« では、ニューヨークへ行ってきます | トップページ | ソーシャル・メディアでマーケティングが変わるのか?――DM DAYS NEW YORK 07から »

2007年6月25日 (月)

ニューヨークから帰ってとりあえず報告

行ったと思ったらもう帰ってきてしまった。歳をとると時差ボケからの回復が遅くなって、一晩グッスリ寝てもまだ時々フッと引き込まれるようになるが、体調全般としてはすこぶる気分爽快で、疲れてもいない。
半 日時差のあるよその国へ行ってきたわけではあるけれど、日常の連続だったような気がして、何の違和感もなかった。行く前は久しぶりと意識してあれこれ思い を巡らしていたのだが、現地に着いてみるとさして特別な感懐も湧かず、帰るまでズッとそのままだった。まあニューヨークという街は、自分にとって馴染みす ぎるほど馴染んできた街であるから、自然に溶け込んでしまったのかも知れない。

今回は、毎日早朝から遅い午後まで目一杯、コンベンション・センターに詰めっきりで、自由にしていられる時間は夕方以降くらいしかなかったので、と てもショウや美術館などに足を運ぶ余裕はなく、ごく限られた地域内でしか動けなかったのだが、それでも折角だからと地下鉄と自分の足を使って、いまの ニューヨークを歩き回ってきた。

ペンシルバニア・ホテル今回泊ったところは、これまでなぜかあまり縁のなかったヘラルド・スクエアと通称さる地域にある「ペンシルバニア・ホテル」。グレンミラーのヒット 曲に電話番号が出てくるぐらいの古いホテルで、大きくて交通の便は良いが、とかくの評判を聞かなかったわけではないので居心地を懸念していたが、まずまず 基本的なことでの問題はなかった。予算の関係とコンファレンス会場(ジャビット・センター)への地理的利便性からここにしたのだが、結果はオーライという ところ。
マンハッタンの巨大ターミナルの一つ「ペン・ステーション」と、その上に建つスポーツ・イベントなどでよく知られている「マディソン・ス クエア・ガーデン」(自分たち世代にはスポーツ・バッグのロゴでも懐かしいが)の真向かいにあたり、すぐそばに「エンパイアステート・ビル」や「メーシー ズ」百貨店があるといえば、何となく想像がつくだろうかエンパイアステート・ビル

この辺りは、ミッドタウンには違いないが、通りの雰囲気や歩行者のタイプは、明らかに“アッパー...”と呼ばれるロックフェラーセンターあたりか らセントラル・パークまでの一帯のそれらとは異なり、“雑多”で“大衆的”。ミッドタウンとダウンタウンのいろいろなエリアがミックスされたようなところ なのだが、だからと言って、チャイナタウンに代表される安くて美味しい食事ができる店がそこいら中にあるわけでもないので、晩飯の場所を見つけるのが難し かった。
アメリカン・フードは決して嫌いな方ではなく、むしろベーグルとクリームチーズやパストラミ・サンドなどは大好きなのだが、それでもこれ が朝・昼と2食続くと、量と味覚の点で、どうしても一日一回くらいは和食が欲しくなる。で、結局2度ほど、食べ慣れた和食の店が何軒もあるアッパーの方へ わざわざ地下鉄に乗って出かけた。

着いた晩は近所のアジア系デリで、プラスティック・カップ入り超薄味の怪しい“シーフードうどん”なるもので間に合わせ、帰国の前の晩は帰り支度に 忙しかったのでメーシーズのデパ地下でテイクアウトした寿司ボックスをホテルの部屋で食べたが、二日目は55丁目のラーメン屋まで足を運び、三日目は偶然 会場で知り合った日本からの参加者の方(業界ではけっこう名前の売れているダイレクトマーケティング・エージェンシー)に、初対面にもかかわらず49丁目 の日本料理店で、厚かましくもご馳走になってしまった。
そんなわけで、足を運んだついでに、家内と行くときには定宿にしているホテルのあるその近 辺を南北に7~8ブロック、東西に2~3ブロックほど歩き回ってみたが、店や人通りも相変わらずだったような気がした。ただ、ヘラルド・スクエア周辺と 違って自分が隅から隅までよくわかっているだけに、歩いていてより気楽ではあった。

ソーホーソーホーには、家内と行くたびに必ず立ち寄る「ディーン&デルーカ」という食料品とキッチンウエアの店がある(日本でも最近あちこちに出店してい る)ので、コンファレンス最終日の午後に、この店オリジナルのチョコレートを仕入れに、やはり地下鉄で向かった。プリンス・ストリートという駅で降りる と、階段を上がった目の前にその店はある。ついでに道を挟んだ隣の「AX(アルマーニ・エクスチェンジ)」も覘いてみた。ここでは必ず、自分や家族の気に 入るカジュアル・ウエアが何かしら見つかるからだ。
また外へ出て、メイン・ストリートのブロードウエイをブラブラしてみたら、変らないニューヨー クの中でも、ここでははっきりとした変化に気付かされた。この一帯は有名ブランドが出店しては撤退するファッション激戦区なのだが、バナナ・リパブリック とリーバイスに挟まれて日本のユニクロが出店していた。中に入るとなかなかのインテリアの大型店で、けっこう客も入っていた。成功すると良いのだが、商品 次第だろう。

しばらく来なかったうちに、ソーホーはえらく観光地化してしまったような気もする。数年前までは、5番街などとは違ってセンスはあるが構えていない 感じの、あまり混み合っていない店に寄って気楽に買い物ができたのだが、今は路上も店も観光客らしい人たちで一杯。以前にはなかったのだがブロードウエイ に面した2~3の街角には、その人込みを眺めながら食事やお茶をするカフェもできた。何だか、パリやローマの盛り場に似てきたような気がしてソーホーらし さが少しなくなったのが気になるが、余計な詮索か。
観光客目当てのドリンク類を売る屋台も沢山出ていて、この日の午後は急に暑くなったので自分も 他の歩行者と同じように、水分補給のためのミネラルウォーターのボトルを買って、歩きながら直か飲みした。そういえば、ニューヨークが暑かったのはこの日 のこの時間くらいで、あとは(自分にとっては)長袖のシャツが丁度いい気温だった。コンファレンスの会場やホテルはそれにジャケットを重ねても寒いくらい で、どうして米国人はこんなにギンギンに冷房を利かすのだろう、食い物や皮下脂肪の厚みが違うから体温が高いのだろうかなどと、どうでもいいことまで考え てしまった。もっとも、日本人の若い参加者の方に聞いても平気だというから、どうやら自分が寒がりなだけのようだ。

今回はとり止めもないことの報告で終始してしまったが、コンファレンスそのものについては次回に報告し、そのあともう1回だけ、ここで書ききれなかったニューヨーク・ネタを書かせてもらうことにする。

|

« では、ニューヨークへ行ってきます | トップページ | ソーシャル・メディアでマーケティングが変わるのか?――DM DAYS NEW YORK 07から »

コメント

 NY散歩、懐かしく拝見しました。というのは、以前、自分もペン・ホテルに泊まり、周辺をくまなく歩き回り、気が向くとカーネギー・ホールを通過してセントラル・パークにまで足を延ばしたことがあるからです。以前にも行っているのに、桟橋から船に乗ってマンハッタンを一周したり、高所恐怖症だというのに、なぜかまた不思議とおのぼりさんのようにエンパイアー・ステート・ビルに昇ったりしたことを、とても懐かしく思います。高いところからNYの街並みを見下ろす光景が定点観測のような気がしていたのかもしれません。

 フィラデルフィアからアムトラックを利用してNYに向かうと、イヤでもここに到着します。ここから地下鉄を利用して、何度もヤンキース・スタジアムに松井を見に出かけました。バスの方が遥かに安いのですが、なぜか自分は鉄道が好きで、アムトラックを利用しました。ヨーロッパに行っても、ロンドン・パリ・ブルッセル・ケルン・ハメルンとわざわざ鉄道を選択して、家内と長旅を楽しんだりしたこともあります。

 特にペンシルバニア鉄道に乗ると、その昔、アメリカに鉄道が建設され、西部開拓が進み、モールス信号が通信を革命的に変化させ、リンカーンがいち早くこの電信に着目し、南北戦争を有利に戦ったというようなことが、アメリカの歴史と共に走馬灯のように頭の中を走るのです。

 貧しいスコットランド移民の息子A・カーネギーが、未だ15歳のときから電信配達夫として働き、長じてペンシルバニア鉄道に就職し、電信士として地位を得、南北戦争下に軍事用電信線の配備を進め、後に転進して鉄鋼王として名をなした話などが、NYに向かう車中で頭をかすめます。

 ともかく若い頃の自分にとって、NYはキラキラと輝く星のような存在でした。先日のNHKのNY特集は自分も見て楽しみました。(完)

投稿: 川崎凡人 | 2007年7月15日 (日) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークから帰ってとりあえず報告:

» タケオキクチ [タケオキクチ]
タケオキクチは、菊池武夫が設立したワールドのファッションブランドです。スーツ、ジャケット、バッグ、財布等の小物まで幅広く展開しています。 [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 12時40分

» リーバイスレッドRed/シャツ/ジャケット [リーバイスレッドRed/シャツ/ジャケット]
リーバイスレッドについての情報を公開しております。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 21時05分

» ヴィトンの財布やバッグを安く買う!まとめサイト [Mamechishiki-Web!]
モノグラムとダミエ好きによる、ダミエとモノグラム好きの為のサイト。ルイ・ヴィトンの激安ショップランキングやら、最新ニュースやらまとめた便利帳。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 15時06分

« では、ニューヨークへ行ってきます | トップページ | ソーシャル・メディアでマーケティングが変わるのか?――DM DAYS NEW YORK 07から »