« Being Direct (ダイレクトマーケティング一直線) | トップページ | 街が変り、人が変る »

2007年1月29日 (月)

「好きネー...」と言われても

実は、昨年の7月28日に書いた東横線J丘でのTさんらとの集いのほかに、もう一つ、毎月一回顔を合わせようということにしているグループがある。毎年のクラス会“早春会”の仲間のうち首都圏に住んでいる連中の集りで、大した人数でもないのに、仰々しくも“早春会関東支部”と称している。

一応、“広く時局を語り合う会”ということになっているが、なあに、早い話が、クラス会の2次会から始まったカラオケ好きの集いで、不定期だった頃から数えると、もう10年以上になる。場所はここ数年、JR大森駅山王口至近の某クラブだ。若くはない方々の集まりなので、その日は特別に宵の口に店を開けてもらい、他のお客さんで賑わってくる頃には退散することにしている。

特にみんなの興味が一致しているとか、何か特別な楽しみでもあるとかいうわけでもなく、ただめいめい勝手に好き放題にしゃべりかつ唄っているだけなのだが、オレ、オマエの半世紀前に帰って、誰に何の気兼ねも気張りもなく、気ままに時を過ごしているのがいい。

この歳になったら、普通、クラス仲間とは年1回も顔を合わせれば上等の部類らしいし、カラオケも毎月2回ずつというのは、世間的には少ない部類でもないらしい(あたしゃあ決して多すぎるとも思わないけれど)。だから自分としては、けっこう気を遣いつつ出かけるようにしている積りなのだが、ときどき、「好きネー...」と呆れられている。

でも、この仲間は全員メール(ケータイではなくパソコンの)で連絡がつくところがミソで、何かあったときには、そのネットワークが役に立つ。過日のN君とT君の不幸の時も、これがあるお蔭で、時間のないところ、いろいろと迅速に事を運ぶことができた。
ただ、我々の世代になると、クラス全員がメールで連絡というわけには、とても行かないようで、調べたわけではないけれど、まだ他にパソコン・ユーザーがいたとしても、多分数人。40人ほどいるクラス全体でも、半分に満たないだろう。自分たちは、それも国内企業だった連中は、それでも何とか済んだ最後の世代かも知れない。

先週は久しぶりに、この集まりに顔を出した。仕事や個人的都合で、昨年の秋以来になる。今年初めてだったせいか、思ったより多くの顔がそろった。この店の永年の常連で幹事役のN、自分よりもっとカラオケ好きのS、もと合唱部のW、あまり唄わないが聞き上手のT、もう一人の幹事役で仕切り上手のMa、それに自分の6人だ。
もとクラス委員のYo、弁護士の長老になってしまったK、いまだに山登りに忙しいYa、昨年千葉から故郷の和歌山に移住したMiの4人は、それぞれ先約や都合があって出てこられなかったが、それで一向にかまわないのだ。約束し合っているわけでも何でもなく、気が向いたらフラリと出てくればいいだけのことだから。

いつもなら、声がかかって渋々(のフリをして)、だいたい自分が最初にマイクを握るのだが、この日ばかりは珍しく、建前上の会の趣旨に沿ったかたちで、延々と世相を語り合ってしまった。
「不二家」の期限切れ製品出荷と期限切れ原料使用、「関西テレビ」(というよりも我々にとっては「フジテレビ」と思えるが)の番組「あるある大事典」でのデータ捏造など、社会的影響の大きい事件がどうしても話題の中心になったが、母校にハンカチ王子が入学してきたので一度どれほどの力があるか見に行ってやろうか、楽天に入った田中の方が伸びるのではないか、などという他愛もないスポーツ・ネタも。

みんな子供が一人前になり夫婦二人(あるいは自分のようにプラス・ペット)だけになっているので、若い頃のように家庭や家族の話はあまりしなくなった。

けっこう盛り上がったのが、迷惑メール談義。自分もそうだが、ほとんど全員が、毎日何十通もの迷惑メールで悩まされていると知った。思わずクリックして開いてみたくなるなどと言う、純なオヤジの正直な告白も。でも、どんなソフトをインストールするといいのだろうなどと話が難しくなったら、いつの間にかウヤムヤに。

で、決まって話の落ち着く先は健康問題だ。「あるある...」の納豆の話から発展して、肥満の気にし過ぎ、過剰ダイエット信仰などに話が及び、ホントは太り気味の方がいいのだなどと、ウエスト・サイズ自慢になってしまった。
そう言っても、テーブル上の飲み物はみんなウーロン茶。何だかんだ言って、やっぱり気にしているじゃあないか。

不二家や関西テレビの事件から、“だいたい、顧客のことを忘れている企業が多すぎる”などと自分が能書きをタレ始めたら、誰もまじめに聞いていない。そうだナ、空気を読めなかったナと、すぐに反省。折り良く(?)“一曲行けー”と声がかかったので、ためらいつつも(?)立ち上がった。

そして私は唄った。「好きネー」と言われて家を出てきたが。

|

« Being Direct (ダイレクトマーケティング一直線) | トップページ | 街が変り、人が変る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「好きネー...」と言われても:

« Being Direct (ダイレクトマーケティング一直線) | トップページ | 街が変り、人が変る »