« 新車に替えるとき | トップページ | 父の日プレゼント »

2006年6月24日 (土)

奇跡は起こらなかった

アーァ、肩が凝った。息苦しい。サッカー・ワールドカップの日本対ブラジル戦が終った直後から、これを書いている。敗戦のインタービューなど辛くて見たくないから、テレビのスイッチも切ってしまった。奇跡が起こることを願っていたが、やっぱり無理だった。
サッカーは素人なので、わかったようなことは言えないが、オーストラリア戦とクロアチア戦はともかく、ブラジル戦は実力の差だろう。

個々のプレーを振り返って“たら”“れば”を言っても今さら始まらないから何も言わないが、ただ三つの試合を通じて、我々日本人の、フィジカルだけでなくメンタルでの“押しの弱さ、淡白さ”みたいなものは感じた。
ともあれ、選手たちは、いつまでも落ち込まず、挫折から立ち上がって強くなって欲しい。ジーコもご苦労様。自分も頭を冷やし、これでまた日常に戻ることにする。大事なことがほかに幾つもあるのだから。

今日は午後から山荘に行くことにしていたので、途中眠くならないよう、試合開始の時間までは少しでも睡眠をとっておこうと、いつもよりは少し早めに布団に潜った。3~4時間は眠ったようで、目覚ましをかけていたがそれが鳴り出す前に目が覚めた。
本来なら、居間のテレビを家内と共に大騒ぎしながら見るところなのだが、居間の隅にはムッシュのケージがあり、せっかく8時ごろからグッスリ眠っている(いつも夜の7時半頃から朝の9時頃まで眠る)ので、我々が騒いで起こすには忍びないと、ドアを閉めボリュームを下げて、それぞれの自室で見ることにした。

最初は横になって見ていたが、日本が先取点を入れた時に起き上がってしまい、前半のロスタイムで同点に持ち込まれた頃から椅子に座っていられなくなり、後半は室内を歩き回りながら、あえてチラチラと横目で見ていた。家内も同じらしく、立ったり座ったり落ち着けない様子が伝わってきた。
地区予選やオーストラリア戦、クロアチア戦でも、始まるまでは楽しみにしていながら、いざ試合開始となると怖くてみていられないと言って毛布をかぶったり、別室へ逃げてしまったりする家内のこと、ゲームセットでさぞショックを受けているだろうと、すぐに“お見舞い”(?)に行くと、あまりの完敗だったせいか意外にさばさばしていたのでひと安心。

何だかんだしていたら、もう7時になる。これから寝ようと思っても無理なので、今日はこのまま起きていて出かけることにする。清里の森のホームページで天気予報を見たら、幸い午後からは晴れるらしい。

ここのところ公用私用があって何かと忙しく、つい今日に至ってしまったが、前回行ったのは5月の初めだからもう7週間になる。遅咲きの深山桜も散り、ウドやタラの芽ももう葉が開いてしまっているだろう。せめてフィトンチッドだけでもたっぷり浴びてくるか。

|

« 新車に替えるとき | トップページ | 父の日プレゼント »

コメント

ごゆるりと森林浴を!

投稿: 0222 | 2006年6月24日 (土) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡は起こらなかった:

« 新車に替えるとき | トップページ | 父の日プレゼント »