« 優しい時間 | トップページ | 秋桜(コスモス) »

2007年9月24日 (月)

八ヶ岳の残暑

今年の夏は異常に暑いので、こんな時こそマメに山荘通いをせねばと思っているうちに、前回からまた1ヵ月近く経ってしまった。何だかよくわからないが時間が速く過ぎてゆく。公私にわたって仕事が多すぎるのか、それとも単に、こなして行くペースが落ちてきたのか。マイペースでのんびりと暮らすつもりでいたのが、気がつくと毎日、ムッシュとの散歩の時間以外は、机の前に座ってばかり。あらためて数えてみると、一日たっぷり8時間以上は仕事をしている。それも、週末の休日などなしでだ。
これじゃあオフィス通いをしていた頃と変らないとも思ってしまうが、朝はゆっくり起き、往復の通勤による体力消耗がないことでは助かっている。疲労を感じないことはないのだが、ともあれ、まずまず健康に過ごせているのが有難い。そんな状態なので、骨休めにはならないかも知れないがせめてもの気分転換にと、合い間を縫って数日、山荘に出かけることにした。前回もそうだったが、今回もまた、タップリと仕事持参で。

先月末チョッと涼しい日が続いたので、もしやこのまま秋に?と思いかけたが、そうは問屋が卸さず、横浜を出た日の午後は32度という厳しい残暑。夕刻、山荘に到着してやっと、ホッと一息をつく。気温は20度だった。夜半雨音が聞こえたが、翌日は晴れ。
今回は、ただ場所を変えただけで持ち込んだデスクワークにかかりっきりになっているのでは意味がないと思い、庭で力仕事をしようと密かに心に決めてきた。前回は駐車場しかできなかった“笹刈り”と“雑木の伐採”を、少しでも進めなければならないと。
笹刈りのターゲット・エリアは、自称“遊歩道”の路上とその両側。建物の南側に、林の間を縫って回遊できるように、枕木を組んで敷設してあるのだが、全長にすると50メートル近くあり、電動刈り払い機を使うのに位置によっては電源から延長コード2巻きを繋いでこなければならず、さればといって手刈りではそれこそ“手間”がかかり、毎年のことながら、なかなか腰が上がらないでいた。しかしいつまでも億劫がってはいられないと意を決し、一心不乱に機械を振るった結果、2時間近くかかったがきれいに仕上がった。

雑木の伐採も、幹が太くなった高木は素人独りでは無理だが、直径15センチ未満くらいの実生の中木、株立ちの中の1本などは、自分でチェーンソーを使って切り倒せる。細くても高さは優に10メートル以上はあり、けっこう重さもあるので、倒す方向を見定めつつ、いつでも逃げられる体勢をとりながら慎重にやる。
ここのところ、毎年1回3本ずつくらい切っているのだが、今回は1本切り倒したところでチェーンソーのチェーンが外れ、使えなくなってしまった。これまでにも度々あったことなので簡単に直せると思ったが、老眼鏡をかけていない(この作業のときは目の保護のためサングラスをかけている)ので細部がよく見えない上に指先がすっかり不器用になっていて、何度リセットしようとしてもダメ。屋内にメガネを取りに戻るのも面倒だし、出かける予定の時間も迫ってきたので、あっさりとギブアップしてしまった。情け無や。次回はチェーンソー直しから始めなければならない。

庭の立木伐採については、今回は自分でできることをしただけでなく、「清里の森」管理センター職員の人たちと、カラマツを初めとする何種類かの高木の間引きについて相談した。頼めば、切り倒してその場に1メートルくらいの長さに裁断して積み上げておくところまではやってくれるということなので。
20年近く経つと、最初は気にならなかった枝が伸び葉が生い茂って、日照と通風を妨げ、地表のキノコや山野草などの植生を様変わりさせ、後で植えた花木の生育の邪魔をしている。かと思うと、大雨や嵐の後などには根が浮き上がって傾いでしまっているものもあれば、いつの間にか丈が伸び幹が太って今にも家の軒に食い込みそうになってきているものもある。特にカラマツは、かなりの大木でも根が弱いらしく、チョッと風が吹いてもユラユラしているし、ミズナラは葉が大きく厚いので夏の繁茂期には鬱陶しい。いろいろな樹木が、それこそ“林立”しているが、昔植林したらしいものもあれば実生で大きくなったものもあって樹木間の間隔は一定せず、これも日照と風通しの悪化の一因になっている。

そんなわけで、まずは自分で見回って、これは明らかに切った方がいいと思うものを数本、見当をつけておき、その上で管理センターの人たちに見てもらい意見を聞いた。やはりプロの目は違うもので、結局、約20本を伐採することに。他にも順番待ちをしている方がいるとのことで、実際の作業は葉が落ちた晩秋か初冬になるらしい。
ところで、伐採してもらった木の後処理のことだが、今年の春先に庭の伏流水処理工事をしてもらったときに出た材木でえらく苦労をした(5月14日参照)ので、今回は何とかならないものかと事前に相談してみた。すると、原則として管理センターの作業は伐採・裁断・現場積み上げまでだが、木材をチップ化する業者がいて、頼めば引き取りにきてくれるということなので、是非にとお願いした。これでもう一つ、肩の荷が下りた。

外から戻ると、家内が小声で玄関横の和室から呼んでいる。窓のすぐ外を指差すのでその先に目をやると、ヤマボウシの木につかまって子リスが遊んでいた。最近は自分たちの来る回数が減り、ベランダに餌を置いてやらなくなっていたので、しばらく見かけなかったが、元気にしていたようで(といっても同じリスではないだろうが)安心した。

9月の八ヶ岳は、昼の気温はまだ夏だが、ウルシの葉はもう紅く染まってきた。

|

« 優しい時間 | トップページ | 秋桜(コスモス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳の残暑:

« 優しい時間 | トップページ | 秋桜(コスモス) »