« リーダーズダイジェスト同窓会 | トップページ | レスポンス広告塾 »

2006年5月24日 (水)

健康体操

4月半ばから毎週金曜日、横浜市青葉区がスポンサーの「高齢者健康体操」なる教室に参加している。ヒエー~ついに私も、自分で“高齢者”であることを認めてしまった!(マ、事実そうなのだから仕方がないが...。)
場所は、田園都市線「あざみ野」駅近くの、もと区役所で今は区民の活動施設になっている建物。今までは図書館をたまに利用するぐらいで、ほとんど様子がわからなかったが、行ってみると、大・中のホールに小部屋、和室まであって、卓球や囲碁や舞踊の愛好会、書道や華道やパソコン教室などに、連日、時間刻みで使われている。他人事のようだが、高齢化社会を実感してしまった。

まだ50代の頃は、定期的にジム通いして、ハアハア言いながらもストイックに汗をかいていたが、ここ10年ぐらいというものはゴルフにすら出かけず、トレーニング・ウェアはストッカーに仕舞ったまま、ゴルフ・バッグは自室の片隅でほこりをかぶっている。
自宅で仕事をするようになってからは、どうしても運動不足に陥りがちなので、一昨年は半年間「気功教室」に通ったが、それがクローズすると共にまた何もしなくなってしまった。それでいて、あっちが痛いのこっちが痒いのとこぼしてばかりいるものだから、“何かしたら!”と家内が区の広報紙で見つけてくれたのが、この「健康体操」である。

週一回の“体操”でも、何もしないよりはましだろうと始めてみたが、これがどうして、なかなかキツい。が、同時にキモチもいい。理屈はまだ頭に入っていないが、“高齢者体操第1・第2”とでも言うのか(誰も言ってないが)、どうやらパターンが二つあって、一つは日本の体育会系共通の柔軟体操をベースにしたもの、もう一つは中国の気功や太極拳の流れを汲むもののようだ。
要するに、ストレッチとバランスが中心になっており、ラジオ体操的メロディーではなく、一方はエイト・ビートのスローなロックに乗って、もう一方はエキゾティックなアジア旋律にしたがって、ゆるやかに身体を動かすわけだが、途中5分ぐらいのブレークをはさんでの1時間あまりで、かなり汗をかく。

と、ここまでは納得で、丁度良いというか十分な運動になって結構楽しくもあるのだが、残りの20分ぐらいが、どうも苦手だ。

お見かけするところ60歳台には見えるが元気いっぱいの小母さま先生が、“サアー、お楽しみの時間よー”と声をかけると、多い時で100名以上、少ない時でも70名は下らない、生徒全員によるダンスが始まる。言いそびれていたが、男性はその中でわずか10人ほど。あとはすべて女性(小母さま、おばあさまではあるが)なので、全体としては楽しそうに見えるのかも知れない。が、少数派の男性陣にとっては、この時間帯は苦痛だ。一箇所に固まって適当に手を抜きたいのだが、あえてバラバラにさせられて恥をさらす破目になる。

いっそ、タンゴ、ワルツ、フォックス・トロットなどのいわゆる社交ダンスや、ジルバ、ラテン、ツイスト、ゴーゴー(古いね!!)などならば、昔取った杵柄で今でも踊れなくはないし、嫌いではない。
だが、「昴」の歌詞とメロディーに当て振りした“日本舞踊風”のダンス、テレビ童謡に乗って左手を腰に当てホールを周りながら片足ずつスキップしたり振り上げたり、反対周りしてくる人たちと次々に右手でパチンとハイタッチするスクエアダンスは、我々世代の男子にとってはチョッと辛い。真面目にやろうとすればするほど、周囲からはきっと珍妙に見えるに違いなく、心なしか小母さま方も、気の毒そうに見て見ぬふりをしている(ような気がする)。

90分経って全コースが終ると、ヤレヤレ今日も何とか乗り切ったと本当にホッとする。これがたまらなくて、はや1ヶ月で止めてしまった男性もいると誰かが話していた。教室は来年の3月末まで続くのだが、自分は果たしてそれまでもつだろうか?体操の方は積極的に続けて行きたいのだが...。

案外その頃、このダンスが好きになって嬉々として踊っている自分がいたりして?

|

« リーダーズダイジェスト同窓会 | トップページ | レスポンス広告塾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康体操:

« リーダーズダイジェスト同窓会 | トップページ | レスポンス広告塾 »