« ある日、渋谷で | トップページ | 話が長いと伝わらない »

2007年2月26日 (月)

迷惑メール

まったく困ったものだ。というよりも腹が立つ。インターネット・チャネルを通じて、いわゆる“迷惑メール”(SPAM)が、毎日、何十通とパソコンに送りつけられてくる。SPAM排除のソフトウエアをインストールしてあるから、その手のメールは片っ端から識別・ブロックされて自動的にSPAMのフォルダに入るようになっているのだが、それを一日に何度も、確認しては削除しなければならないのが煩わしい。
しかし、たまに変ったアドレスの人が送信してくると、SPAMではないのにそう識別されて、そちらのフォルダーに入ってしまうことがあったりするので、やはり確認は必要であり、面倒でもこの作業は続けざるを得ない。

ずっと以前からこうだったわけではなく、ひどいと意識するようになってから1年くらいしか経っていないような気もするが、何でこんなことになったのか見当もつかない。
カード会社、マイレージ・クラブ、パソコンのハードウエアおよびソフトウエア・メーカー、関連業界団体など、メールアドレスを登録してあるところは、すべて、プライバシー・ポリシーのきちんとしているところばかりだし、懸賞サイトなどに応募した覚えもない。が、あれこれ素人考えを巡らせてみると、ブログを始めた昨年あたりから、そしてどうも、変なトラックバックを訳のわからないまま開いてしまった頃からのような気もする。

ただ、知人や友人などにも聞いてみると、みんな同じような目に遭っているらしいので、自分だけに関係のある原因によるわけでもないようだが、それにつけても何とかならないものか?加入しているプロバイダーによっては、SPAMはそこのサーバーでブロックされ、加入者のところまで影響は及ばないという話も聞くが、そうなのだろうか?

でも、よくマア飽きもせず、日本語メールはいわゆる“出逢い系”や“H系”、英語メールは“投資”や“ローン”や“精力増強剤”や“模造時計”など、基本的に同じオファーを手を変え品を変えして送ってくるものだ。一見、さまざまな業者から送信されてくるように見えるが、用件名や発信者名は変えていても、リンクのアドレスは同じだったりして、発信者の実体は割合限られているようにも思える。
してみると連中は、やっていることは甚だ怪しいが、案外「ロングテールの法則」を実践しているのかも知れない。いや、それほどのものではなくて、単に“下手な鉄砲も数打ちゃあ当たる”の方だろう。とも角これだけ執拗に続けているということは、やはり、ツイ引っかかってしまう人もいるということなのかも知れない。用心、用心。

自分は現在、メールはパソコンに限っていて、ケータイ・メールは使っていない。ケータイを持ち始めの頃は、あえてそこまでしなかったのだが、迷惑メールの処理が面倒くさくって、メール機能そのものを利用しないことにした。もっとも今は簡単にブロックできるサービスがあって、自分みたいにまでしなくてもいいらしいのだが、メールはパソコンで十分用が足り、ケータイ・メールの必要性を感じないので、これでいいと思っている。
だいいち、ケータイでメールを打とうと思っても、いちいち老眼鏡をかけないと文字がよく見えないし、片手の指一本だけで素早くキーボードを操作するなどという器用なことは、今の自分にはとてもできない。

ところで、インターネットが出現する以前は、迷惑メールといえば、郵便によるダイレクトメールのそれのことだったが、今ではたいていの人は、Eメールのそれを思い浮かべる。事実この頃は、自分のところにも、それらしきダイレクトメールはほとんど届かなくなり、Eメールとくらべるとダイレクトメールには何だか“節度感”さえ感じられるようになって、届いたものはすべて、一応は開封することにしていた。
ところがつい先日、折角抱いていたそんな好感が吹っ飛んでしまうような、はなはだ不愉快な一通のはがきダイレクトメールを受取った。

第三者に記載事項が見えないように通常のハガキの2枚分を張り合わせたかたちになっている、いわゆる“シール式はがき”というヤツで、宛名面にはもっともらしく「重要」「親展」という文字が刷り込んであり(昔からある陳腐な開封促進テクニックだが)、裏面には大手スーパーJのグループ名「A」を冠した「Aキャッシュ・プラザ」という社名およびAグループのロゴマークと、“お手軽・便利な振込ローン”という見出しと共にその取り扱い先らしき金融機関のロゴマークが掲載されている。
一見して、消費者金融の案内と見当がついたが、“何でこんなものを自分のところに送りつけてくるのか”とムカついただけでなく、“どうしてAグループの会社が自分の宛先を知ったのか”と不審に思い、電話をかけて追求しようとシールを開いてみた。

案の定、多重債務者をカード会員化し“まとめ借り”を勧めようとする内容で、“そんなものを案内される謂れはないのに、どこで自分の宛名を入手したのか”と迫ったら、電話口の男は“個人情報の保護規定に触れるので言えない”とぬかした。
“ふざけるんじゃない、それはこっちが言いたいセリフだ!”と、なおも追求したら、今度は開き直って“営業妨害するのか...”と、ガチャン! 

怒りが治まらないまま、これが世にいう悪徳業者かとインターネットで調べてみたら、その会社のホームページなどはなく、関東財務局が掲載する「悪質な貸金業者の情報」というページに、この会社を筆頭にして、何十・何百社もの業者名とその違反点がリストアップされていた。実在する著名会社の関連会社と思わせて安心させるため、その社名の一部の文字を変えたり、紛らわしい名称にしたり、社名ロゴを色を変えて使ったりしていて、関東財務局登録と記載している番号はすべて詐称。まことに悪質きわまりない。
この種のリストは、近畿財務局でも北海道財務局でも掲載しているようで、全国ではどれだけあるのか見当もつかないほどだ。

宛名ラベルにプリントアウトされていた自分の名前に関して一つ気がついた。苗字の“澤”が略字の“沢”になっている。自分が名前を出したり登録したりしている(したがって日常的にダイレクトメールも受取っている)ところはすべて“澤”のはずなのに妙だなと思って手元に残っていたダイレクトメールをよく調べてみたら、2つだけ“沢”のところがあった。大学の校友会とゴルフクラブだ。ウーン...それなら名簿屋ルートから流れることがあり得るかも知れないなと、納得した訳ではないが、一たん鉾を納めた。

メールではなく、いわゆる“迷惑電話”(テレマーケティングと混同・誤解されている)も同じこと。どれも、何の事前認知関係もない相手にいきなり、望まれてもいない商業的メッセージを送るという商法だが、こんなやり方は不審がられ反感を持たれるのが関の山だ。ヒット率の良くない方法なのに、それがわからないのだろうか。毎日こんなことばかり考えている連中に、“その時間と頭をもうチョッとマシなことに使え!”と言いたい。
またこれには、陰で名簿を提供しているマーケティング・コンサルタントづらした業者がいるはずで、そんな輩にも、“商売したさに目的構わず協力するんじゃないよ!”と、断固糾弾しておく。

こんな連中は、当局によって徹底的に取り締まってもらいたいものだが、同時に気にしなくてはいけないのが、“だからEメールは...”、“やっぱりダイレクトメールは...”、“テレマーケティングはねえ...”などと、メディアそのものの真価が誤認されること。
“顧客中心の時代”のコミュニケーションの根幹となるこれらのメディアについての偏見や誤解を、防ぎ、なくすために、関連業界は、対消費者・対企業の両市場に向けての広報活動など、より積極的な戦略を展開する必要がある。
金も力もない自分だが、そのためには知恵だけでも大いに絞って寄与したいと思う。

身辺雑感のつもりで書き始めたのが、職業柄、ついいつの間にかマーケティング談義になってしまった。

|

« ある日、渋谷で | トップページ | 話が長いと伝わらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑メール:

« ある日、渋谷で | トップページ | 話が長いと伝わらない »