« ダイレクトメール応援歌 | トップページ | アイス・スケートあのころ、このごろ »

2006年2月27日 (月)

犬の気もち

我が家には小犬が3匹いる。が、正確に言うとそのうち2匹はロボット犬だ。例の「アイボ」の1号と2号である。もう何年も前になるが、1号は娘が家内の誕生日プレゼントにと長いこと予約していてやっと購入、2号は家内自身がわざわざ優先頒布会に出かけ抽選を経て購入してきたものだが、そんな手間をかけて手に入れたにもかかわらず、今は2匹とも、リビングルームの片隅で電源オフの状態で冬眠している。

というのも、昨年のやはり家内の誕生日に、今度は次男が、プレゼントにと本物の小犬を連れて来たからだ。ヨークシャーテリアのオスで、その時現在で4歳、名前は“ムッシュ”と言う。次男の知人宅で本人(いや本犬)の親を含む2匹の老犬と一緒に飼われていたのだが、事情あってその方が引っ越すことになり、どうしても一匹を手放さざるを得なくなって、いちばん若くて賢いムッシュなら他所でも可愛がってもらえるのではないかと相談され、二人暮しで淋しくなった親たちの癒しになるのではと貰い受けてきたのだという。幼犬のときから慣れ親しんできた掛け布団に敷布団、毛布・シーツと籐で編んだ籠ベッド、バスタオルに座布団、夏・冬の洋服、外出時のキャリーバッグなどから、歯型のついた玩具類に当座の餌まで、身の回りの品々一式と共に、涙ながらに送り出されてきたらしい。

それまで生きたペットにはまったく縁のなかった我が家なので物心両面で何の受け入れ態勢もなく、手放しで大歓迎というわけにも行かず、最初は大いに戸惑ったが、何の罪もないのに急に見知らぬ家に連れてこられて目の前で小さくなってブルブル震えているムッシュが哀れで、飼い続けられるかどうか自信はなかったが、兎も角受け入れることにした。

さあそれからというのが、こちらにとっても本犬にとっても受難の連続。前の飼い主からの伝言だけでは十分ではないので、大急ぎで本を読んだりインターネットで情報を仕込んだりしたのだが、それでも分からないことだらけ。持参のベッドに寝かせようとしてもなかなか寝付かず、やっと寝たかと思うと夜中に啼く。朝になってみるととんでもない所にナニをしていて、本犬はソファーの下に隠れ震えている。餌は、食べないと心配だし食べさせ過ぎると吐いたりする。散歩も、小犬だからさせ過ぎてはいけないという説と活発な性格だから十分にさせないとストレスが溜まるという説があって、どのくらいが適切なのか見当がつかない。何よりも困ったのは、排泄の場所とタイミングがなかなか定まらない(ということは粗相が多い)ということと、人がいないと淋しがるため、数日はおろか1時間も、二人揃って留守にできないということだった。

そんなこんなで、たまのランチにも出かけられぬまま、本犬も辛かったろうがこちらも頭の痛い日々が何か月か続いた。が、ある日、ちょっとした情報を目にして、室内用のサークルを用意し、よく遊んだ後はそこに入れておくようにしてみた。それまでは何か束縛するような気がしてためらっていたのだが、何とその方が本犬も落ち着いている!
ちょうどその頃から、散歩も原則的に午前と午後の1日2回、排泄も規則正しくその時にするようになり(もちろん処理用具持参でその都度始末している)、留守番も1~2時間はできるようになって、数時間あるいは2~3日の外出は近所のペットショップに預けても心配なくなった。昨年は、ペットホテルでもとても数日間置いてゆく気になれず、とうとう海外旅行にも出かけられなかったが、どうやら今年は行けそうだ。

やっと、ペットとの穏やかな日々を過ごせるようになり、「散々苦労はしたけれど結局、犬の気もちがわかるまでに時間がかかったということなのだろうね」と傍らの家内に話しかけたら、「人間も同じよね」とポツンとつぶやかれて、「スミマセン」と言うほかなかった。

この頃は、自分の運動にもなるので、仕事で出かける時と雨が降った時以外は、1日2回のムッシュとの散歩は欠かしたことがない。コースもだいたい決まり、ご近所の小父さん小母さん、ペットショップのお姉さんや工事現場のお兄さんにもすっかり顔なじみになって、「ムーちゃんお散歩?イーネー」と可愛がってもらえるようになった。またすぐ近くには、ドッグランに好適な広い公園内野球場があるのだが、夕方になるとそこに集まってくる沢山のワンちゃん仲間とそのパパやママ(飼い主)とも仲良しになった。

ムッシュは今年5歳になるから犬としてはもう立派な大人なのだが、体重2.8キロという猫並みの極小犬で童顔(?)なので、散歩の途中などで会うお爺ちゃんやお婆ちゃんも「イーコデチュネー」などと幼児語で話しかけてくる。本犬はどう思っているのだろうか。
2~3日前のことだったが、散歩中いつものようにムッシュは、サツキの植え込みが長く続く歩道で、マーキングのために数歩進んではまた立ち止まるという体勢に入った。きりがないので、前方を向いたまま「さあ、もう帰ろう」と言いながら、踏ん張るムッシュのリードを引っ張ると、間髪を入れず「ヤダ!」と答えるではないか。(ン!そんな!ムッシュがしゃべるわけはないだろう!)と振り返ると、そこには、買い物帰りの自転車からわざわざ降りて立ち止まり、ニコニコしながら「モットアチョブ(遊ぶ)!」と犬の気もちになり切って話しをしてくれている、優しそうな眼鏡の小母さんがいた。

その小母さんは、私の顔を見るとやや照れて、恥ずかしそうに「バイバイ」と言い、また自転車に跨り走り去って行った。早いもので、ムッシュが来てからもうすぐ1年になる。

|

« ダイレクトメール応援歌 | トップページ | アイス・スケートあのころ、このごろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬の気もち:

« ダイレクトメール応援歌 | トップページ | アイス・スケートあのころ、このごろ »