« あの夏の記憶 | トップページ | 銀行体質、メーカー体質 »

2006年8月30日 (水)

八ヶ岳の短い夏

先々週から先週にかけて、清里の山荘で夏休みを過ごしてきた。こちら横浜の家を出た頃は連日の30度を越す暑さで、夏の真っ盛りと思っていたが、向こうに着いたら空気も冷んやりと、はや、秋の気配が漂っていた。外気温も20度近くまで下がり、標高1400メートルの山荘の付近には、実際、ハギやオオマツヨイグサなど、秋の訪れを知らせる草花が咲き始めていた。

どうやら八ヶ岳の夏の盛りは、その前の週までだったようで、入道雲が出て激しい夕立が降り、どこかはわからないがごく近所に大きな落雷があったそうだ。首都圏大停電と同じときらしいが、この「清里の森」も変電施設が毀れてしまい、やっと修理が終ったところだと管理センターの人が言っていた。

“雷”といえば、この地域では、“落ちた”のではなくて“入った”という。カラマツやモミなどの高木に落ちた雷が地下を這って、各戸のアースや地下ケーブル経由で屋内の電気・電子器具の心臓部にまで侵入するから、そう言うのだそうだ。

実は我が家でも、思い当たるフシがあった。今回来て見たら、施工業者の言いつけを守って電源を入れっぱなしにしていたウォシュレットが、まったく通電せず、作動しない状態になっていたのだ。以前(山荘を建てたばかりの頃)にも、器具は違うが似たようなことがあったので、すぐに(雷が入ったのではと)ピンときた。
そのときは、ボイラーと電話機の心臓部を直撃されたのだが、あいにく電気屋さんもお盆休みで、数日どうにもならず、えらく不自由した。が、今回はACアダプターにブレーカーが内蔵されていたので電流がそこで自動遮断され、リセットボタンを押すだけで回復した。
冬季の想像を超える水道管の凍結といい、高山の暮らしには何があるかわからないのだ。

ところで今回は、宣言していたように、酷使していたアタマを少しでも休ませようと仕事は一切持ち込まなかったが、ただ毎日グウタラ過ごしていたわけではない。衰えたりとはいえ男の仕事をしようと、カラダは目一杯使ってきた。
珍しく長男と二男も、入れ替わりでやってきたので、彼らにも、この時とばかりと強制労働奉仕をさせた。やはり、男3人で仕事をすると随分作業もはかどるもので、懸案だったことがだいぶ片付いた。

冬の間の厳しい風雪で折れたり倒れたりしたままになっていた朽木・枯枝の処理、横庭・裏庭一面に延び放題になっていた笹刈り、“遊歩道”と名付けている裏庭を周回する枕木の通路に厚く降り積もりこびりついていたカラマツの枯葉の除去など、重い刈払機やスコップを使う単純な力仕事は倅たち。チェーンソーと鉈と鋏を使い分けてする余分な幹・枝の間引きと前庭の部分笹刈り、そしてバルコニー手摺りの塗装など、説明・指示するよりやった方が早い部分は自分の受け持ち。家内も、草花や山菜やキノコのための日照の妨げになる枝葉の剪定に高枝切りを振るった。

結局、全員でまる三日かかったが、それだけの時間を費やした価値はあったような気がする。ムッシュも、行き帰りの道中だけでなく、やや勝手が違う山荘の暮らしにもすっかり馴染み、我々の作業中も騒いだり足手まといになったりすることもなく、自分のペースとポジションをつかんだようだった。

毎年のことなので、特に出かけたいところがあったわけでもなく、いつものように「萌木の村」(今回はムッシュと一緒に入れる「カフェ・ロック」)へランチに、「藤乃屋」へ天ざるの夕食に、2~3度出かけたくらいで、あとは、負担をかけ過ぎて済まないと思いながらも、家内の手を煩わせた。
いつまでもこれではいけないことは分かっている。山荘にいるときぐらい、自分も何か料理を作るようにしなければ...。反省してます、がんばります。

どうと言うほどではないのだが、清里のこの夏、ちょっぴり良いこともあった。マスコミの話題にもなっていた水道問題(一般町民との理不尽な料金差別)も8年越しの裁判で最高裁勝訴。ベランダを付け替えた時に出た廃材の山の処理を2年越しで大工さんに頼んでいたが、それも完了。前述の庭仕事も含めて、何かとスッキリした。

天候にもまずまず恵まれ、夜間雨に見舞われたことは2~3度あっても朝になると上がり、滞在中ずっと晴れか曇りで適度の風もあり、汗をかいてもすぐに乾く絶好の作業日和が続いたのもラッキー。平凡だが何となく楽しい夏休みだった。

今度来るのは恐らく9月の中旬過ぎになるだろうが、もうその頃はすっかり、八ヶ岳の夏は終り、木々も黄ばみ始めて、ハナイグチなど初秋のキノコも生え出しているはず。そんな、たぶん肌寒いくらいの大気を想像しながら帰途に着いたが、1000メートル下って韮崎まで来たらまた30度の真夏に逆戻り。ヒエ~。

でも、残暑にメゲているわけには行かない。いろいろな仕事が順をつくって待っている。

|

« あの夏の記憶 | トップページ | 銀行体質、メーカー体質 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳の短い夏:

« あの夏の記憶 | トップページ | 銀行体質、メーカー体質 »