« マイレージは何処へ | トップページ | 君子の交わり »

2006年7月20日 (木)

トラブル二重奏

今週に入って思いがけず涼しくなったが、先週来の猛暑には参った。というのは、選りに選ってこんな時に、自室のエアコンが故障したのだ。もっと早く故障と気がつけばよかったのだが、戦中派の悲しさで夏は暑いものと悟り、やたらと人工的に冷やすことを良しとせず、暖房が終った4月以来ついこの時まで、一度もスイッチを入れていなかった。

しかし連続する熱帯夜の寝苦しさには耐え切れず、深夜リモコンを手にとってスイッチ・オンしたら...アチャー! 運転ランプが点かない。風向フラップが開かず、ウンともスンとも音がしない。いろいろリモコンの切り替え操作をしてみたがダメ。電池切れかとも思ったが、手元にスペアがない。ストックしてある場所に取りに行けば、せっかく寝付いたムッシュを起こしてしまうので、その夜は我慢して汗ダクで朝を迎えた。

あわてて修理を頼んで、来てもらったら何でもないことだったと恥をかかぬよう、電源、ブレーカー、ヒューズ、リモコンの設定、そして応急スイッチなど、自分でできることはすべてやってみたが、どうやっても動かない。メーカーの相談センターに電話して指示通りにやってみてもことごとくアウトで、遂に修理を頼むことに。
一応これでメドはついたが、1週間待たなければならないという。仕方なく、物入れの奥にしまったままだった簡易取付け式の小型扇風機を取り出して、数夜を過ごすことにした。これがあれば確かに風は来るが、もともと気温が高いので、とても涼風というわけには行かない。が、ないよりはマシというところで、久し振りに団扇も使った。

本格的な夏に入る前だったから、むしろこれで良かったのだと、前向きに考えることにして一安心していたら、また別のトラブルが発生した。今度はパソコンだ。何か画面が揺れるような感じがすると思っていたら、ちょっと目を離した隙に、ほとんど真っ暗になってしまった。光の当たり具合で微かに見えなくもないが、とても使えるレベルではない。ウーン、これは困った。エアコンはまだいいが、パソコンが使えなくては商売にならない。

修理しなければならないのだろうと思うが、期間が問題だ。その間、現在進行中の案件や約束に関する遣り取りはどうしよう。とりあえず、電話かハガキで一報を入れておかなければ....。いや、それよりもファックスか。でもその前に、ほんとにイカレてしまったのかどうかもう一度チェックしてみる必要がある。等々、考えが堂々巡りしているうちに、また日付が変わってしまった。でも、一晩たって少し落ち着いたら、修理には何日かかるのか、いちばん時間のかからない方法は何かを知るため、まずはメーカーのヘルプデスクに相談する必要があると考え、受話器をとった。

トラブルが発生したパソコンはS社のVのノート型。ヘルプデスクが指示する通りいろいろ操作してみたが、やっぱり画面は明るくならない。恐らくは液晶ディスプレイのバックライトの故障で、修理に出すと期間は10日ぐらい、保障期限切れなので費用は9万5千円はかかるという。S社のオンライン・ショップに10万円台の新モデルがあるから、いっそそれに買い換えたらという提案もあり、それもいいがその場合、既存のデータを自分で新しいパソコンに移すにはどうすればよいかという話になった。

その話の流れの中で、ハタと、自分が同じS社のVの極小型ノートと、それと組み合わせて使っていたディスプレイも持っていることを思い出したので、そう言ったら、とりあえずのところは、そのディスプレイを接続して使ったらというサジェスチョンを受けた。
しかし、この種の作業はいつも長男・二男まかせ。自分自身がやったことがあるのはプリンターの接続くらいで、あまり自信はなかったが、探してみたらそれらしき接続ケーブルも出てきたし、マニュアルと首っ引きでともかくやってみることにした。

電源以外、両機で2ヵ所ずつ、都合4ヵ所を接続すればよいのだが、ディスプレイ側の端子の1ヵ所にどうしてもプラグが入らない。端子のある個所のカバーが半分くらいしか開かないので、とみに不器用になった手先では上手く差し込めないのだ。よく見えないこともあって、もしやこのプラグは違うものでは?などとも考えてしまった。何度やってもうまく行かないので、思い余って、迷惑だろうとは知りつつ長男に電話したら、案の定、休日だというのに会社で仕事中。わけのわからない相談を長々と続けていては邪魔になると思い、早々に切り上げた。かくて、その夜もあきらめることに。

翌朝早く、気分を一新し改めてとりかかる。明るい自然光の下で、端子が最大限によく見えるようにディスプレイを逆さにし、どうしても入らなかったプラグの角度を微妙に変えながら何度も試みると...何と、今度はピタッと噛み合ったではないか!ネジも締まる!
ホクホクして、他のすべての個所も接続し、コンピュータとディスプレイの電源を入れると...キレイに出ました、画面が!二日ぶりに! アー良かった。

そして今、こうして使えているわけで、長男以外誰にも迷惑をかけずに済んだが、一時はどうしようかと焦った。いずれ買い替えなければと思うが、しばらくはこれで行こう。
夏の初めの、とんだトラブル二重奏でした。

|

« マイレージは何処へ | トップページ | 君子の交わり »

コメント

> やたらと人工的に冷やすことを良しとせず

まったくもって同感!

汗ダクになって水シャワーを浴びることの清々しさにはまっております。

よって6人家族にエアコン・1台、扇風機3台というインフラです。^^;

> オンライン・ショップに10万円台の新モデル

『一部でも壊れたら捨てる』風潮には納得できない部分も多いものの、

ヘルプデスクを生業としていた時のソリューションは、“過去は捨てろ!業務復旧スピードが勝負!!”などと申しておりました故、複雑なところでございます。

投稿: 0222 | 2006年7月22日 (土) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラブル二重奏:

» オフィスの事件簿2:エアコン騒動 [行け行け!LAビジネスウォッチャーズ]
ここロサンゼルスは暑い日々が続いている。東京の暑さから比べると湿度は少なく、不快指数は低いが、日差しは強く、とにかく暑い。弊社がリースしているオフィス・スペースは、12階建ての大きなビルの4階。ホテルのような1階ロビ... [続きを読む]

受信: 2006年7月21日 (金) 15時04分

« マイレージは何処へ | トップページ | 君子の交わり »