« 着道楽 | トップページ | 漫画少年 »

2008年2月25日 (月)

春待つ心

立春からもう3週間経ち、あと1週間あまりで啓蟄。どちらかといえば春に近づきつつあるのではないかと勝手に思っているのだが、今年はどうも、そんなにすんなりとは行きそうもない感じだ。
一昨日までの2~3日、10度を越す暖かい日が続き、さらに気温は上昇するという予報だったものだから、それまでの完全防寒装備で外出したらどこかで室内に入ったときに暑過ぎて困ると思い、その日はあえてやや軽装に切り替えて出かけた。そしたら、これが大外れ。

朝のうちこそ陽射しが暖かそうで、絶好の外出日和に思えたが、昼前から何だか雲行きが怪しくなり、窓から見える庭木や街路樹の枝が大きく揺れていた。
それでも、たいしたことにはならないだろうとタカをくくって家を出たら、100メートルほど先のバス停に着く間に、せっかく格好をつけてきた髪がほとんど逆立ってしまい、見るも無残な状態に!(正直、自分ではよくわからなかったのだが、他人が見たら多分そうだったろうと思う)列の後ろに並んでいた野球帽の小父さんを見て、自分もキャップをかぶってくれば良かったと後悔した。

あざみ野から横浜市営地下鉄に乗ってすぐ次の駅で降りたのだが、地上に出ると風はさらに強まっており、ヒエーッ...と思ったが、何とか頭を押さえながら目的の場所にたどり着いた。
用事は2時間ほどで済み、まだ夕刻には間があったが、こんな日は寄り道する気も起こらず、早く家に帰るに限るとそこから道路へ出たら、もの凄い強風を正面から受け、駅まで向かうのにエラく苦労した。

あんな強風は、チョッと近年では記憶にない。気温も予想が外れてだいぶ低下したようで、軽装の身には、冷たい北風がかなり応えた。おまけにこの風は花粉も運んできたらしく、くしゃみは出るわ、涙もでるわで、ダブルパンチ、トリプルパンチ。
“さては、これはアレかな?”と思っていたら、やっぱりそうで、後でインターネットのニュースを見たら、気象庁が、関東地方では「春一番」が吹いたと発表していた。

帰宅すると、ムッシュが玄関まで走って迎えに出てきてくれた。その日はずっと外に出られなくてさぞつまらなかったろうから明るいうちにひと歩き行こうかと、そのまま散歩に連れ出した。
強風は相変わらず吹き止まなかったが、ムッシュは嬉々として門から走り出して、家の横の坂道を全速力で駆け上がり、リードを持つ自分もそれに引かれるようにして走った。

坂を上りきると、道の片側は家屋が途絶え何ブロックもの宅造地が広がっていて、ふだんでも何も遮るものがないところを風が吹き抜けているのだが、その日はまたひとしお...。というよりも、その何層倍。
いつもなら格好の散歩コースなので、それを覚えているムッシュは自らそこを目指したのだが、道路からその一角に進入したとたん、まともに強風を受けて、足が止まってしまった。人間でさえ頭を下げて一歩一歩踏みしめないと前へ進めないくらいだから、小さなムッシュには無理もない。きっと吹き飛ばされそうに感じたのだろう。尻尾を巻いて(と言ってもムッシュの尻尾は“婆ちゃん髷”と通称しているくらいで、巻くほど長くないのだが)、たちまち家に戻る結果と相成った。

翌日はすっかり晴れ上がったが、冷たい風は依然として吹き止まない。でも、家の中にばかり籠っているのも如何なものかと、懲りずにムッシュを連れて外へ出る。前日とは違い時間帯が早かったので、彼としても比較的楽だったようだ。
陽射しはずいぶんしっかりしてきたが、空気は相変わらず冷たく、春への歩みは一進一退というところで、体感的には、まだ冬のままなのか、それとも春になりかかっているのか、定かにはわからない。

が、2月も下旬ともなると、自然の中にはどこかに、春の兆候が見えてくるものだ。つい先日までは、散歩中に目に入る花は、垣根の山茶花と植え込みの寒椿くらいのものだったが、いつの間にか、坂下の御嶽神社境内の白梅が八分咲きになっていて、そばを通るとプ~ンといい香りが漂ってくる。
でも、わが家の庭に春が訪れるのはまだまだ先になりそうだ。白木蓮の蕾はだいぶ膨らんできたが、豊後梅(紅梅)や花梨はまだ堅く角ぐんでいるだけ。

久し振りに清里の森の管理公社のライブカメラを覗いたら、あたりはまだ一面の雪。それもそのはず、今月の3日と9日にはそれぞれ30センチを越す積雪があり、気温は連日氷点下のようだ。この分では我が山荘の前庭は、とても足を踏み入れるどころではないだろう。
もう春一番が吹くところまできた平地の暮らしは、むしろ有難いと思わなければならないのかも知れない。

と、自分に言い聞かせつつも、あまりにも寒かった(と、もう過去形にしていいかどうかわからないが)今年は、本格的な春の訪れがつくづく待ち遠しい。

|

« 着道楽 | トップページ | 漫画少年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春待つ心:

« 着道楽 | トップページ | 漫画少年 »