« ダイレクトの力 | トップページ | メルマガとは何ぞや? »

2006年1月23日 (月)

古い写真

いまCDで、大学時代の級友写真集をつくっている。級友有志から在学中の古い紙焼き写真を貸し出してもらって、スキャナーで読み込みデジタル化し、アルバムに編集してCDに複製、全員に配ろうというのだ。もちろん、このプロセスすべてを自分でこなせるわけではなく、原画像を点検し、何らかのコンセプトに基づいた配列・構成を考え、原稿代わりの編成表をつくり、それに合わせて写真を揃えデジ・プリント屋さんに作業を委託するのだが、150枚近くも集まった写真を何とか100枚以下に絞ったものの、ここまでの作業だけでもけっこう時間を費やした。さらに、それぞれの写真上の級友名を確認し、写真説明を書くのがまた一仕事だったが、やっと、複製CDの上がりを待って、受け取ったら発送すればよいというところまで漕ぎ着けた。

実は我がクラスは、卒業後4~5年目くらいから、途中何回か欠けたことはあっても、もう40年以上、毎年クラス会を続けている。年々先が短くなって行く中、若い頃を振り返り元気を出そうぜということで古い写真を持ち寄り見せ合っているうちに、アルバムをつくろうかという話になり、昨年度の幹事だった自分がそのプロデューサー役を引き受ける破目になってしまった(言い出しっぺで、好きでやっているという説もあるが)。

この作業は楽ではなかったが、意外に楽しくもあった。まだスリムで顔つきも若々しく髪も黒々ふさふさとしていた級友たち、早慶戦や早稲田祭や学生運動等々、あの時代の貌が写し取られている一枚一枚を眺めているうちに、恥ずかしくも懐かしい青春の日々がよみがえった。高校では硬式野球部に所属するガチガチの体育会系だったのに、その反動か、大学に入ってから最も夢中になったのは音楽だった。それもクラシックではなく、当時は“ジャズ”という言葉で一括りにされていたポピュラー・ミュージック。特に好んで聴きまくり唄い真似ていたのは、軟弱なシャンソン、タンゴ、そしてお気楽なカントリーウエスタン、ハワイアンなどだった。法学部だったにもかかわらず何故か語学の授業だけには熱心で、第2外国語にフランス語を選んだのも、ただ、シャンソンを原語で唄えると恰好が良いのではないかという、ごくレベルの低い動機からだった。

もちろんアルバイトをしなければやってゆけない貧乏学生のこと、レコード(当時は1分間78回転裏表で2曲収録のSP、45回転で2曲または4曲収録のEPしかなかった)を好きなように買える余裕もなく、せめてもと楽譜集を買ってきて、田舎から持ってきた古い真空管ラジオ(これがまたNHK以外はクリアに聴取できないという時代物)から流れる音楽番組に夢中で聞き入っていた。テレビは一般家庭ではまだ高嶺の花で、音楽番組はおろか、バラエティ番組もまだほとんど存在しなかった時代のことである。

あの頃よく聴いていたラジオ番組に、「ペトリ・ミュージック・スナップ」とか「トリス・ジャズゲーム」があった。前者は洋盤のディスクジョッキーで、後者は日本のジャズ・ミュージシャンのライブショー。粋な雰囲気のスタンダード・ナンバーのヴォーカルと演奏に、聴きながら夢中でスゥイングしていた。「トリス」は今も存続しているウイスキーのブランドだが、「ペトリ」が戦前からの人気カメラ・ブランドだったことを知っている人は、もう数少ないだろう。

他にも、ポップス・ヒットパレード的な番組に「S盤アワー」と「L盤アワー」があった。前者のテーマ、ペレス・プラード楽団の「エル・マンボ」と、後者のパーシー・フェイス楽団による「シンシアのワルツ」を思い出す。マニアックに聴き込んでいた番組は「これがタンゴだ」と「パリの街角」だった。タンゴのように歯切れの良い高山正彦氏のイントロ・ナレーションと、訥々とした葦原英了氏のシャンソン解説は、今も、物真似できるほど耳にこびりついている。

たまには、なけなしの小遣いをはたき、銀座の「テネシー」、新宿の「ラセーヌ」、そして銀座にも新宿にもあった「ACB」(アシベと読む)などに足を運んで、人気歌手・バンドのナマ歌・ナマ演奏を聴いた。若い人は知らないかもしれないがオールド・ボーイにとってはたまらなく懐かしい、「ハナ肇とクレージーキャッツ」や「寺本圭一とカントリージェントルメン」そして「バッキー白片とアロハハワイアンズ」などが人気盛んだった頃で、今では大御所の美輪明宏は、まだ、丸山眞吾という美青年の新人シャンソン歌手だった。

自分たちが在学中の早稲田祭にも、ミュージシャン、落語家など多彩な人々が出演してくれ、前出のクレージーやアロハハワイアンズをはじめ、シャンソンの石井好子、まだ二つ目だった故・古今亭志ん朝などのライブを楽しむことができた(もちろん無料です)。思えば、いつもお腹が空いていて貧しかったが、良い時代だった。

おっと、作業の手を止めボーッと半世紀近く前の回想にふけっているところに、デジ・プリント屋さんから「CD50枚の複製が上がりました」という連絡が入った。これからそれを受け取ってきて、級友の宛名を打ち出し、説明書と共に封入して発送だ。クラス会に顔を見せる級友は最近ではいつも20人前後だが、連絡のとれる46人全員と、故人3人のご家族にも送るつもりだ。

これが終ると、一つ肩の荷が下りる気がする。

|

« ダイレクトの力 | トップページ | メルマガとは何ぞや? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い写真:

« ダイレクトの力 | トップページ | メルマガとは何ぞや? »