« ムッシュとお留守番 | トップページ | 秋なのに“早春会”? »

2006年10月30日 (月)

秋色八ヶ岳

2人プラス1匹としては約40日ぶりに、清里の山荘へ出かけた。仕事が特別に忙しかったわけでもないのだが、前から決まっていた公私の予定のため、なかなかまとまった時間がとれず、これではきのこや紅葉の時期を逸してしまうと焦っていたところ、うまく3~4日続けて空いたので、25日に急遽、出かけることにした。
前日までの雨が嘘のように晴れ上がり気温も上昇してきたので、道中、山々の紅葉でも鑑賞しながら行こうかと、午前中に出発する積りでいたが、何だかんだとその前に済ませておかなければならないことがあって、結局、家を後にしたのは午後の2時過ぎ。

我が家の庭や近所の街路・公園などのハナミズキは、すっかりいい色になっていたので、山の方はさぞかしと思っていたら案外そうでもなく、やや標高が高いはずの中央高速道の談合坂サービスエリアあたりになっても、まだほとんど紅い色が目立たない。しからばと、大月からは国道20号に下りて桂川の渓流沿いに進んでみたが、ようやくまばらに山が色づいてきたのは、笹子トンネルを抜けて甲府盆地の上縁に差しかかった頃だった。

秋の陽はつるべ落としというが、その通り。夕刻の5時というのに、甲府市の中心部を過ぎる頃はもうトップリと暮れて、遠くの景色は見えなくなり、清里の森に入ってやっと、車のライトが照らす闇の中に、真っ赤に色づいたカエデやドウダンツツジが浮かび上がった。これなら我が家の方も、かなり色づいているかもと一安心。
と、思いきや、着いてみるとどうもまだ前庭はあまり紅くなっていないようで、少し落胆。だが、きのこが呼ぶ匂いがする。で、到着早々ムッシュを放ったらかしにしたまま、家内と二人真っ暗闇の中を、ポータブル・ライトを頼りにきのこチェック。

今回は全三日の予定だったので、時間がもったいないと翌日は自然に早々と目が覚めた。さっそく外に出て、家の周囲を一通り歩き回ったが、残念ながらやはり、紅葉はさほどではない。一方きのこは、いつもの場所には全然出ていなかったり、これまで一度も生えたことのなかった場所にヒョッコリ頭を出していたりと、相変わらず気まぐれだった。

我が家の東側の庭では、いつも、チャナメツムタケというナメコの兄貴分のようなきのこ(味噌汁や大根おろしで食すと美味い)がよく採れるのだが、今回はその場所には出ておらず、予想もしなかった西側の庭の朽木と落ち葉の中に群生しているのを見つけた。きのこという奴は、ただ立って上から眺めていたのではなかなか見えないが、しゃがみこんで目線を下げると、不思議と見えてくる。一つ見つかると、次から次へと見えてくるのだ。

これが本当の“朝飯前”だが、家内と二人でも一度ではとても採りきれないほどの収穫。昨晩すでに確認済みの、前庭のシモフリシメジもまずまずの量が採れたので、早速朝の食卓に載せてもらう。歯ごたえがあって、いい味が出て、実に美味い。が、毎食でもとても食べきれないので、帰ってからも食するため、茹でこぼして持ち帰ることに。

実は今回のメインの仕事は、ベランダの塗装。2年前に新しく付け替えたのだが、山の厳しい風雨に晒されるので、毎年ケアしないとたちまち傷みがきてしまう。しかし、ただ塗ればいいというわけではなく、その前にまず、床板の上に降り積もり隙間に詰まったカラマツの落葉を、掃き去り取り去らなければならない。しかもこの時期は、掃いても掃いても、そのそばからハラハラ、ハラハラと散ってくるので厄介だ。

ほとんど無我の境地で、真っ暗になるまで塗装に集中した結果、床下の支柱部分と庭から上がってくる階段の一部を除いて、あらかた仕上がった。翌朝明るくなってから改めて見ると、塗り直した甲斐あってやっぱりきれいになっており、チョッピリ自己満足。

でも決して、ぶっ通しで作業ばかりしていたわけではなく、間には、ムッシュの散歩もさせたし、昼食には蕎麦を食べに、前に紹介した「藤乃家」へも行った。そしてその往復に、八ヶ岳スカイラインから望む八ヶ岳連峰をはじめ南アルプスや秩父連山のパノラマと、川俣渓谷の東沢大橋から展望する山一面の紅葉も、また天女山から大泉駅に下る坂道の紅葉のトンネルも、タップリと楽しんだ。

他には何もできず、ムッシュなどは何のために来たのかわからずつまらなかったろうが、天候にも恵まれたこの三日間、けっこう充足感があった。

帰りの日は、朝方雨が降ったようで、午前の森は曇り空。ハックショイとくしゃみも出て、いやにゾクゾクすると思ったら、出発する午後になっても、何と外気温はまだ7度の肌寒さ。でも、山を下りてくるにしたがってどんどん上昇し、甲府盆地の真ん中では24度まで上がり、本来は適温のはずの車内が暑く感じられた。

今年も、あと2回くらいだろうか。最終回は今回以上にいろいろ作業しなければならないから、可哀そうだがムッシュは預けてこなければ。そしてその時ぐらいは久しぶりに「ぼのボーノ」で食事をしたいものだなどと、家内と話し合いながら帰途についた。

|

« ムッシュとお留守番 | トップページ | 秋なのに“早春会”? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋色八ヶ岳:

» 山之村自然学校にてキノコ観察が開催されました [飛騨 山之村 田舎暮らしの本音]
びっしり生えたナラタケ 10月21日、22日の2日間に渡り、山之村高原にてキノコ観察会が開催しました。紅葉が始まった秋の山を、参加者と一緒に歩き、キノコの見分け方、森とキノコの関係やキノコが好む樹種など学んでいただきました。 ウォーミングアップを兼ねて30分ほど森を散策したあと、いよいよキノコ山へと向かいました。天気は快晴。秋の終わりに発生するシモフリシメジを求め一歩森に入ると・・・! 目的の美味しいキノコがすぐに見つかりました。それから目を凝らすと辺りにびっしり顔を出しています。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 18時42分

« ムッシュとお留守番 | トップページ | 秋なのに“早春会”? »