« SP(セールスプロモーション)広告賞をどう考える? | トップページ | iPodとマイ・ナツメロ »

2007年4月30日 (月)

書店の楽しみ

いまは、本やCDを買うのにオンライン・ショップがあって、とても便利だ。自分も大いに利用しているが、だからといって書店やレコード店に行かなくなったかといえば、そんなことはない。特に書店についてはそうである。ビジネス書や実用書など、あらかじめジャンルやキーワードなどである程度の見当がついているものは、オンライン・ショップで検索して買うことが多いが、楽しむための読み物は、書店を訪れて棚や平台をざっと眺め、気になったものを手にとり、目次や奥付をチェックしたりして、あえて手間をかけて買うことがほとんどだ。そうしないと、本を買うときの喜びと楽しさが半減(以上)する。
そう、書店へ行って本を買うということは、単なる実用上の行為ではなくて、一種のレジャーであり、憩いでもあるのだ。

だから、自宅の近所にある書店に散歩がてら足を運ぶのはもちろんだが、仕事で出かけたときに大型オフィスビルの中で、あるいは他の買い物でデパートなどに入った際に、また電車の乗換えで地下街や駅ビルのショッピングモールを通るときなどは、時間のある限り、つい書店に立ち寄ってしまう。
たまに授業や学会などであちこちの大学に行ったときには、必ず傍に何軒か書店があるので、それらをハシゴするのも序でながらの楽しみだ。

だが、書店に入っても、すべてのセクションを万遍なく見てまわるというわけではなく、チェックする分野はだいたい決まっている。
まずは最初に、やはり仕事柄ということで、一応ビジネス書のセクションを見る。オンライン・ショップに当然取り揃えてあっても、文体や編集スタイルなど、実物を見ないともう一つわからない場合もあるからだ。そしてそこでは、コッソリ横目で、自分の著作が置いてあるかどうかも確かめる。超大型店ではだいたい置いてあることが多いので、まあまあ安心していられるが、中途半端な大型店では、あるべきところにないので独り落ち込む。予想外に、私鉄沿線や大学周辺などの古くからある小さな本屋さんなどで発見することもあって、そんなときには、思わず店主の見識に頭が下がる...思いだ。

書店で探して購入するジャンルは、昨今では非常に偏っている。8割方は“古代史もの”で、残りの2割が“海外紀行・ドキュメント”、“お笑い・風刺エッセー”などで、それぞれのジャンルの間にまるで脈絡がない。強いていえば、みんな電車やトイレの中で欠かせない、肩の凝らないエンターテインメントだというところか。
これで結構へそ曲がりだから、ベストセラーなどになったものはとたんに買う気が起きなくなり、新刊もハードカバーのうちは我慢して、文庫版になってから買う。なにもケチっているわけではなく、外出するときに、重くて厚いハードカバーは物理的に携帯に不便なのだ。(自分の本がそうなのは棚に上げているが...)
というわけで、文庫・新書のセクションには最も時間をかけ、本を探す楽しみを心行くまで味わい、何冊もまとめ買いして、常に自宅の在庫を切らさないようにしている。

雑誌はこのごろ買わなくなったし、立ち読みすらあまりしなくなったので、このセクションに寄ることはめったにない。大部分の情報がインターネットで間に合ってしまうせいか、編集者の世代交替で自分たちにアピールするコンセプトのものがなくなったせいか、それとも単に文字が小さくて読みにくいせいか...その何れでもあるかも知れない。
外出携行用の文庫や新書の在庫がたまたま切れたとき、やむを得ず駅のキオスクなどで週刊誌を買うことがあるが、読み応えがなくて後で必ず失望する。何か、そうさせない知恵はないものか。私見では、次の号、先の号へと後を引くような、インターネットでは真似のできない独自の“連載”を(できたら何本も)考えたらいいのになどと思っている。

ところで、購入する本のジャンルの筆頭に挙げた“古代史”だが、知る人ぞ知る、自分はかなりのマニアだと思う。このテーマがらみではいろいろな引出しがあるから、これから折りに触れて書かせてもらうかも知れない。
興味を持ち始めたのは、40年前、宮崎康平の「まぼろしの邪馬台国」を読んで以来。今では時代を縄文以前から平安末期まで、舞台を日本に限らず東アジアから中東にまで広げ、学者・好事家の諸論はもちろん、紀行・ドキュメント、文芸作品やSF・ミステリー、その他ややキワものと思われるものまでも、ともかく日本という国とその文化および日本人という民族の成り立ちに関する本は、片っ端から買い求め読破してきた。
だいぶ前に、この類いの本だけで自宅の書棚が満杯になりその分を山荘の方に移したが、その後またスペースがなくなってしまったので、先日オープンに行ったときにダンボール一杯分を運び込んだ。まだ残っているし、すぐに増えてしまうので、近いうちにまた運ばなければならない。あらためて数えたこともないが、多分、全部で1000冊近くあるのではないだろうか?チッとも自慢にならないが、もちろん仕事関係の本より多い。

誰もそんなに興味がないかも知れないのに、思わず長々と書いてしまったが、実はいま書店で探すのが最も楽しみなのは、この分野のもの。
近所であるいは出先で、今日もまた自分は、何かその手の本が新しく並んではいまいかと期待に胸をふくらませながら書店のドアを開ける(といっても大概自動ドアだから独りでに開くが...)。

|

« SP(セールスプロモーション)広告賞をどう考える? | トップページ | iPodとマイ・ナツメロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書店の楽しみ:

« SP(セールスプロモーション)広告賞をどう考える? | トップページ | iPodとマイ・ナツメロ »