2016年8月 1日 (月)

忙中徒然

一ヵ月に少なくとも1回、遅れても毎月月末までには...という心積もりで今年の1月から再開したこのブログだったが、とうとうその目標を自ら破棄し、ズルズルと延ばし延ばしにしてきた挙句、ほぼ二月、間を空けてしまった。 前回も5月末のつもりが6月初めにズレ込んでしまったことをあれこれ言い訳したが、今回も懲り性なく、また言い訳を繰り返す。と言っても別に誰も気にしちゃあいないだろうが、どうしてここまで延ばしてしまったかと、おのれ自身の気持の辻褄合わせのために。 まず、アップを予定していた7月の前半が、正直忙しかった。仕事がらみでは、4月から何回かにわたって行われてきた広告電通賞選考関係の会合の最終イベント、贈賞式と懇親パーティーが月初にあり、一週間後には、自分が数年間社員研修を引き受けていたダイレクトマーケティング・エージ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

清里四半世紀―身辺整理のとき

先月は何だか忙しかった。気候不順な4月からやっと爽快な5月に変ったと思っていたら、いつの間にかひと月が経っていた。5月は、仕事がらみでは例年の広告電通賞の選考で2日間拘束されただけだったが、この4月から地元の気功・太極拳同好会に週1回顔を出すようになって、どうも日常が今までよりもハイペースで進んで行くようになった気がする。 毎年5月には、月例の通院診察に加えて半年毎の内科的定期検診と前立腺ガン手術後の定期検診もあり、それに車の定期点検(持ち込みでの)や孫の運動会なども重なってアチコチに出かける機会が増えたのが、さらにその忙しい気分に拍車をかけた。 そんな中、連休が明けたころに、昨秋10月下旬以来半年余ぶりで清里の山荘に行ってきた。ゴールデンウイーク中は道路が渋滞し高齢ドライバーにはキツいと思い、敢えてそのタイミ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

木の芽どき

数日前、家内に同伴して(買い物の荷物持ちと坂道などでのアシストのため)近所のスーパーへ行ったときのこと。“ネ、これ見て”と言われて、その指の先に目をやると、「木の芽」とシールが貼られた小さな透明パックの中に、水気を含んだスポンジに載せられたあの小さな羊歯状の葉が4枚。\198という値がついていた。 思わず、“ヘー...”と感心してしまった自分。何故なら我が家の庭には、植えてから少なくとも25年以上は経ち放っておくと葉も枝も伸び放題になり年に1回は剪定しなければならないほどに育ってしまう山椒の木があり、いわゆる“木の芽”すなわち山椒の稚葉などは、お店で売られるようなものではないと思っていたからだ。 でも、両の手のひらでパチンと叩くと立ち上り何とも心地よく鼻腔を刺激して食欲をそそるあの清冽な香りを思い浮かべると、確...

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

久々にホテルでランチ

前回のアップからまた1ヵ月経った。ほんとに日の経つのは早いと感じるが、彼岸過ぎというのに季節は一進一退して、なかなか本格的な春にならない。数日、5月並みの気温が続いたかと思うとまたほとんど冬に逆戻り。こんな気候で自分は例年にも増して寒がりになり重ね着が1枚増え、未だにそれを減らせないでいる。 でもよくよく観察すると、桜はまだようやく3~4分咲き程度だが、季節の歩みは確実に春に近づいている気配がする。今年もいつの間にか、庭の花壇のチューリップやノースポールが地中から芽を出し葉茎を伸ばし、雪柳が真っ白に枝垂れ、ブルーベリーやカリンの枝にも沢山の蕾がついて出番を待っている。 つい先日まで寒い日が多かったが、10日あまり前の晩春と思えるほどの暖かい日に、実に久し振りに、家内と渋谷まで足を延ばし、ホテルでの本格的なランチ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月29日 (月)

ムッシュ、いつまでも

2月も末になり、寒さの中にも庭の紅梅や白木蓮の蕾が膨らみ綻び始めできた。早いもので、ムッシュが旅立ってからもう10カ月が経つ。彼が家の中にいなくなった淋しさがすっかり癒えたわけではないが、ようやくこの頃は何とか、彼が傍にいてくれて楽しかった日々のことを、思い出話として家内と語り合えるようになった。 でも不思議なもので、彼の匂い、頭や身体の手触り、その辺を歩いている足音などは、いまも自分の感覚に鮮やかに焼き付いたままで、時折りどこかから今にも、彼がトコトコと足許に歩み寄って来るような気さえする。 我が家には仏壇などは設えていないので、彼はいま、中2階の和室の南側窓際のチェスト上の小さな壺の中で眠っているが、お互いに淋しくないように、毎日、朝の“おはよー”から夜の“おやすみー”まで、何かにつけて言葉をかけている。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

お詫びそして再出発

前からこのブログを読んで下さっていた皆様、長い間のご無沙汰をお詫びします。 思えば、ずい分長期間休んでしまった。“気まま”を地で行くように、突然、何のことわりもなしにアップが途絶えたことを、怪訝に思われた方、心配して下さった方も居られたと思う。が、これからまた、できるだけ以前通りのペースで、日々の、身の回りに起こったこと、感じたこと、考えたことなどを、コツコツと書き続けて行きたいと思っている。 あれからもう、2年半近くも経った。この余りにも長かった空白のわけについては、到底簡単には話し尽くせないが、ここまで長引いてしまったのには、それなりの事情があった。実は、2013年の8月末以来わが家には、これでもか、これでもかというほど、実にさまざまな災厄の波が立て続けに重なるように押し寄せ、自分は精神的にも肉体的にも、と...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«多病息災