« だんだん淋しくなる秋 | トップページ | 今年最後の清里 »

2007年11月26日 (月)

地下街

今年の夏から新たに顧問を引き受けた統合マーケティング・エージェンシーが八丁堀にあり、月に2度ほど顔を出している。最短時間で往復できるということで、これまではもっぱら、田園都市線・半蔵門線を表参道で銀座線に乗り換え、さらに銀座で日比谷線に乗り換えるコースを利用していたが、八丁堀に出るには他にもいくつかのコースがあり、時間のあるときに験してみようとかねがね思っていた(もの好きだが)。
今月から、午後の少し早めの時間に切り上げることができるようになったので、つい先日の仕事の後に、いつもとは違う方角に足を向けてみた。「八重洲通り」を東京駅八重洲口方面へ――多分、いちばん歩行距離が長いと思われるコースだ。

思っていたよりも遠く、またその日はひときわ寒かったので、途中「通り3丁目」交差点のところから、たまらず地下街へ下りた。いわゆる八重洲地下街の東端だ。この辺には、用事があってたまに来ることはあったが、いつもはほとんど駅側からこちらに向かうので、何か景色が違った感じに見えた。しかし同時に、どこか見慣れた感じもしてならなかった。
駅に近づくにつれ、そんな感覚もだんだん薄れて行ったが、やはり何となく気になって、あれはどこの記憶だったかともう一度よく考えてみたら思い出した。今はもうこの世には存在していないニューヨークのワールド・トレードセンター下の、地下鉄コートランド駅で降りてニューアークからの通勤鉄道パストレインのターミナルへ向かう途中の地下街の光景だ。グリーティングカード・ショップがあったり、小さな洋品店があったり、いかにもアメリカっぽいカフェとアジアンなレストランがその間に混在して切れ目なく繋がっている地下の街の通路を、さまざまなタイプやファッションの人々が忙しげに行き交っている様は、在りし日のあの地下街を彷彿とさせていたような気がした。

もっともよく考えてみれば、地下街というものはどこも、大体が地下鉄出口の延長にあり、ターミナル駅に接続し、かつその地上には大きなビル(またはビル街)があると相場が決まっているから、みんな似たような感じになるのは当然で、自分のようにことさら個人的記憶に結び付けて感傷に浸ることもないのかも知れない。そういえば八重洲地下街は、横道に入ると大阪の梅田地下街の雰囲気にもよく似ているし、川崎駅地下街のアゼリアも八重洲に似ているかも知れない。多分、世界のどこかの都市に元祖が誕生して、後発のいろいろな都市がそれに見習っているうちに、そっくりなものになったり、逆に個性的なものが生まれたりしたのだろう。ほんとのところは知らないが...。
理屈は特にないけれど、自分は何となく地下街が好きだ。いろいろな店があって買い物や飲食に便利だからというばかりでなく、明らかにデパートなぞよりはカジュアルで、ブラついているだけでも楽しいのだ。国内ではもちろん、海外へ行ったときにも、大規模な地下ショッピングモールがあったりすると、すぐに飛び込んでしまう。

規模のデカさに驚かされたのがカナダのトロントとモントリオールの地下街。比較ショッピングをしようと思い端から端まで歩き回っていたら草臥れ果ててしまい、その上、目をつけていた店がわからなくなってしまったこともあった。でも、どちらのときも氷点下近くまで気温が下がる季節のことだったから、ホテルからほとんど地上に出ずに歩いて用事をすませることができて助かった。どういう空調の仕組みかはわからぬが、やたらと暖気過剰でもなく、自然な快適さだったのを思い出す。
アメリカでは前記のニューヨークWTCのほか、シカゴやシアトルでも地下に潜ってみたが、こちらは地下“街”というほどの規模ではなく“ショッピング・モール”という印象だった。考えてみると地下街はほかも、モスクワ、北京、ヘルシンキ、ソウルなど、みんな寒いところばかり。ハワイやサンフランシスコやLAなどにないのは、気候のいい土地ではわざわざ地下でショッピングをする必然性がないからなのだろうと、勝手に独り納得。

でもこの日本には地下街がやたらと多く、しかも賑わっている。東京都内の、自分のような出不精者でも出没するところだけでもかなりある。自宅から都心への中継地点にある渋谷、仕事で定期的に通っている新宿をはじめ、新橋・汐留方面にもよく出るし、最近は丸の内もたまに訪れる。プライベートでは、毎年初、川崎大師に詣でるときに、あえて地上を歩かず、地下街を通る(寒いからということもある)。現在のあざみ野の家に越してくる20余年前までは横須賀の方に住んでいたので、横浜駅の地下街は西口も東口も、会社からの帰宅途中にまた休日に家族連れで、どれほど訪れたかわからない。地下街は、古くから自分の生活の一部だったし、今もそうである(とは、ちょっとオーバーか)。
もしもあなたが、新宿の「京王モール」の書店で、歴史書の棚の前で古代史本のタイトルに目を凝らしている様子の、格好だけ若づくりのオジイがいたら、多分それは私だし、澁谷「しぶちか」のパン屋で、トレイに各種の菓子パンを載せ、圧倒的多数の女性群と共に大人しく順番を待つ列に並んでいる、その場に似つかわしくないオジイがいたら、何を隠そう、それも私だ。

ところでその日は、丸の内線で帰ろうと思っていたのだが、その前にチョッと、こちらに出たついでに、最近リニュアル・オープンしたというDAIMARUデパートを視察して行こうかという気を起こしたのが間違いのもとだった。上階へ昇って降りてきたときには、店舗がもとあった場所よりはかなり大手町寄りにズレた位置に変ったことを忘れていた上に、90度ブレた出口から出たらしく、地下道を通って丸の内北口へ出たつもりが、大手町駅の東西線改札口に着いてしまった。ので、こうなったらいっそ直通で行けるから半蔵門線にしようかと、駅員に聞いた通りに構内の地下通路を辿ったが、これまたえらく距離があって時間もかかり、ホトホト疲れてしまった。さすがの地下街のベテランも参りました。

あざみ野~八丁堀の東京駅経由というオプショナル・コースの所要時間を確認するつもりだったのが、結局なんの役にも立たなかったというお粗末!

|

« だんだん淋しくなる秋 | トップページ | 今年最後の清里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下街:

« だんだん淋しくなる秋 | トップページ | 今年最後の清里 »