« 春が来た(のかな?) | トップページ | 南イタリア紀行 »

2006年3月28日 (火)

アメリカの中の日本人

いやー、先週はサッカー・ワールドカップ以来久し振りに熱中して、テレビでWBCの準決勝と決勝を見た。日本が優勝したことも喜ばしいが、ともかくゲームそのものが面白かった。陳腐と思っていた“野球はドラマ”というたとえを実感させられる好展開だった。
自分も元高校球児で、野球は見るよりもする方が好きだったが、それでも昔はプロにもアマにも相応に贔屓のチームがあり選手がいて、見る方も楽しんでいた。しかし同世代のプレーヤーがすっかり引退してからは、あまり身近なものに感じられなくなり、どこが勝とうと誰が活躍しようとどうでも良くなってしまっていた。でも、これでまた野球に対する興味が復活して、ときどきは見ようという気が出てきた。

実は、WBCが話題になり始めてからずっと、ゲーム自体の展開や結果とは別に、ある日本選手の言行に注目し、その深層心理に思いを馳せていた。イチロー選手のことである。
チーム内で強烈なリーダーシップを発揮し、個人的にもメジャー・リーガーならではの堂々たる成績を残した彼を、優れたアスリートとしてだけでなく、アメリカという社会で強く生きている国際的日本人として見て、今回のWBCを通じて取り沙汰された一連の過激とも言えるナショナリスティックな発言の背景・内面について考えていたのだ。

MLBで活躍するようになってもう5年、イチローは、会話や食事や移動など生活技術的には何不自由なくすっかりアメリカ人になり切っているに違いない。だが、変な言い方だが、そうなればなるほど彼は、強烈に日本人としてのアイデンティティを意識するようになっているのではないだろうか。日本人が外国(特にアメリカ)人の社会の中で生きて行く必要に迫られ、そこに同化しようと努力して適うようになったとき、それが外面的にはいかに完璧に見えても、内面的には絶対無理だったことを否応なく悟らされるからだ。

イチローのような、1年のほとんどをアメリカで暮らし、しかもその中で現地の人間も及ばぬような仕事上の実績を上げている超一流のプロフェッショナルの生き様を、自分のような者のささやかなアメリカン・ライフになぞらえて主観的に語るのはまことにおこがましいが、あえて言わせてもらえば自分には、経験的・感覚的に、誰も予期しなかった彼のナショナリスティックな発言の影の部分が見えるような気がする。

自分は米国に留学した経験があるわけではないし現地勤務が長かったわけでもないが、社会人になると同時に当時の典型的な米資企業に入社、ビジネス・ライフの大半を、そこを初めとするいくつかの米資企業で過ごした。海外ではもちろん日本にいても、周囲には常に多くのアメリカ人がおり、何事もアメリカン・ウエイで運ぶ環境に長く身を置いていた。概して、オープンで率直な気のいいヤツが多く、年齢や国籍にかかわらず専門的実力のある人間を尊敬する気風があり、それが好ましく理想的に思えて、いつの間にか自分の方からそれに染まって行った。

しかし、“合衆国”というくらいだからあの国には、実にさまざまな祖国、歴史・宗教観、そしてそれらに基づく行動規範を持った人々が居る。すべてのアメリカ人とは言わないが、何かの問題をきっかけに普段は見えない彼らの考え・意識がむき出しになって、我々日本人との間には、どうしても相容れないものがあると思い知らされることも度々あった。
それは、表面的同化の度合が進み、彼らの実像について知識として精通するにつれて、感覚的にもわかるようになり、そういう時には、否応なく自分が日本人であることを意識させられた。アメリカの会社にいたからこそなお一層、日本人としてのプライドを貫きたいという刺激を受けたのである。

話は飛躍するようだが、自分で言うのもなんだけれども私は日本古代史のマニアである。だからどうしたと言われるかも知れないが、それに目覚めたのは実は、このようにアメリカ企業で働くようになり、かえって“日本”というものを強く意識するようになったからなのである。「なぜ連中と我々は相容れないのか」「我々日本人とは何なのか」「日本人の思考・発想はどこから来るのか」といった自分たちの根元について知りたいという欲求が次から次へと湧き起こってきて、この道に入り込んでしまった。

自分は別にアブナイ極右の国粋主義者ではないが、根元的なところでどうしても連中と相容れることができなかったような時には、思わず大和魂が疼いて、「もうこりゃあ戦争だア」と叫びたくなることもあった。もちろん、本当の戦争をしたいと思うわけではないし、個人的には大好きな国なのだが、それぐらい、思いが交錯し鬱積するのだ。
勝手な想像に過ぎないが、MLBでの地位と名声を極めたあのイチローであってもなお、彼の活躍する最もアメリカ的と言える社会の中で、言い知れぬこのような思いを味わうことがあるのではないかと思う。だから彼は、WBCという国別対抗の戦いの場で、日の丸を背負って高揚し、燃えたのだろう。

言っても仕方のないことだが、できればあの場に、日本人としてのMLBパイオニアであり、きっとイチローと同じ思いを胸に抱いて今日まで戦ってきたに違いない野茂もいて欲しかった。3年後には元気で会えるのだろうか。

|

« 春が来た(のかな?) | トップページ | 南イタリア紀行 »

コメント

リンク先にした『巴里(パリ)のアメリカ人』とは似て非なる、異文化コミュニケーションの難しさですね。

> 根元的なところでどうしても
私の場合は相当育ちが悪いので、「日本に飛ばされてきてるアメ×やエテ×の言うことなんざ聞く必要ねぇ!」などと、負け犬根性丸出しで口走ってしまう時があります。
※“×”印の箇所が不適切な場合は、コメント削除くださいませ。m(_ _)m

投稿: 巴里(パリ)のアメリカ人 | 2006年4月 5日 (水) 14時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの中の日本人:

« 春が来た(のかな?) | トップページ | 南イタリア紀行 »