« DM大賞 | トップページ | 山荘の冬支度 »

2006年11月27日 (月)

クラムチャウダー

“言うまいと思えど今日の寒さかな”(作者不詳)。
めっきり冷え込むようになった。あと2~3日で12月になるのだから、当然だが。

家内に、“こんな時は温かいものがいいナー”と、それとなくおねだりしたら、晩ご飯のスープにクラムチャウダーが出てきた。温まっただけでなく、すこぶる美味。
自分は内陸部で育ったせいか、シジミの味噌汁以外は貝類が苦手(ハマグリの吸い物やアサリの味噌汁も身は食べられず、生牡蠣や貝類の握り寿司などは特にダメ)なのだが、どういうわけかクラムチャウダーだけはいけるので、時々つくってもらっている。

家内のクラムチャウダーは、ボストンのそれにとてもよく似ている。家内は小澤征爾のコンサートを聴きに郊外のタングルウッドに行ったことがあるだけで、市内のレストランの味は知らないはずなのだが、どうしてだろう?自分とは対照的に魚介類が大好きなので、いろいろ追求しているうちに偶然、同じ味に行き着いたのかもしれない。
ボストンのクラムチャウダーは、“ニューイングランド風”と呼ばれる、牛乳や生クリームをベースにした白いスープだが、同じ米国内でも地域によって濃度や風味にいろいろな違いがある中で、自分はここの、あまりドロッとしていないやつが好きだ。

近頃は日本でも、その辺のカフェやファーストフード店で、これをメニューに載せている店が出てきた。だが、期待してどれどれと注文してみると、どうもイマイチの味でがっかりさせられる。ちゃんとしたレストランで頼めば、それなりのものを味わえるのはわかっているけれど、もともと気軽なものなのだから、こういうところでもまずまずの味のものを出さなくっちゃ。(って、ちょっとうるさ過ぎるかな?)

ニューヨークへ行くとこれは、“マンハッタン風”と呼ばれる、赤いトマトスープになり、水煮のトマトやベーコンなども入って、見かけも味もミネストローネ・スープに似てくる。これはこれでまた美味しいのだが、自分はやっぱり、トマトスープならミネストローネそのものがいいし、クラムチャウダーならクリーム味のニューイングランド風の方がいい。
だからというわけでもなかったのだが、考えてみるとニューヨークでは、昔、セントラルステーション地下のオイスターバーで食したぐらいで、その後ほとんど記憶がない。この街では、チャイニーズやイタリアンばかり食べていて、シーフードを食べようという気にあまりならなかったからかも知れない。

ただ、ニューイングランド風も、西海岸の方へ行くとまた違った食感のものになる。東海岸のものとくらべるとよりネットリとクリーミーで、スープというよりもシチューという感じだ。サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフの屋台には、紙カップ入りと、デカい球形のパン(サワードゥー)を刳り抜いた中によそってくれるものとがあるが、どちらもボリュームはたっぷり。自分などの場合は何しろ中身だけでお腹が一杯になってしまうので、とてもカップ代わりのパンまでは食べられず、いつも紙カップにしている。
ボストンの味とは違うが、ここに来るとやっぱり一度や二度はこれを味わわないと気が済まない。わざわざレストランなどには入らず、漁港独特の匂いが漂い頭上にはウミネコが飛び交うワーフの車止め石などにチョイと腰を掛けて、屋台で買った熱々の一杯をフーフー言いながら啜ると、なお一層気分が出る。

ボストンの味が好きだと言ったが、実は自分も、そんなに能書きをタレるほど何度もボストンに行き、何軒も試しているわけではない。印象に残っているのは、ジョン・ハンコック・タワーの傍の「スキップジャック」というレストランや、名前は忘れてしまったがウォーターフロントのレストラン、それからショッピングアーケード「コープリープレイス」内のフードマーケット「マルシェ」などで、旅行ガイドによく名前が出てくる「リーガル・シーフード」にはまだ行っていない。

今年は、3年ぶりにニューヨークを訪れてボストンにも足を延ばし、チャイニーズとシーフードを堪能してくる積りだったが、ホテル事情がはっきりしなかったりしてマゴマゴしているうちに、寒くて行く気がしなくなってしまった。が、松坂投手がレッドソックスに入団するかも知れないし、来年暖かくなったらぜひ行きたい。
でも、やっぱりプレクリスマスの頃にはどこか海外に行っていたいということで、急遽、ハワイに行くことになった。慣れて気楽なところだからだが、今回はこれまで行っていないハワイ島がメイン。キラウエア火山などを見てこようと思う。

帰りにオアフ島にも寄るので、ハワイ風のクラムチャウダーもトライしてみる積りだ。ホノルルのアラモアナ通り沿いのワードウェアハウスの中に「チャウダーハウス」という店があって、ニューイングランド風とマンハッタン風の両方を出してくれるらしい。オアフ島には何度も行っているのに知らなかった。

ムッシュには、しばし淋しい思いをさせるが、外国旅行の時はいつもホテルをお願いしている近所のペットクリニックのお姉さんが、きっと優しく面倒をみてくれるに違いない。

|

« DM大賞 | トップページ | 山荘の冬支度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラムチャウダー:

« DM大賞 | トップページ | 山荘の冬支度 »