« 奇跡は起こらなかった | トップページ | 梅雨の合い間に »

2006年6月27日 (火)

父の日プレゼント

先週の日曜日、娘からズシリと重い宅急便が届いた。早速開けてみると、“父の日プレゼント”仕様の「虎屋」の羊羹と最中の詰め合わせ。アルコールがまったくダメで甘いもの(それも和菓子)には目がない父の嗜好を思い出してくれたのだろうか。ともかく、欲しいものが特に思い浮かばない今では、こういう贈り物が一番嬉しい。小さい頃は、手書きイラスト入りの手作りカードなどをくれた娘も、いまは一児を持つ身。自然に、親の喜ぶ何気ないものに気がつくようになったのだろうと思う。

そこへ行くと、せがれ達は電話もかけてこないが...などと心のうちで思っていると、次男が一週間遅れの父の日プレゼントと、一カ月余り遅れの母の日プレゼントを持ってやってきた。長男は、「母の日」こそ忘れなかったが、「父の日」は多分、忙しくて念頭に浮かばなかったのだろう。まあ、それで良い。こちらも、別にプレゼントを楽しみにしているわけではないし、自分の若い頃だって、そんなにマメではなかった。

ところで我が家では、「父の日プレゼント」のことを“父プレ”という。「母の日プレゼント」は“母プレ”、「誕生日プレゼント」「クリスマスプレゼント」はそれぞれ“誕プレ”“クリプレ”だ。多分、我が家だけでしか通用しない言い方だろう。

もう随分前のような気もするし、ついこの間のような気もするが、子供たちが全員家にいた頃は、何かというとプレゼントをし合っていた。もっとも品物を贈るのは夫婦間と親から子へだけで、子から親へと子供達の間は、カードか口頭でのグリーティングだけだった。
それでも、家の中で賑やかなことをするのが大好きな家族だったので、毎年の父プレ、母プレ、誕プレ、クリプレに大騒ぎしながらお道化たポーズで撮った写真と寄せ書きのカードが、今も残っている。可笑しいのは、意識しているわけでもないのに、みんないつも同じポーズで写っていること。でも、そんな写真をあらためてよく見ると、子供たちは年々成長して、体つきや顔つきなどが少しずつ変化しているのがわかる。

あの日々はもう帰ってこないが、今度は子供たちの家族がそれを繰り返してくれればそれで良い...などと、渋茶を啜り最中をパクつきながら、ついいつの間にか、来し方を振り返って物思いに耽っていた。自分もそういう歳になってしまった。

最中と羊羹ですっかり満足していたのだが、それだけでは何だか可哀そうだからと、家内が何かプレゼントしてくれるという。これは何プレと言えばよいのか? ずっと“お父さん”と呼ばれてきたから、やはり“父プレ”か?(これがホントの“親父”ギャグ!)

何がいいかと聞かれたが、格別にこれといって欲しいものはない。強いて言うなら、いくらあっても良いのは着る物ぐらいだろうか。それも今ではもう、毎日取っ替え引っ替えしているわけじゃあないのだから、どっちでもいいのだが...。と、グズグズしていると、「サマー・ジャケットでもどうなの?デパートを見てらっしゃい。」と“鶴の一声”。で、久し振りに、多摩川を渡ったところのT屋デパートと、近所の私鉄系T急デパートのメンズ・フロアを巡ってみた。

両店とも、けっこう時間をかけて見て歩いたのだが、なかなかこれはというものが見つからない。ただやたらと歩き回っても疲れるばかりなので、若い頃から好きだったアメリカン・トラッドだけに絞って、PR、BB、JP、PSなどをもう一度見直すと、ありました! 好みに合って試着してもピッタリのものが、近所のT急デパートのJPに。
でもよく考えると、カラーも生地もデザインも似たようなものを既に3着持っており、これに決めたら流石に呆れられるのではないかと思い、ドナーに一緒に来てもらって客観的な意見を聴いてからにしようと、出直すことにした。主体性がないのだ、我ながら。

昔は、勝手に衝動的に気に入ったものを買ってきては、ときどき眉をひそめられたり、いつの間にか没収されたりしていた。その頃は多分、自分自身がイメージしている自分と外から見た自分が食い違っているのに気がつかなかったのだろう。では、この頃は自分が見えるようになったのかと問われると、それも自信がない。イヤハヤ、すべてにそれでは困るのだが、たかが着る物のことだから、まあいいことにして欲しい。

付き添いつきで再度JPに行くと、案の定、最初目をつけたものは“ン?”で、その時見過ごして試着もしてみなかったカラーとデザインのものを見立ててもらったら、意外にマッチすることがわかった。こんなに目が節穴になっているとは自分でも気がつかなかった。綾小路きみまろが言いそうだが、もうこうなったら、ついて行くしかありません、あなたに。今はつくづく、“老いては子に従え”ではなくて“妻に従え”だと実感。

何はともあれ、久し振りの父プレ・ラッシュは、家族がみんな元気でやっていることの証し。ささやかなことだが、そういう平凡さを幸せに思う。

|

« 奇跡は起こらなかった | トップページ | 梅雨の合い間に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父の日プレゼント:

» 時候の挨拶 6月【時候の挨拶6月の書き出し文例文集】 [時候の挨拶 6月@6月の時候の挨拶文例集]
突然のTB失礼します。 手紙に関するブログを新しくオープンいたしました。 もしよろしければ遊びに来ていただけると幸いです。 それでは、失礼いたしました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 05時04分

« 奇跡は起こらなかった | トップページ | 梅雨の合い間に »