« クリスマス・イルミネーション | トップページ | いつも通り(?)の正月 »

2007年12月24日 (月)

早かったこの1年

月並みな言い方だが、ほんとに“月日の経つのは早い”と実感する今日このごろ。激動する毎日を目いっぱい働き週末が待ち遠しかった若いころと違い、さしたる変化もないまま時間がまとまって1週間単位で過ぎてゆくような気がする。
今年は、四季の移り変わりも何かメリハリがなかった。異常気象ということなのか、猛暑の夏だけがバカに長く続き、春と秋が僅かしかなかった印象で、いつもの年にくらべると桜も紅葉も楽しんでいる間がなかった。

世間では、2007年が明けるとから毎月のように、「食品偽装」「年金記録漏れ」「不条理殺人」「原油高」「防衛省次官汚職」「薬害」など、誰にとっても無関心ではいられない大きな問題・事件が多発し、日本はこの先どうなってしまうのかと暗然たる気持ちにさせられた。
政治家でもないし、ビジネスの第一線を退いた身だから、いくら自分がやきもきしてもどうなるものでもないが、せめて、まだ何らかの関わりを保ち続けている経済分野の片隅で、自分のできるかたちと方法を通じて、少しでも、これからの時代を担う人たちが伸びるための役にたってゆくことができたら...などと、いまは勝手に考えている。

自分にとっての2007年は、これといって何かを成し遂げたとか、大波乱があったとかいうわけでもなく、まずは無難に過ぎたと言っていい年だった。1月の川崎大師初詣から始まり、2月のダイレクトマーケティング・フォーラム、5月のリーダーズダイジェスト同窓会、6月の総合健康診断受診、4月~7月の広告電通賞選考会、11月の早稲田クラス会という、いつも通りの年中行事をつつがなくこなして、一度も寝込むようなこともなく、外出や悪天候のとき以外は1日2回のムッシュとの散歩も楽しんで続けることができた。
このブログも、我ながら感心するほどコンスタントなペースで続けられている。週一回だから、デビューした昨年初めから通算するともう100回以上になる。そのうち月1回はマーケティング・ネタを心がけているので、依頼されて別に書いているウエブ・コラムと合わせると、これも、2年で50本近くこなした勘定だ。テーマが重複しないように意識し、主観的になり過ぎないよう資料の下調べや情報の確認もするので、結果はあんなものだが、けっこう手間がかかる。でも、それによってアタマに良い刺激を受けるから、ボケ防止にはちょうどいいと前向きにとらえている。

今年、自分的に嬉しかったのは、1月に“古稀”という節目に達したことを家族一同が集まって祝ってくれたことと、6月に久しぶりに仕事で(というか勉強で)ニューヨークへの一人旅をして、全然疲労感もなく、“ナーンだ、俺ってまだまだやれるジャン”という気持ちになって帰ってこられたことだ。事実その後は、前にも増して前向きに仕事に取り組もうという意欲が湧いてきた。
ただ、番外だったのは、健康診断の胃部X線検査での結果、精密検査を受ける破目になったこと。詳細は8月6日に報告した通りだが、内視鏡検査と病理検査の両方とも結果がシロと出て、正直のところホッとした。たとえクロであっても、病気は向かって行って治すしかないのだから別に落ち込みもしなかったが、約束・計画していたことの中断によって公私の関係者に迷惑をかけることになるかと、一時はその調整を思いあぐねた。

実は、たまたま同じ時期に、“歌唱付月例懇談会”仲間である早稲田の級友の一人も胃部検診を受け、お互いの様子をメールで知らせたり励まし合ったりしていたが、結果がわかったはずの8月下旬ごろから、プッツリと音信が途絶えた。気になったけれども妙にお節介を焼いてもかえって迷惑かと思い、友人一同、案じながらもソッと見守っていたが、11月中旬に行われたクラス会には“療養中なので今年は欠席するが来年は出たい”という便りを寄せてきたので、一安心していた。
ところが、それから1ヵ月も経たない今月の10日過ぎに、その友の夫人名義で喪中挨拶が送られてきて目を疑った。2日に亡くなったのだという。故人の強い遺志で、友人・知人には誰にも知らせず、ごく近い縁者だけで密葬したそうだ。ゴルフ、テニス、カラオケ、旅行と、仲間の中では最も積極的に退職後の生活を楽しんでいただけに、自分の命運を悟ったときには、さぞ無念だったろう。ツイこの間までは、例会場で快活に歌いまくっていたのに...。今はただ、冥福を祈るしかない。

今年は、1月にも級友が旅立った。それも、本人からの年賀状が届いた数日後だった。昨年の12月から数えると、1年の間に3人の友を失ったことになる。来秋のクラス会まで、もうこれ以上減らないで欲しいと祈るや切。
1~2年前までは、喪中挨拶というと大概、90歳以上の天寿を全うした自分たちの親の世代が多かったが、今年からそれに、兄弟・友人の世代が混じるようになってきた。それも例年になく多い気がする。これから来年の賀状の宛先を確認しようと思うのだが、2度と便りを送ることのなくなった友人・知人のデータを削除するのは、何となく心が痛む。

...と、感傷にばかり耽ってもいられない年の暮れ。たった二人(と一匹)の世帯でも、大晦日までは、けっこう何だかんだ忙しいのだ。で、次の月曜だけはお休みにさせていただき、来年は1月7日に戻って来るつもり。
メリー・クリスマス! そして、どうぞ良いお年を!

|

« クリスマス・イルミネーション | トップページ | いつも通り(?)の正月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早かったこの1年:

» エグザエル [エグザエル]
エグザエル [続きを読む]

受信: 2007年12月24日 (月) 23時29分

« クリスマス・イルミネーション | トップページ | いつも通り(?)の正月 »