« スズメバチの恐怖 | トップページ | 季節の変わり目 »

2006年9月29日 (金)

OH ! MY ニューヨーク

知る人ぞ知る――かも知れないが、フジテレビの早朝番組「めざましテレビ」に、「OH! MY ニューヨーク」という、ニューヨークの旬な情報をリアルタイムでレポートするコーナーがある。あいまいな記憶だが、もう10年くらい(もしかしたらそれ以上?)は続いているはずで、これまでずっと、家内と共通の朝の楽しみにしてきた。

もともとは毎週水曜日の7時40分頃、定期的に放映されていたのに、いつの間にか時間帯が繰り上がったり、週単位でなく月単位になったりしたため、だいぶ長いこと見る機会を逸していたが、一昨日27日(水)の朝は、久しぶりに見ることができた。本来マンハッタンの話しが多いのだが、この日はその南東にあるガバナーズ島(もと刑務所のあったところ)を探訪。この島自体の話しはそれほど面白いとは思わなかったが、背景に見えたマンハッタンのビル群とその上の夕焼け空が、ニューヨークの秋を伝えていて懐かしかった。
今月は、例の9.11からもう5年になるということで、月の初めころには各テレビ局でニューヨークの特集を組んでいたが、それらの番組を見たり、この日の画面を見ているうちに、また、たまらなく行きたくなった。そう言えばもう、ここ3年近く行っていない。

9.11のあの年は、10月初めにニューヨークからボストンにも回って、ボストン・シンフォニー・ホールでの小澤征爾のオフィシャル・ラスト・コンサートを聴こうとチケットまで買っていたのだが、当時籍を置いていた企業グループから、危険を避けるため当分の間、公私に拘らず海外渡航を自粛するようにとの指示が出されて、やむを得ずキャンセルした。
そんな残念な思いがあって、翌年7月には、彼の事実上の米国最後の演奏となったボストン郊外タングルウッドでの野外コンサートには参加し、同時にWTC(ワールド・トレード・センター)の跡地“グラウンド・ゼロ”にも立ち寄って、犠牲者に祈りを捧げてきた。

自分が働いてきたいくつかの会社のほとんどが米国系の企業で、関係している業界団体も米国に本部があり、それらの事業所がニューヨークのマンハッタンに所在していたこともあって、これまで40年の間に、仕事目的だけでも、どれだけの回数訪米し、延べ日数でどれだけ長くこの街に滞在したかわからない。だからニューヨークが大好きになって、プライベートでもこの十数年は、家内と共にプレ・クリスマスをニューヨークで過ごすのが慣わしになっていた。9.11の翌々年もそうしたが、WTCのないプレ・クリスマスは、文字通り、灯が消えたような淋しさだった。

あのビルの107階まで上り、360度の展望を楽しむこともしたが、地下街とビルの周辺の店では、よく買い物をした。地下1階には、ヨーロッパ系の高級ブランド・ショップこそなかったが、「ギャップ」や「バナナ・リパブリック」や「ストロベリー」それに「ナインウエスト」といった庶民派のアメリカン・ブランドが、大小50以上も集まってモールが構成され、その時期にはセール目当てに、マンハッタンを南北および東西に貫く2本の幹線地下鉄(1.9線とNR線)から絶えず吐き出されてくる人々でごったがえしていた。

ビルの東側には、道を挟んで「センチュリー21」(ブランド品ディスカウント・ショップ)と「ブルックス・ブラザーズ」があり、ここで家内と自分は、左右に別れるのが常だった。どちらの店舗も、’03年に訪れた時には壁面修復に手がつけられず、まだ再開していなかったが、多分現在は、もと通りに営業しているに違いない。
また、ニューヨークからグリーティングするために、家内がいつもクリスマスカードを購入していたのが、やはりビル地下のショッピング・モールにあった文具店「ホールマーク」。毎年新しい意匠を凝らしたものを売り出すので楽しみだったが、いま手もとに偶然にもたった一枚だけ、無印刷でWTCをレリーフ状に浮き上がらせたデザインのものが残っており、家内が大切に大切に保存している。

仕事で来ていたときには、ビルの南側の目と鼻の先「マリオット・ファイナンシャルセンター・ホテル」手前の食品スーパー「アーミッシュ・マーケット」でも、よくベーグルやミネラルウォーターを買ったっけ。クリームチーズがサービスだったので、店の中でそれをトーストにして朝食を済ませたこともあった。だがその店は、やはり’03年の暮れに現地を訪れたとき、無常にも焼け爛れたままで、立ち入り禁止のバリケードに囲まれていた。

あの惨劇の日、WTC内のオフィスに勤務していた知人がたまたまいなかったのは、自分にとって不幸中の幸いだったが、消息が気になっていた人たちもいる。寡黙ながらいつもニコニコと優しかったホールマークの初老の小父さん、コロコロと太って威勢のよかったアーミッシュ・マーケットのお姐ちゃん、スタイルがよくマナーもいいバナナ・リパブリックの売り子さんたちだ。今になって思い出して、もしやと胸が痛む。あのときはどうしていたのだろう?地下1階や路面の店だし、早朝だったから、多分無事だったと思うのだが。

おっと、つい思い出ばなしになってしまったが、ニューヨークのことを話し出すときりがないので、またこの次に。ネタは山ほどあるが、古いネタだけでは進歩がないので、新しいネタを仕入にそろそろ行ってこようかと、いま、家内と話し合っているところだ。

|

« スズメバチの恐怖 | トップページ | 季節の変わり目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OH ! MY ニューヨーク:

« スズメバチの恐怖 | トップページ | 季節の変わり目 »