« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月28日 (月)

年賀状の見直し

会社勤めをしなくなってもう数年経ち、年賀状をいただくのはだいたい個人的な関係の方ばかりになったが、それでもまだ、毎年120~130枚にはなる。で、ほとんどが例の“お年玉つき年賀状”なので、どうせ末等の切手シールくらいしか当るわけはないとわかっていても、抽選日には一応チェックする。
特に今年は、“もしかしたら”という根拠のない期待があって、密かに抽選日を心待ちにしていた。実は昨年末に、顧問をしている会社のイヤーエンド・パーティーでビンゴの賞品としてiPod Shuffleが当り、籤運の弱い自分にも、いよいよ遅咲きの運が巡ってきたかと気を良くしていたからだ。例年だと当選番号の発表は成人の日なので、今年もてっきりそうと思い込んでいたら、なぜかそれが27日ということになっていて、いささかじらされた。家内の行きつけの美容院でも、奥様方がみんな、そのことで憤慨していたそうな。

結果は...やっぱり人生はそう甘くない。1等とは言わないから、たまには、せめて3等ぐらいでも当れば大喜びなのだが、今年も、その辺はカスリもせず、切手シールが1枚だけ。後で無常感を味わわないで済むように、“まさか当っていないよナ...”と最初から自己否定しつつチェックするのだが、その通りになればなったで軽く失望。
でも、よく考えてみるとどの賞品も、欲しいのに今までどうしても手に入らなかったとか、それが賞品であることを知って俄然欲しくなったとかいうわけでもないのだから、何も気落ちする必要はないのだが、マアこういうものは当れば縁起が良い感じがするし、一応気にするのだ。信じてはいなくてもつい見てしまう運勢占いみたいなものですナ。

それはそれでよしとして、この機会にもう一度と、今年いただいた年賀状を見返していたら、いろいろな想いが浮かんできた。まずは、自分もだんだん否応なく、シニア世代の前線に押し出されてきているなということ。毎年少しずつだが、大正や昭和一桁生まれの先輩が静かにステージから退場してゆき、昨年は同年代の友までもが、何人か先立った。昨春の賀状はあるのに、わずか1年後の今春にはもう何もないというのは、何とも淋しい。
何十年と欠かさず賀詞を交わしていた先輩・同輩、そしていつのまにかあまり歳の差を感じなくなった後輩からの1枚が、突然途絶えたのも気にかかる。もしや健康を損ねているのでは...、それとも何か事情でもあったか...と。単に、儀礼的なことはお互いもうそろそろ止めにしましょうということであれば、それはそれで良いのだが。

宛名面の表記のし方からも、いろいろなことが推察される。昨今は、年賀状ソフトを使ってのコンピューター・アドレスが全盛だが、自分のところにいただくのは過半数がそうであっても、手書きも意外なほど多い。同世代の友人・知人に達筆の手書き派が多いのは、過ごしてきた時代環境からして当然なのだが、同じシニアながら頑張ってコンピューター・アドレスしている面々もいれば、コンピューター世代なのにあえて手書きアドレスという連中もいて面白い。自分はといえば、数年前からコンピューター・アドレス派に転向した。仕事上では“ひとりひとりに対するメッセージはパーソナライズせよ”などと言っているくせにまことに申し訳ないが、この楽さ加減には勝てなくなってしまった。
ただ、興味深いことも発見した。同じコンピューター・アドレスでも、人によってフォントの選び方に個性があること。選んでいる書体と、本人の性格や本来の筆跡との間には、何とはなしに共通するものが感じられるのだ。控えめでごく普通の実直なサラリーマンだった友は明朝体、人一倍几帳面で堅物だった友は楷書体、自己主張があってちょっとアクの強かった友は隷書体やゴシック体、自分のようなややお気楽で気ままな人間は行書体―-という具合に。

パソコンもケータイメールも使っていないはずの友人からコンピューター・アドレスの賀状が来ると、“ハハン!さては2世帯同居をするようになって、息子か娘(もしかしたらそのお嫁さんかお婿さん)に代筆してもらったか?だとしたら賑やかになって結構々々”などと、家庭環境の変化にまでも思いを致してしまう。いまの時代はどこも、たいてい子供たちが生家から独立して、老夫婦二人きりというケースが多くなっているからだ。
子供といえば、年賀状の中でも普段の仕事でも、自分の子供の世代にあたる人たちとの関係がずいぶん多くなった。妙に意識せずごく自然な感じで付き合ってくれる若い人たちの気持ちがとても嬉しいし、同時に、自分もまだ、あまり違和感なくそれに対応できている(と思っているのは本人だけかも知れないが)のを有難いと思う。

話はまた、お年玉つき年賀はがきに戻るが、締めてみたら4億枚も売れ残ったそうで驚いた。生産量と販売量の見通しの問題もあるかも知れないが、率直に言わせてもらえばマーケティング――商品の付加価値のつけ方と流通のありかた――の問題ではないのか?何か制約でもあるのかも知れないが、賞品については、毎年もっとオリジナリティを出すようにした方がいいし、流通も、期間中はいつでもどこでも買えるようになっていた方がいい。
実際自分も、買い足す必要に迫られて年末・年初に近所を探し回ったが、郵便局は休みだしスーパーやコンビニには在庫がなく、なのに初詣に出かけた3日には、最寄りの私鉄駅頭で立ち売りをしていた。地域や局によって方針が違うのかしらん?

年賀はがきでお年玉は当らなかったけれど、例年通りダブル初詣には行ってきたし、今年一年の運は何とか大丈夫だろう(と信じつつ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

正しい冬

「ナショナル・ジオグラフィック」(日本語版)の2007年12月号に記事と写真が載っていたが、シベリヤ、アラスカ、カナダ、アイスランド、ノルウェーなどの北極圏では、永久凍土が溶け出し、海氷が痩せ細り、氷河が後退し始めているらしく、地球規模での気象は、確実に温暖化に向かって変動しつつあるようだ。
でも、現在の日本はどうなのだろう? ここ2~3年、暖冬と言われてきたが、少なくとも今年の東京・横浜辺りに関する限り、その実感はない。このところ、最高気温一桁台という例年にない寒い日が続いていて、仕事で相手先のオフィスを訪ねたときなども、まず最初に、“今日は寒いですね”という言葉が出てしまう。

そんな中でも、陽が射していて風があまりなければ、午前(10~11時)と午後(4~5時)に1回ずつ、ムッシュとの散歩に出る。ムッシュと自分の健康のためと思って、欠かさないようにしているが、午前であれ午後であれ、冬はやっぱり寒い。コースの途中に、北側が植え込みになっているマンションがあるのだが、陽が当らないため一面の霜柱がお昼ごろまで溶けずに残っていて、一層冷えが身に沁みる感じがする。向かいの家には、屋外の犬小屋で飼っている柴犬がいるが、先日の朝などは小屋の前に出してあった飲み水が凍ってしまって飲めなくなり、ギャンギャン怒っていたそうだ。
けれども、つい数年前までは、朝がた家を出ようとすると車のフロントガラス一面に氷が張り付いていて、霜取りスプレーで溶かさなければならなかったことがしょっちゅうあり、いまぐらいの寒気は当たり前だった気がする。してみると、むしろこれが“正しい冬”の姿で、地球温暖化の懸念の中、歓迎すべきことなのかも知れない。

とはいえ...何十年か忘れていた霜焼けが、一昨年からまた出だした。子供のころの霜焼けは、手の甲が全体的に腫れてムズ痒くなるくらいで痛かった記憶はないが、いまなっている霜焼けは、指先が氷のように冷たくなり、関節の皮膚が赤むけになって炎症を起こし、ときにひび割れして、何かに触れたりすると涙が出るほど痛い。
皮膚科医の処方と指示にしたがって、ビタミンEを服用、外用薬を塗布し、なるべく屋内でも手袋をするように心がけているのだが、パソコンを叩いている時間が多いものだから、あまり効果が上がらない。最近は食事の好みがアッサリめになっているので、どうしてもカロリーが足りなくなるのか、末端まで血液が循環しないかららしいが、指先ぐらいで済んでいるからまだいい。頭に回らなくなったら大変だ。

子供のころといえば、ふるさと福島の冬も寒かった。そのころは防寒用のウール・ソックスなどという贅沢なものはなく、穿かされていたのはもっぱら木綿の足袋(!)だったが、手袋をしていたかどうかはよく覚えていない。もしかしたら、失くさないように首に掛ける一本の紐で繋がったミトン状のものは与えられていたかもしれないが、指が4本一まとめになっていたのが何とも不便で、ほとんど使わなかったのかも知れない。
あのころ普通の家は、暖房器具といえばコタツと火鉢(若い人は知らないかな?)ぐらい。家屋も現在のような密閉度・断熱度の高いつくりではなかったから、冬はホントに寒かったはずだが、体感としては、二重三重に暖房効果のあるはずの現在の家と、あまり違わなかったように記憶する。長い都会暮らしで、いまではすっかり身体がヤワになってしまったが、田舎の子だったころは元気が良かったのだ。

そういえば、雪もしばらく見ていない。山荘のある清里も、管理センターの定点ライブ・カメラの映像を覗いてみると地面の片隅に少量の溶け残った雪が固まっているのが見えたくらいで、辺りはほとんど露出していた。昨年の12月下旬に降ったのが最後とのこと。
だが、その上の大泉・清里スキー場には、さすがに雪があった。もっともゲレンデだけだが...。60センチだそうで、数年前までとくらべるとずいぶん少ない。やはりライブ・カメラの映像を見ると、八ヶ岳の主峰赤岳も、白くなっているのは頭から肩にかけての部分くらいで、その下の山肌は茶色のまま。今年の冬はこれで終ってしまうのだろうか?

...などと思いつつこのブログを書いている20日の夜半に、“21日は関東甲信地方一帯に降雪のおそれ、南部の平野部でも場所によっては積雪”と言う天気予報が飛び込んできた。正しい冬のあり方としては、連日の寒気とともに喜ぶべきなのだろうが、本音としては、まあほどほどにというところ。
まったく勝手なものだが、これ以上の気象変動を食い止めるのに少しでも貢献したいという気持ちは、もちろん忘れてはいない。寒がってはいるが、ささやかでも省エネ生活を心がけるようにしている。

19日、20日は“センター試験”(昔は“共通一時試験”、大昔は“進学適性検査”といった)があったわけだが、雪と重ならなくて幸いだった。ほとんど毎年のように、なぜかこの時期には必ず大雪があって受験生を困らせていたが、今年は重ならなくて良かった。
受験生諸君、この寒さ(寒い寒いと言っているのはもしかしたら自分だけ?)は若さで乗り越えて、ひとつ本試験の方も頑張って欲しい!

何だかんだ言っているうち、あと2週間もすれば立春。「冬来りなば春遠からじ」とか。心はすでに、正しい春がやって来るのを、いつかいつかと待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

広告・マーケティングは、これから何処へ行く?

年が改まると、さまざまな経済・業界団体やアチコチの大手企業などで新年会が開催され、いまではすっかりその枠外にいる自分などのところにも、代表者の挨拶やゲストのコメントなどが漏れ聞こえてくる。が、毎年同じような、現在は厳しい景気もいずれ回復するだろうといった当たり障りのない希望的観測が主で、思わず耳をそばだてるような意見や目新しい話題などはあまり伝わってこない。
まあ、新年の挨拶とはそういったものなのかも知れないが、米国の業界団体の会合などのように、もっと具体的に市場の変化やテクノロジーの革新を踏まえて、ビジネスのあり方・やり方、すなわちマーケティング的な観点からの話を展開する企業トップがいても良さそうなものにとも思う。 

...と、今年も相変わらず、現場からは離れた外野の隅っこにいて、自分に見え聞こえてくる限られた情報だけをもとに勝手気ままなことをほざいているわけだが、独断と偏見だらけの放言は歳のせいということでご容赦願って、年の初めでもあるし、いま自分なりに日本の広告・マーケティングについて感じていることを書いてみたい。

つい数日前、米オンライン・マガジン「B to B」の1月7日号で、DMA(全米ダイレクトマーケティング協会)理事長ジョン.A.グレコ.ジュニアの寄稿による「B- to- BでもB- to- Cでもなく、E- to- E(Everyone to Everyone Else)はどうだろう?」という一文を読んだが、その中で彼が指摘していた“かつてダイレクトマーケティングとその他の広告形態の間に厳然と存在していた境界線は、もはや消滅しつつある”、“昨2007年は、全広告費の半分以上が、何らかのダイレクトマーケティング・チャネルを組み込むことによって成り立つキャンペーンに注ぎ込まれた最初の年だった”(いずれも米国のこと)というくだりに触れ、心中にある種の感懐が湧いた。
というのは自分も、かつてのビジネス活動のなかで直感し、著書や講演などでダイレクトマーケティングが近未来に到達すべき姿として期待しつつ提言し思い描いてきたこと――ダイレクトマーケティングの原理・システムの伝統的マーケティングへの適用と、この二者の融合――が、米国ではいよいよ現実化してきたと感じられたからだ。

で、わが国ではそのへんがどうなっているかと考え、調べてみた。グレコが指摘していることのベースにもなっているように、マーケティングの動向は広告費の使われ方に反映されるとはよく言われるところなので、日本の広告費の統計(電通調べ、2007年度は未発表)をチェックしてみたのだが、広告媒体別・業種別などでの使われ方はある程度わかっても、ダイレクトマーケティング・チャネルを組み込んだものであるか(つまり「レスポンス広告」の形式になっているか)、そうでないかまではわからない。また、コミュニケーション・メディア費として当然カウントされていてもいいはずのテレマーケティング費やダイレクトメールのターゲット・データ費も含まれていないので、このかたちでまとめられた数字からは、米国のような意味でのダイレクトマーケティングの実態がなかなか読み取れない。
一応解説もあるのだが、そこで指摘されていることは、景気や大規模イベントとの連動、いわゆるマスコミ4媒体の落ち込み、ダイレクトメールや折込などSP系(と規定されている)メディアの漸増、インターネットの連続的な高成長などという、メディアの消長だけ。市場の変化(パーソナル化、個別ターゲット化)と情報技術の進化(デジタル化、オンライン化)に伴い、実態としてわが国でも、企業が広告に期待する役割は明らかに変りはじめており、米国ではそのような動きがデータ的にも表面化しているのに、それが見えてこない構造になっていて、洞察もされていないのだ。日本の広告業界は、これからもそうやって、従来からの広告の価値基準だけに基づいた統計を続けてゆくのだろうか?

ただ、実際に広告そのものをよく観察すると、凋落傾向と言われているラジオも新聞も、ダイレクトレスポンス化している部分がきわめて大きく、雑誌は通販カタログに近づきつつあり、通販ではないテレビ広告も、電話やインターネットとの連動によって広い意味でのレスポンス広告化しているし、急成長を続けるインターネット広告は、当事者がどう思い込んでいようと、レスポンス広告であることは紛れもない。
してみると、その進捗程度は数字になってはいないけれども、日本も案外、米国と同じような状態に近づきつつあると言えるのかも知れないし、2011年にテレビ放送が全面デジタル化したときには、それが一気に加速するに違いない。その意味で、最近目立ってきたURLや検索キーワードが表示されるテレビCMは、単なるスタイルの一傾向などではなく、デジタル時代の広告の役割変化を象徴するものとも考えられる。

この動きには、当然過ぎるほどの背景がある。マーケティング活動を行う企業が、市場環境の厳しさが増したことに伴い、広告という“投資”に対して、それに直接関連づけられる“成果”(ROI=費用対効果)を追求し始めたのだ。
これは、ダイレクトマーケティングの考え方からすれば、きわめて当たり前かつ基本的ことで、そのためにダイレクトレスポンスという広告のかたちがとられ、常に広告の手応えと採算性のチェックがなされてきたわけだが、マスメディア広告の世界ではこれまで、そこまでは突き詰めない“リーチ”や“フリクエンシー”といった段階の評価基準を満たせばよかった。だが、いまやそれでは済まなくなってきている。

自分も繰り返し言ってきたが、企業の目標が「ROI追求」と「ブランド構築」であるとすれば、それを達成するためのキーワードは「顧客中心」と「情報化」、すなわちダイレクトマーケティングの基本原理とシステムの適用ということになり、自ずとそこでは、“マス”だ“ダイレクト”だ、あるいは“広告”だ“マーケティング”だという、概念の境界線は意味がなくなってくる。たまたま現在はそこに至る過程にあるので、言葉を分けて使っているが、いずれコミュニケーションもマーケティングも、“パーソナル”で“ターゲティング”であることが当然になって、“広告”という言葉が形骸化し、その代わり、“マス”と“ダイレクト”を区別した呼び方をせずに、実態としてダイレクト化したマーケティングが、単に“マーケティング”という呼ばれ方をするようになるのかも知れない。
そしてそのとき必要になるのは、リーチやフリクエンシーを最大化するためではなく、何らかのレスポンスを発生させそれを最適なROIに帰結させるためのコミュニケーション戦略であり、それを追求する企業には、そういった状況の変化を見極め発想を転換する決断力が、メディアにはそういうニーズへの対応力が、エージェンシーにはそのための提案力と表現力が要求されることになるだろう。

一つ、大事なことを付言しておきたい。それは、ダイレクトマーケティングの最重要ノーハウである「テスト」のこと。単なる状況把握や事後確認のための調査などではなく、創造的な試案や仮説の可能性を客観的に検証し価値を判定するための手段・システムで、新事業の立ち上げ、新商品の発売、戦略・戦術の転換、現状の打破・改善などが必要な局面でこれを適用することが、企業のビジネス目標に確実に近づくためには不可欠になる。
ソーシャル・メディア、モバイル・マーケティング、バイラル・マーケティングなど、可能性を拡げるために新しい試みに意欲的に取り組むのは大賛成だが、どんな場合でも、思いついたことを一足飛びに、根拠のないまま導入しようとせず、この「テスト」という、伝統的なダイレクトマーケティングに育まれ完成された手法でそれを検証した上で適用することを忘れないようにしなければなるまい。

年頭ということで、つい、柄にもなく力んでしまった。ともあれ、皆さんの仕事とプライベートの、より一層の発展を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

いつも通り(?)の正月

人手も自分の馬力もなくなったので、年末でも片付けという程度で済ませ、大掃除というほどのことはしなかった。家内はおせち料理づくり、自分は年賀状(それも年内出しは最小限にして)に松飾りぐらいで手一杯で、この2~3年ほとんど変わらず、そんな略式な正月の迎え方をしている。 大晦日も、実質本位の夕食で年越し蕎麦などはしなかったが、新年にあと30分というところにくると、自分は近所の御嶽神社へ。ニューヨークのタイムズスクエアのカウントダウンには及びもつかないけれども、境内には闇を明々と照らす焚き火が燃え盛り、1月1日午前0時が近づくころには200~300人ほどの参拝客の列ができ、日付が替わった瞬間に神主の声に合わせて“おめでとうございます”の大斉唱。順番がきたところでお賽銭をあげ鈴を鳴らし拍手を打って、あまり欲張らずに家族一同(ムッシュも)の無事平穏を祈る。そして御札と熊手を買い、参拝客に振舞われる熱々の甘酒を両手に持って帰宅し、家内と乾杯。何もかも例年通りだったが、それが幸せというものなのだろう。

おせち料理

年が明けて、元日の“東京風”と2日の“富山風”のお雑煮(レシピにご興味の方は昨年1月9日をご覧あれ)そしてすべて家内の手作りのおせち料理と、これも40年来変らない。ただし今年は、裏漉しに手間のかかる栗キントンは、昨年家内がそれで腱鞘炎になってしまったため省略。自分がその作業を代わろうかと申し出たのだが、そんな簡単なものではないと一蹴されてしまった。 元日には娘一家も来訪し、大晦日から来ていた長男・次男とあわせて家族全員が勢ぞろい。幼い孫とムッシュが家の中を走り回って賑やかだったが、家内は暮れからの疲れもピークに達して、その夜も翌夜も完全にダウン。男一同は食うばかりで申し訳ないと自分は深く反省したのだが、倅どもはわかっているかどうか。

川崎大師山門

例年のもう一つの年頭行事、川崎大師への初詣は、昨年・一昨年は人出の少なくなる4日だったが、今年はあえて3日に。混雑しても時間がかかっても、何だか賑やかな方が好ましい気がしてそうしたのだが、もの好きだったろうか?また、いつも帰り途は暗くなるので今年は午前中に家を出たが、どうやら、かえってピークの時間に当ってしまったらしく、参道で並び始めてから本殿にたどり着くまでに1時間半あまりかかった。 でも、読み物とiPodを持参し、防寒には万全の服装だったので、後で多少は足腰にきたけれども、寒くもなければ退屈もせず、無事、納札・お参り・御札と御守購入・山門前の店での葛餅購入と、いつも通りのコースをこなすことができた。川崎大師参道

ところで、行ったことのある人なら知っていると思うが、川崎大師の初詣のときにはいつも、参道の入り口と境内へ続く道の曲がり角には、キリスト教の一派が陣取ってプラカードを掲げ、拡声器を使って声高に人々に呼びかけている。“間もなくこの世の終末がやって来て神(キリスト)を信じない者は地獄へ堕ちる。罪を悔い改めて神を信ずれば救われる。”といった意味のことを叫んでいるのだが、正月早々感じが悪いと、誰も相手にしない。それにもめげず毎年よく続くものだと思いつつ、もう耳にタコができて気にもしなくなっていたが、今年は何だかチョッと引っかかった。 古代史好きが嵩じて最近は宗教史にまで興味が拡がり、ちょうど今、旧約聖書にある神の預言なるものについて書かれたややオカルティックな本を読んでいたところだったので、それとの符合点が気になったのかもしれない。川崎大師仲見世

連中は他所の初詣スポットにも出没しているようで、正月だけ神仏に現世利益を願う人々を罪深き者と見なし、キリストのみに救いを求めよと教宣しているつもりらしいが、どうも善意の警告には聞こえず、聖書の終末論を振りかざした脅しによる入信勧誘としか思えない。自分はその行動を否定も肯定もする理論的根拠を持たないが、初詣には別に、神とか仏を明確に意識してきているわけじゃあないんだから放っといてくれと言いたい。多分、ほとんどの人にとっても、これは、宗教とは無関係な、季節の節目を感じるための生活行事の一つに過ぎないはずだ。川崎大師本堂前
でも、キリスト教にしてもイスラム教にしても、一神教の原理主義者にはそういう日本的な融通無碍な感覚は理解できないのだろうか、どうしてあのように自教を信ずる者以外を否定しようとするのだろう。よくわからないが、それこそ彼らの言う“神”の概念と自己矛盾するような気がするのだが...。オット、オカルト本の生齧りと待ち時間のあり過ぎから、いつの間にかあらぬ方向へ思考が脱線してしまった。が、気まま者の自分の結論はいたってシンプルで、世の中いろいろなことを考え主張する人がいても結構だけれど、それを他人に押し付けるなということ。

というわけで、今年もまたマイペースで行こうと思っているが、心中密かに期するものはある。2~3冊書きたいと思っていながら昨年は計画倒れだった本を、今年こそ、1冊ぐらいは何とかしたい。空手形にならないように頑張らなくっちゃ。
さぁて今週からは、空想に耽ったり、計画自体を楽しんだりばかりもしていられず、現実に追いかけられるようになる。

このブログも3年目に入ったが、倦まず弛まず、これまで通りに書き続けてゆくつもりなので、どうか本年もご贔屓に。そして宜しくご教示を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »