« 母の日は誰の日? | トップページ | 新緑 清里の森 »

2007年5月28日 (月)

DM Days New York ’07

久しぶりにニューヨークに行くことにした。と言っても、まだ3週間先の話だが...。遊びではなくて仕事――というか、勉強というか、米国ダイレクトマーケティング業界のコンベンションへの参加――である。
そのコンベンションとは、正式には「DMA Direct Marketing Days New York Conference &EXPO(DMDNYと略)’07」といい、ニューヨークを基盤とする地域的なイベントながら、この種のものとしては、同じDMAの主催で毎年10月に行われる「DMA Annual Conference & EXPO」(DMA年次大会)にも匹敵する規模と質を持っている。
ダイレクトマーケティング関連の地域イベントとしては、同じような呼び方をするものが他にシカゴ、フロリダ、ワシントンなどにもあるが、何といってもDMDNYが最大で、内容も充実している。

このイベントは昨日今日始まったわけでなく、DMはDMでも、もともとは“Direct Marketing Days...”ではなくて“Direct Mail Days...”と名づけられていたことからも知れるように、かなり歴史は古い(自分もはっきりしたことは知らない)。
現在はDMAの冠がついているが、そうなったのは確か2003年頃からだったと思う。それまでは地域の業界団体が主催していたのだが、何かよくは知らぬけれどもゴタゴタがあって、DMAが買収してマネジメントするようになったと聞いている。

かつては、その旧称からも推測がつくように、スポンサーも、出展企業も、参加者も、カタログ通販会社・リスト(データベース)業者・印刷会社・封筒メーカー・発送会社など、ダイレクトメール関連の企業が多かったし、プレゼンテーションやワークショップのプログラムも、どうしてもクラシックなダイレクトマーケティングが中心だったが、DMAが主催するようになってから、コンファレンス全体の性格も、個別のプログラムも、ガラリと変貌を遂げた。
会場も、それまではずっと、53-54丁目・6番街の「ニューヨーク・ヒルトン&タワーズ」のコンベンション・ホールだったのが、ハドソン河に面したリンカーントンネル沿いの「ジャコブ・K・ジャヴィッツ・コンベンションセンター」へと変った。仲間うちで小ぢんまりと集まっていた会場を、大人数を収容できる本格的会場に変更したたわけである。

そんなDMDNYに、少なくとも一昨年まではあまり食指が動かなかったのだが、本年参加してみようかという気になったのには、大きく2つの理由がある。一つはもちろん、DMDNY’07自体に参加する価値を認めたからであり、もう一つはニューヨークという街に対する個人的な思い入れからだ。

DMAのウエブサイトを見た限りでの話だが、DMDNYのプログラムは昨年あたりからグッと充実してきた。インターネットを軸として、データベースマーケティング、CRM、ロイヤルティプログラム、ブランディング、マルチチャネル、クリエーティブ、フルフィルメントなど、基本的な関心分野がほぼ網羅され、その上に先端性が加わってきた。
単に実用的な情報を提供しているだけでなく、その年ごとに時代環境を読んだメイン・テーマが設定され、主催者やパネリストに参加者も一体となって、考え、討論し、意見を発信しようとするようになったのだ。ある意味では、毎年10月の年次大会よりも中身が濃く、ポイントが集約されていると言えるかも知れない。

昨年のDMDNY’06のテーマは、SEMまたはSEO、すなわち検索エンジン・マーケティングというかたちで注目されている「サーチ・テクノロジー」だった。これこそが、ダイレクトマーケティング(というよりもマーケティング全般)を根本的に変えてしまうものであり、“サーチ技術の出現”こそが真のパラダイム・シフトだとしたのである。

今年のテーマは、「ソーシャル・メディア」ということだ。基調講演の一環として、“次世代型インタラクティブ”と銘打ったこのテーマについての業界リーダー達によるパネル・ディスカッションも予定されている。
自分自身は、ただでさえ、目まぐるしく進化し革新し続けるデジタル・テクノロジーになかなか付いて行けなくてフーフー言っているので、果たしてこの技術的ディーテールまでチャンと理解できるかどうか心もとないが、必死になって喰らいついて、なにがしかの最先端知識・情報を頭に詰め込んでこようと思っている。

ところで、このブログでもときどきボヤいているように、ニューヨークにはもう3年半もご無沙汰だ。仕事がらみでは5年以上になる。その間、西海岸に2回、ハワイに2回と、米国ということでは足を踏み入れていないわけではないのだけれども。
2003年までは十数年間ずっと、プレ・クリスマスを家内と一緒にニューヨークで過すのを慣わしにしていたが、2003年を最後にそれが途絶えている。9.11以来米国では、たとえサンフランシスコやホノルルであっても、セキュリティ・チェックが厳しくなり、家内はそれに嫌気がさして、しばらく行く気が起こらないでいるのだ。

自分としては、先端情報を吸収し、現地の知人・友人とのネットワークを絶やさないためにも、ビジネスマンとしての自分を育んでくれた街ニューヨークには、健康が許す限りまだまだ何度でも行きたいと思っている。
家内には、自分の仕事中は買い物でもしているなりして(事実これまで何度もそうしてきた)、また一緒に出かけないかと昨年・一昨年も打診し、今回もそれとなく誘っていたのだが、ムッシュをまたしばらくの間ホテルに預けるのも可哀そうということで、結局自分独りで行くことにした。家内は、今度ボストンへ行くときにでも立ち寄ろうかと言っている。

旅の手配はもうすべて済ませたし、DMAへの参加登録も終えたが、今回は観光ではない一人旅のため旅費が割高になり、それにコンファレンスへの参加料もかかるので、エアラインは外国の航空会社でホテルも中級。
スケジュールもほとんど余裕なしの4泊6日だが、なあに、勝手知ったるマンハッタン。合い間を縫って少しでも歩き回り、彼の地の活き活きとした空気を吸って、元気で帰ってくるゾ。

帰国後またここで、あれこれ報告するつもりでいる。

|

« 母の日は誰の日? | トップページ | 新緑 清里の森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DM Days New York ’07:

» dm メール [dm配信代行 口コミ情報]
「dm配信代行 口コミ情報」へようこそ。「dm配信代行 口コミ情報」では、dm配…[dm メール] [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 09時40分

« 母の日は誰の日? | トップページ | 新緑 清里の森 »