下する癖がついてしまった。

それ自体は生活習慣として悪くはないのだろうが、困ったのは痩せ過ぎてしまったこと。節食効果に、昨年1年間の家の建て替えに関わる諸々のエネルギー消耗が加わって、これ以上減りようがないというところまで体重が落ち込み、この半年余りも、病院通いでそれを取り戻す間もなくここまできてしまった。
それでも体重減はまだいいとして、メッキリ体力も衰えたような気がするのが何とも情けない。山荘での力仕事がシンドくなり、仕事のために外出した日は後でドッと疲れが出るし、ムッシュとの散歩も、あまり遠くまで足を延ばす気にならなくなった。

ムッシュと言えば、いつも元気一杯がトレードマークだったが、実はこの1ヵ月はクリニック通いしている。発端は自分が手術で入院した日。当日は家内も自分に付き添って昼前から夜まで病院にいたので、ムッシュは出かける前に、かかりつけのペットクリニックに預け、家内の帰宅後引き取りに行った。
そのクリニックでは、先生初め看護師のお姉さんたちにもよく懐いていたし、わずか半日間のことだったので、まったく心配していなかったのだが、引き取ったとき、いつになく大量の涎をたらしていたと聞かされて、ちょっと引っかかっていた。

そしてその3日後、自分の退院の翌朝、どうも普段と様子が違うと気がついた。いつもなら、パパとママのどちらかが2階から下りてくる8時頃、“早くケージから出してヨ”とワン、ワン言ってせがむのに、9時を過ぎても10時近くになっても何も声を出さない。
最初は、疲れているのかもしれないから好きなだけ寝かせておこうと思っていたが、さすがに気になって見に行ったら、ノロノロと大儀そうに出てきて、そのままソファーの下(床の一部をタイル張りにしてあるのでヒンヤリとして気持ちがいいらしい)へ直行。

食欲はまずまずながら、大好きな散歩にも行きたがらず、午後もソファーの下で寝てばかりで、夕方になってやっといつもの状態に戻った(かに見えた)。暑い日が続いていたので、熱中症だったりしたら大変と部屋の温度を涼しくしてやったら、その晩はよく眠れたらしく、翌日は朝遅かった以外は普段の動き。
しかし、さらに1日過ぎて、その翌朝になったら、動作が極端に弱々しくなっていた。ケージから出てくるのもやっとで、玄関の15センチほどの段差も跳び下りられない。これは只事ではないと、彼を抱きかかえてクリニックへ走った。

食欲はある、お腹もこわしていないが、寝てばかり。動作が緩慢で、背中が丸くなり、段差の飛び下り・飛び上がりができない...などの症状を話したら、触診だけでは何とも言えないので血液検査とX腺検査をしましょうと、思いがけない大ごとになってしまったが、1時間あまり待つとその場で結果が出た。
血液検査のデータを見る限りでは問題はないが、X線写真を見ると肝臓がやや腫れており、膀胱に尿が溜まっていて、尻尾に近い辺りの脊椎間軟骨が一部磨り減っているとのことで、どれが主因とは言えないが、多分かなり身体中が痛いはず――という診断だった。

ムッシュはこの11月で9歳になるが、年齢的なものによる症状もあるとも言われて、こんな愛くるしい顔なのにそうなのかと、可哀そうで辛くなった。
自分も十分齢を重ねてきて、ちょうどアチコチにガタが来ているときだっただけに、思わずわが身とムッシュを重ねて、考えなくても良いことまで考えてしまった。

ともあれ、そこで痛み止めの注射を打ってもらい、強肝と利尿の薬を処方してもらってその日の午後から飲み始めたら、まる一日経ったころから回復が目に見えてきて、数日後再診を受けに行ったときには、もう元気なときのムッシュと変わらないように見えるほどになっていた。
が、その際また超音波検査も受けた結果、肝臓の肥大がもとに戻ったわけでもないことが確認され、以来、一週間ごとに診察を受けては薬の服用を続けている。お蔭でいまは、ほとんど以前のムッシュに帰ったような感じで、一緒に無理のない散歩を楽しんでいる。

散歩のついでに毎週立ち寄って体重測定をするようにも言われている。初診のとき標準(2.5キロ)より0.5キロオーバーだったので、ダイエットしなければならないのだ。おねだりされたからといって、人間の食べ物をあげたりすることのないようにとも指導された。
そう言えば...と心当たりがなくもなし、可愛けりゃこそ人間の方で気をつけてやらねば...と深く自戒。それにしても、パパはもっと食べて何とか体重を増やしたいと思っているのに、ムッシュは食べたいのを我慢して減量しなければならないとは、何とも皮肉。

そんなこんなで今年の夏は、世間的には、衆院選での民主党圧勝、イチローの快挙、新型インフルエンザ再猛威、タレントの薬物事件など、大きな話題が続いたが、我が家的にはただただ慌ただしく過ぎてしまい、気がついたら秋風が吹き始めていた。
清里の山荘にも、8月の初めと9月の初めにそれぞれ数日ずつ滞在しただけで、とても、ゆっくりと夏を楽しんだという気分ではなく、何とか束の間の休息をしてきに過ぎない。むしろ昨年の方が、引っ越すまでは気息えんえんだったけれども、その後はゆったりと過ごせた夏だったと、いま懐かしく思い出す。

この後、夏はすっかり終わっているだろうが、キノコたちがそこここに顔を覗かせ、早い紅葉が始まる来月初めころに、また山荘に行ければと思っている。

|

« ビジネスも“チエンジ”が肝要 | トップページ | 単純な気分転換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の夏は...:

« ビジネスも“チエンジ”が肝要 | トップページ | 単純な気分転換 »