« 伝統型広告とメディアの今後 | トップページ | 年頭に想う »

2006年12月25日 (月)

アロ~ハ、2006年

毎日事務所に通って仕事をしていた頃にくらべれば、多分ずっとマイペースなはずの生活なのに、12月になるとやはり、何かと用事が多くてせわしない気持ちになる。年賀状もまだ書いていないが、アッという間に、今年もあと1週間というところまで来てしまった。
年々、1年の経つのが早いと感じるようになってきているが、今年は特にそうだった。週一ペースでブログを書いているせいか、月日が週単位で過ぎてゆくような気がする。

そんなにすることが沢山あって忙しいのなら、自由な時間があるときは家でゆっくりしてれば良いものを、好んでより忙しくするように、押し迫ってからバタバタで決めて、ハワイに行ってきた。ここ15年来の慣習で、プレ・クリスマス・シーズンには夫婦でどこか外国へ出かけないと、何かやり残しているような気持ちになって落ち着かないのだ。

以前からこのブログでも言っていたように、ほんとは、3年振りにニューヨークからボストンへ行く積りだったが、あれこれ航空会社やホテルを選り好みしているうちに、行きたい時期に間に合わなくなってしまい、結局、いつでも行けるハワイということになった次第。

ただしハワイとは言っても今回は、自分たちがまだ行ったことのない、ハワイ島をメインにした。ハワイ諸島の中でもいちばん、手つかずの大自然が残っているらしいというのが理由で、何度も行っているオアフ島には、帰りにチョッとだけ寄ることに。

ハワイ島に関しては、“コナ・コーヒー”と“キラウエア火山”ぐらいしか予備知識がなく、数日滞在すれば一通りの観光はできるだろうと思っていたが、とんでもなかった。“ビッグ・アイランド”の愛称に恥じず、地図で見ただけでは分からないスケールの大きさと奥の深さがあって、今回はその魅力のほんの一部だけに触れてきた。

キラウエア山頂の大クレーターにも度肝を抜かれたが、それよりも、島の南北いっぱいに裾野をひろげるマウナ・ケア山とマウナ・ロア山のデカいこと。標高も富士山よりはるかに高く、4000メートルを超すそうだが、どこまで行っても視界一杯に広がる山裾の広さには、ただ圧倒されるばかりだった。

キラウエア噴火口の他にも、一応、ブラック・サンド・ビーチ(黒砂海岸)とか、パーカー牧場とか、レインボー・フォールズとか、お定まりの観光スポットらしきところはバスで回った(ハワイアンの名曲にもあるアカカの滝やワイピオ渓谷などには行けなかった)のだが、ガイドによれば、こんなものではなかなか本当のハワイ島の良さはわからないということだ。確かにそうかも知れない。

観光名所を漏れなく見て周りたいとは、あまり思わないが、赤・黄・オレンジ・ピンク・紫色に、いたるところに咲き乱れるハイビスカスやブーゲンビリアやその他の名も知れぬ花々と、あくまでも透明にどこまでも青い海を見ていると、どこへ行っても人で溢れているワイキキ・ビーチなどとは大違いのこの島こそが本当のハワイではないかと思えて、このままロング・ステイしていたい、また帰ってきたいという気にさせられた。

ただ、望んだわけでもないのに、パッケージ・プログラムの一環として嫌も応もなく乗船させられた“ホエール・ウォッチング”には参った。波が相当高かったにもかかわらず太平洋をかなり沖合いまで出て、何十年振りかのひどい船酔いで完全にグロッキー。それで実際に鯨が見えたのならまだしも、シーズンに入ってまだ二日目とかで、結局何も見えず、陸に上がってからも二日間ぐらいは、身体の揺れる感覚が止まらなかった。

だが、島の西側カイルア湾に面したコナ海岸のホテルは、最高の景観と雰囲気だった。ロビーもレストランもオープン・エアで、心地よい風に頬をなぶらせながら目の前に波打ち際を臨み、椰子の木の葉以外には遮るものは何もない遥か彼方の水平線上に落ちるハワイアン・サンセットを眺めているのは、まさに至福のひと時。「珊瑚礁の彼方」のスチール・ギターのメロディーが耳もとに流れるように思えて、しばし、冬の日本を忘れた。

けれども、何日か経って成田空港に戻ると、そこには紛れもない師走の寒風が吹きぬけており、ハワイぼけからたちまち現実に引き戻され、この一年の出来事や翌日からの年内の予定が走馬灯のように頭の中をめぐって、何か慌ただしい気持ちに。

思えば、このブログも早1年。自他共に認める気まま者にしてはよく続いたものだが、最初にかたちを決めてかかったため、正直いうとだいぶ構えてしまい、ブログらしからぬ書き方をする結果になったような気がする。来年からは、もっと気楽にいこう。

とりあえず、今年はこれで書き納めということにさせてもらって、年末・年始は2週間ほど休筆し、松が明けたらまた戻ってきたい。

アロ~ハ、2006年! 拙文を読んで下さっている皆さん、どうぞ良いお年を!

|

« 伝統型広告とメディアの今後 | トップページ | 年頭に想う »

コメント

よいご旅行だったようで羨ましい限りです。
我が家は人数が多すぎて、のんびりを味わうにはあと何年掛かるかわかりませんので。^^;

投稿: 課長007 | 2006年12月28日 (木) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アロ~ハ、2006年:

» ハワイ ハワイ島 [ハワイを知ってハワイに行くためのハワイ情報局]
ハワイ島は、アメリカ合衆国ハワイ州(ハワイ諸島)の島である。 ハワイで最大の島であることからBig Islandとも呼ばれ、その面積は10,458 km族、日本の四国の約半分程度である。島の人口は148,677人(2000年国勢調査)と、ハワイ州の島としてはオアフ島の次。 [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 11時36分

« 伝統型広告とメディアの今後 | トップページ | 年頭に想う »